Citrix Gateway

VoIP 電話のサポート

Citrix Gateway をスタンドアロンアプライアンスとしてインストールし、ユーザーがCitrix Secure Accessエージェントに接続すると、Citrix Gateway はボイスオーバーIP(VoIP)ソフトフォンとの双方向通信をサポートします。

Citrix Gateway は以下のVoIPソフトフォンをサポートしています。

  • Cisco Softphone
  • Avaya IP Softphone

セキュアトンネリングは、IP PBX と、ユーザデバイス上で実行されているソフトフォンソフトウェアとの間でサポートされています。VoIPトラフィックが安全なトンネルを通過できるようにするには、Citrix Secure Accessエージェントとサポートされているいずれかのソフトフォンを同じユーザーデバイスにインストールする必要があります。VoIP トラフィックがセキュアトンネルを介して送信される場合、次のソフトフォン機能がサポートされます。

  • IP ソフトフォンから発信された発信コール
  • IP ソフトフォンに発信される着信コール
  • 双方向音声トラフィック

VoIP ソフトフォンのサポートは、イントラネット IP アドレスを使用して設定します。各ユーザーのイントラネット IP アドレスを構成する必要があります。Cisco Softphone Communication を使用している場合は、イントラネット IP アドレスを設定してユーザにバインドした後、追加の設定は必要ありません。イントラネット IP アドレスの構成の詳細については、「 アドレスプールの構成」を参照してください。

スプリットトンネリングを有効にする場合は、イントラネットアプリケーションを作成し、Avaya Softphone アプリケーションを指定します。さらに、透過的な代行受信を有効にする必要があります。

VoIP 電話のサポート

この記事の概要