リリースノート

Citrix SSO リリースノートでは、新機能、既存機能の拡張、修正された問題、およびサービスリリースで利用できる既知の問題について説明します。リリースノートには、次のセクションの 1 つ以上が含まれます。

新機能: 現在のリリースで利用可能な新機能と拡張機能です。

修正された問題: 現在のリリースで修正された問題。

既知の問題: 現在のリリースに存在する問題とその回避策 (該当する場合)。

V1.1.13

新機能

  • プッシュ通知の配信の強化。プッシュ通知の配信は、パフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを損なうことなく、より安全になりました。ユーザーは、OTP 管理ポータルを 1 つの停止ポイントとして使用して、パスワードトークンをシームレスに追加または削除できるようになりました。

    [CGOP-10593]

  • 宛先ホスト名に基づくトンネルからのトラフィックの除外。Citrix SSO は、次の両方の条件が満たされた場合に、宛先ホスト名に基づいてトンネルからトラフィックを除外します。

    • 分割トンネルモードは REVERSE です。
    • ホスト名のイントラネットアプリケーションが定義されている

    [CGOP-10456]

解決された問題

  • Citrix SSO アプリを開いた後、ユーザーが資格情報を入力すると(約10分)、エラーメッセージが表示されます。

    [CGOP-10572]

  • Firebase Crashlytics でキャプチャされたクラッシュに関連する以下のバグに対処しました。

    [CGOP-10784, CGOP-10780, CGOP-10777, CGOP-10744]

V1.1.12

新機能

  • macOS のテレメトリデータ収集。Citrix SSO は、VPNの使用状況に関連するカスタム分析イベントをアプリで収集します。

    [CGOP-9789 - macOS]

  • アプリケーションごとの分割トンネルのサポート。管理者は、アプリケーションごとの分割トンネルを設定できます。Citrix Gatewayのイントラネットルートに一致するアプリケーションごとのトラフィックは、Citrix Gateway アプライアンスにトンネリングされます。

    [CGOP-657]

  • FQDN 分割トンネルは、システムの FQDN に基づいてトラフィックをトンネリングします。FQDN 分割トンネルは、DNS サーバによって解決される IP ではなく、システムの FQDN に基づいてトラフィックをトンネリングします。

    [CGOP-316]

解決された問題

  • ボタン、テキストフィールド、ラベルなどのユーザーインターフェイス要素は、iPadの画面間でずれています。

    [CGOP-10141 - iOS]

  • VPN プロファイルが追加されていない場合、ユーザはリモートログインについて通知されません。

    [CGOP-9731 - iOS]

V1.1.10

解決された問題

  • 最大ユーザー数に達すると、Citrix SSO アプリで適切なエラーメッセージが表示されません。

    [CGOP-231]

  • EULA チェックボックスは、デフォルトではオフになっていません。

    [CGOP-245]

  • 追加機能は、EndPoint 分析でのフィッシング対策「有効」スキャンではサポートされていません。

    [CGOP-249]

  • キーチェーン内にクライアント/デバイスが 1 つしかない場合でも、認証用のクライアント/デバイス証明書の自動選択は行われません。

    [CGOP-251]

  • Citrix SSO アプリで編集した後、「接続レコード」を追加できません。

    [CGOP-7256]

リリースノート