Citrix Gateway

ICA 接続用の IPv6 を構成する

Citrix Gateway は、ICA接続のIPv6アドレスをサポートしていますIPv6を使用したWebインターフェイスまたはStoreFront への接続は、IPv4接続と同様に機能します。ユーザーがCitrix Gateway Webアドレスを使用して接続すると、Citrix Gateway はWebインターフェイスまたはStoreFront への接続をプロキシします。

1つのDMZに展開されたCitrix Gateway またはダブルホップDMZに展開されたCitrix Gateway のIPv6を構成できます。

Citrix Gateway でIPv6を有効にするには、コマンドラインを使用します。次のガイドラインを使用できます。

  • アプライアンスで IPv6 を有効にします。

  • サブネット IP アドレスを設定します。

  • DNS 解決順序を設定します。

  • WebインターフェイスまたはStoreFront のWebアドレスを設定します。

  • Secure Ticket Authority(STA)をCitrix Gateway にバインドします。

デフォルトでは、マッピング IP アドレスは IPv6 アドレスをサポートしていません。ユーザー通信を内部ネットワークにルーティングするには、サブネットIPアドレスを作成し、サブネットIPアドレスを使用するようにCitrix Gateway を構成する必要があります。

ネットワークに複数のIPv6サブネットを展開する場合は、Citrix Gateway で、ネットワーク内のサブネットごとに複数のIPv6サブネットIPアドレスを作成します。ネットワークルーティングは、サブネット IP アドレスを使用して IPv6 パケットをそれぞれのサブネットに送信します。

CLI を使用して ICA プロキシの IPv6 を構成するには

  1. PuTTYなどのセキュアシェル(SSH)接続を使用して、Citrix Gateway にログオンします。コマンドプロンプトで次を入力します。

    enable ns feature IPv6PT. This enables IPv6.
    
    enable ns mode USNIP.
    
    set dns parameter –resolutionOrder AAAAThenAQuery AThenAAAAQuery OnlyAAAAQuery OnlyAQuery
    
    set vpn parameter -wihome `http://XD_domain/Citrix/StoreWeb`
    
    <!--NeedCopy-->
    

各項目の意味は次のとおりです。 StoreFront のドメイン名またはIPアドレスのいずれかです。

例:

set vpn parameter -wihome `http://storefront.domain.com/Citrix/StoreWeb`.
<!--NeedCopy-->

または

set vpn parameter -wihome `http://[1000:2000::3000]/Citrix/StoreWeb`
<!--NeedCopy-->

注:

IPv6 アドレスを使用してこのパラメータを設定する場合は、IP アドレスを括弧で囲む必要があります。

ICA 接続用の IPv6 を構成する