Citrix ADC MPX

一般的なハードウェアコンポーネント

各プラットフォームには、フロントパネルと背面パネルのハードウェアコンポーネントがあります。ほとんどのアプライアンスのフロントパネルには、LCDディスプレイとRS232シリアルコンソールポートがあります。ポートの数、タイプ、および位置は、銅線イーサネット、銅線および光ファイバ 1G SFP、銅線10G Base-T、10G SFP+、40G QSFP+、50G QSFP28、および 100G QSFP28 のトランシーバのハードウェアプラットフォームによって異なります。背面パネルからは、現場で交換可能なユニット(電源装置とソリッドステートドライブ)にアクセスできます。

LCDディスプレイとLEDステータスインジケータ

注:

このセクションは、MPX 9100 および MPX 16000 アプライアンスには適用されません。

各アプライアンスの前面にあるLCDディスプレイには、アプライアンスの現在の動作ステータスに関するメッセージが表示されます。これらのメッセージは、アプライアンスが正常に起動し、正常に動作しているかどうかを伝えます。アプライアンスが正常に動作していない場合は、LCDにトラブルシューティングメッセージが表示されます。

LCD には、ライブ統計、診断情報、およびアクティブなアラートが表示されます。LCDのサイズにより、表示は16文字の2行に制限されています。その結果、表示された情報は一連の画面を通って流れます。各画面には、特定の機能に関する情報が表示されます。

LCDにはLEDバックライトがあります。通常、バックライトは着実に光ります。アクティブなアラートがある場合、そのアラートは急速に点滅します。アラート情報がLCD画面サイズを超えると、各表示画面の先頭でバックライトが点滅します。アプライアンスのシャットダウン後、バックライトは1分間点灯したままになり、その後自動的に消灯します。

システムステータス LED

MPX 22000およびMPX 24000アプライアンスの背面パネルでは、システムステータスLEDがアプライアンスの全体的なステータスを示します。次の表に、システムステータス LED のインジケータを示します。

:システムステータスLEDは、一部のCitrix ADCアプライアンスでのみ使用できます。

LEDカラー LEDが示す状態
オフ 電源無し
アプライアンスに電力が供給されています。
アプライアンスがエラーを検出しました。

ポート LED は、リンクが確立され、トラフィックがポートを通過しているかどうかを示します。次の表に、各ポートの LED インジケータを示します。ポートタイプごとに 2 つの LED インジケータがあります。

: このセクションはすべてのアプライアンスに適用されます。

LED port-status indicators

ポートタイプ LEDカラー LEDが示す状態
50Gbps オフ リンクが確立されていません。
  オレンジで点滅 リンクに問題があることを示します
  緑に点灯 アクティブなトラフィックがない有効なリンクを示します。
  緑で点滅 アクティブなトラフィックを持つ有効なリンクを示します。
ポートタイプ LED LED LEDカラー LEDが示す状態
10 Gbps 速度 オフ 接続なし。
      青または緑に点灯 10 ギガビット/秒のトラフィックレート。
  リンク/アクティビティ オフ リンクなし。
      緑に点灯 リンクは確立されますが、ポートを通過するトラフィックはありません。
      緑で点滅 トラフィックはポートを通過しています。
1G SFP(1 Gbps) リンク/アクティビティ オフ リンクなし。
      緑に点灯 リンクは確立されますが、ポートを通過するトラフィックはありません。
      緑で点滅 トラフィックはポートを通過しています。
  速度 オフ 接続なし。
      1 ギガビット/秒のトラフィックレート。
イーサネット(RJ45) 左 (MPX 5900 プラットフォームでは右) 速度 オフ 接続なし、または 10 メガビット/秒 (Mbps) のトラフィックレート。
      トラフィックの速度は100Mbps。
      1 ギガビット/秒のトラフィックレート。
  右 (MPX 5900 プラットフォームでは左) リンク/アクティビティ オフ リンクなし。
      緑で点滅 トラフィックはポートを通過しています。
マネジメント (RJ45) 速度 オフ 接続なし、または 10 メガビット/秒 (Mbps) のトラフィックレート。
      トラフィックの速度は100Mbps。
      1 ギガビット/秒のトラフィックレート。
  リンク/アクティビティ オフ リンクなし。
      黄色に点灯 リンクは確立されますが、ポートを通過するトラフィックはありません。

各電源装置の 2 色の LED インジケータは、電源装置の状態を示します。

3Y電源装置

3Y 電源は、次のプラットフォームで使用されています。

  • 450W AC/DC
    • MPX 8005/8010/8015
    • MPX 8200/8400/8600/8800
  • 850 W AC
    • MPX 16000
  • 1000W AC/DC
    • MPX 14000
    • MPX 25000
    • T1300
    • MPX 15000
    • MPX 15000-50G
    • MPX 26000
    • MPX 26000-100G
  • 1200W AC/DC
    • MPX 26000-50S

3Y 電源装置の LED 動作

電源装置 450W AC 450W DC 1000W AC 1000W DC 1200W AC
LEDの動作 YM-2451CAR YM-2451DBR YM-2102NA01R YM-2102JA01R YM-2122CA01R
電源装置に電力が供給されない オフ オフ オフ オフ オフ
この電源装置に電力がありません 赤に点滅 赤に点滅 赤に点滅 赤に点滅 赤に点滅
電源はスタンバイモードです 緑に点滅 青で点滅 緑に点滅 緑に点滅 緑に点滅
電源は機能している
電源装置の障害
警告 (OVP/uVP/OCP/OTP/ファン) - - - 赤/緑に点滅 -

次のレガシープラットフォームは 300W 3Y 電源を使用します:5850/5750/5650/5550/5500/5600。

ACBEL 電源装置

AcBel 電源装置は、次のプラットフォームで使用されます。

  • 450W AC/DC
    • MPX 5900
    • MPX 8900
  • 450W AC
    • MPX 9100

ACBel 450 W 電源装置の LED 動作

電源装置 450W AC 450W DC
LEDの動作 R1BA2451B-GE9A R1B02451A
電源装置に電力が供給されない オフ オフ
この電源装置に電力がありません 赤に点滅 赤に点滅
電源はスタンバイモードです 緑に点滅 青で点滅
電源は機能している
電源装置の障害
警告 (OVP/uVP/OCP/OTP/ファン) - -

AC 電源装置は緑の LED を使用し、DC 電源装置では青色の LED を使用します。

ジッピー電源

Zippy 電源は、次のプラットフォームで使用されています。

  • 960W AC/DC
    • MPX 11515/11520/11530/11540/11542
    • MPX 11500/13500/14500/16500/18500/20500

ジッピー 960 W 電源装置の LED 動作

電源装置 960W AC 960W DC
LEDの動作 G1W2-5960V3V Rev.5 DG1W-3960 V
電源装置に電力が供給されない オフ オフ
この電源装置に電力がありません 連続ビープ音 連続ビープ音
電源はスタンバイモードです - -
電源は機能している(電源オン)
電源装置の障害 - -
警告 (OVP/uVP/OCP/OTP/ファン) - -

電源ユニットオン-緑

電源ユニットオフ-色なし

モジュール LED には、オン、オフ (OFF) 以外の機能はありません。ケーブルまたはモジュールを取り外した場合、ビープ音が連続する。

フレックス電源

Flex 電源装置は、次のプラットフォームで使用されます。

  • 750W AC/DC
    • MPX 24000
    • MPX 22000
    • T1200

フレックス(750 W)電源装置の LED 動作

電源装置 750W AC 750W 直流
LEDの動作 F750E-XX A00  
電源装置に電力が供給されない オフ オフ
この電源装置に電力がありません LEDが消灯する LEDが消灯する
電源はスタンバイモードです - -
電源は機能している(電源オン)
電源装置の障害 - -
警告 (OVP/uVP/OCP/OTP/ファン) - -

電源ユニットオン-緑

電源ユニットオフ-色なし

モジュール LED には、オン、オフ (OFF) 以外の機能はありません。ケーブルまたはモジュールを取り外した場合、ビープ音が連続する。

ポート

ポートは、アプライアンスを外部デバイスに接続するために使用されます。Citrix ADCアプライアンスは、次のポートをサポートします。

  • RS232シリアル・ポート

  • 10/100/1000Base-T 銅線イーサネットポート

  • 1 GBの銅線および光ファイバSFPポート

  • 10 GB ファイバ SFP+

  • 25 GB SFP 28

  • 40G QSFP+

  • 50 GB QSFP28

  • 100 GB QSFP28

すべてのCitrix ADCアプライアンスには、これらのポートの一部またはすべての組み合わせがあります。カードは、プラットフォームによって縦または横になります。カードあたりのポート数はプラットフォームによって異なります。耐障害性を高めるには、独立したカードにリンク集約グループ (LAG) を作成します。通常、次のサンプル図に示すように、カードは2Uアプライアンスでは縦型、1Uアプライアンスでは水平型です。

縦型カード

横型カード

LAG の詳細については、「 リンクアグリゲーションの設定」を参照してください。アプライアンスで使用可能なポートの種類と数の詳細については、そのプラットフォームについて説明しているセクションを参照してください。

注:

Citrix ADCアプライアンスは、受信側スケーリング(RSS)機能を使用して、トラフィックを最適に分散して処理します。RSSの実装は、5タプル(TCP/IPプロトコル、送信元IPアドレス、宛先IPアドレス、送信元ポート、宛先ポート)に基づいて、キュー間でパケットを分散するToeplitzハッシュに基づいています。

RS232 シリアルポート

RS232シリアル・コンソール・ポートは、アプライアンスとコンピュータ間の接続を提供し、アプライアンスに直接アクセスして初期構成とトラブルシューティングを行うことができます。

すべてのハードウェアプラットフォームには、コンピュータとアプライアンスの接続に使用する適切なシリアル・ケーブルが付属しています。コンピュータをアプライアンスに接続する手順については、「 ハードウェアの取り付け」を参照してください。

銅線イーサネットポート

アプライアンスの多くのモデルにインストールされている銅線イーサネットポートは、標準の RJ45 ポートです。

アプライアンスにインストールできる銅線イーサネットポートには、次の 2 種類があります。

  • 10/100BASE-Tポート

    10/100BASE-T ポートの最大伝送速度は 100 メガビット/秒(Mbps)です。 ほとんどのプラットフォームには、少なくとも 1 つの 10/100BASE-T ポートがあります。

  • 10/100/1000BASE-Tポート

    10/100/1000BASE-T ポートの最大伝送速度は 1 ギガビット/秒で、他のタイプの銅線イーサネットポートの 10 倍高速です。 ほとんどのプラットフォームには、少なくとも 1 つの 10/100/1000Base-T ポートがあります。

これらのポートのいずれかをネットワークに接続するには、標準イーサネットケーブルの一方の端をポートに差し込みます。もう一方の端を適切なネットワークコネクタに接続します。

管理ポート

管理ポートは、標準の銅線イーサネットポート(RJ45)です。これらは、システム管理機能のためにアプライアンスへの直接アクセスに使用されます。

1G SFP および 10G SFP+ ポート

1G SFP ポートは、1 Gbps の速度で動作できます。銅線イーサネットポートとして動作するための銅線 1G SFP トランシーバ、または光ファイバポートとして動作するためのファイバ 1G SFP トランシーバのいずれかを受け入れます。

10G SFP+ モジュールはデュアルスピードに対応しており、モデルの接続先ピアスイッチに応じて、1 Gbps と 10 Gbps の両方をサポートします。ポートに接続するには、光ファイバケーブルが必要です。光ファイバケーブルのもう一方の端が 1G SFP ポートに接続されている場合、10G SFP+ ポートは 1 G 速度に自動的にネゴシエートします。

10G ポートトランシーバのマッピング

ポートの互換性:

一部のアプライアンスでは、10G スロットは銅線 1G トランシーバをサポートしており、10 Gbps スロットでは最大 1 Gbps で動作できます。

注:

  • 一部のプラットフォームには、銅線トランシーバをサポートしない 10G スロットがあります。サポートの詳細については、アカウント担当者にお問い合わせください。
  • ファイバ 1G トランシーバを 10G スロットに挿入することはできません。
  • 10G トランシーバを 1G スロットに挿入することはできません。

25G、40G、50G、および100Gポート

100Gポートは、10G、25G、40G、50G、100Gの5速度をサポートできる。100Gポートでは1G速度はサポートされない。50Gポートと100Gポートは同じトランシーバを使用する。40G QSFP+は40Gbpsまでの速度で動作できる高速ポートである。ポートではなく、アプライアンスが速度を決定します。

QSFP28 インターフェイスで直接使用できるのは、50G/100G (QSFP28) および 40G (QSFP+) トランシーバのみです。10G(SFP+)および 25G(SFP28)トランシーバを使用するには、QSFP28 インターフェイスで QSA28 アダプタを使用します。

次の図は、トランシーバの互換性を示しています。

100G ポートトランシーバのマッピング

50G ポートトランシーバのマッピング

40G ポートトランシーバのマッピング

25G ポートトランシーバのマッピング

1Gプラグ可能なメディア

1G トランシーバについては、次の情報が提供されます。

  • 摘要:部品の価格表の摘要。
  • 送信波長:公称伝送波長。
  • ケーブル/ファイバーの種類:ファイバー特性は達成可能な最大伝送距離に影響します。マルチモードファイバ(MMF)で10Gでは、さまざまな分散コンポーネントが支配的になります。詳しくは、http://www.thefoa.org/tech/ref/basic/fiber.htmlを参照してください。
  • 標準リーチ:最大送信距離。
  • 適用可能なプラットフォーム:一部のシャーシは、異なるメディアオプションで使用できます。該当するデータシートを使用して、特定のシャーシタイプがメディアをサポートしていることを確認します。

銅1G SFP距離仕様

説明: Citrix ADC 1G SFPイーサネット銅線(100 m)-4パック

送信機波長(nm): 適用不可

ケーブルタイプ: カテゴリ5 (猫5) 銅ケーブル。

典型的なリーチ (m): 100 m

適用可能なプラットフォーム:

  • MPX 8005/8015/8200/8400/8600/8800
  • MPX 14000
  • MPX 22000
  • MPX 24000

短いリーチファイバ1G SFP距離仕様

説明: Citrix ADC 1G SFPイーサネットSX(300 m)-4パック

送信機波長 (nm): 850 nm (公称)

ファイバーの種類: 50/125um MMF、2000MHZ-km (OM3) 典型的なリーチ (メートル): 550m

ファイバーの種類: 50/125um MMF、500MHz-km (OM2) 典型的なリーチ (m): 550m

ファイバーの種類: 50/125um MMF、400mHZ-km 典型的なリーチ (m): 550m

ファイバーの種類: 62.5/125um MMF、200mHZ-km (OM1) 典型的なリーチ (m): 300m

ファイバーの種類: 62.5/125um MMF、160MHZ-km 典型的なリーチ (m): 300m

適用可能なプラットフォーム:

  • MPX 8005/8015/8200/8400/8600/8800
  • MPX 22000
  • MPX 24000

短いリーチファイバ1G SFP距離仕様

説明: Citrix ADC 1G SFPイーサネット短距離(300 m)-シングル

送信機波長 (nm): 850 nm (公称)

ファイバーの種類: 50/125um MMF、2000MHZ-km (OM3) 典型的なリーチ (メートル): 550m

ファイバーの種類: 50/125um MMF、500MHz-km (OM2) 典型的なリーチ (m): 550m

ファイバーの種類: 50/125um MMF、400mHZ-km 典型的なリーチ (m): 550m

ファイバーの種類: 62.5/125um MMF、200mHZ-km (OM1) 典型的なリーチ (m): 275 m

ファイバーの種類: 62.5/125um MMF、160MHZ-km 典型的なリーチ (m): 220m

適用可能なプラットフォーム:

  • MPX 8005/8015/8200/8400/8600/8800
  • MPX 22000
  • MPX 24000

長いリーチファイバ1G SFP距離仕様

説明: Citrix ADC 1G SFPイーサネットLX-シングル

送信機波長 (nm): 1310 nm (公称)

ファイバータイプ: 9/125um SMF

典型的なリーチ (m): 10 km

適用可能なプラットフォーム:

  • MPX 8005/8015/8200/8400/8600/8800
  • MPX 22000
  • MPX 24000

長いリーチファイバ1G SFP距離仕様

説明: Citrix ADC 1G SFPイーサネットロングレンジ(10 km)-シングル

送信機波長 (nm): 1310 nm (公称)

ファイバータイプ: 9/125um SMF

典型的なリーチ (m): 10 km

適用可能なプラットフォーム:

  • MPX 8005/8015/8200/8400/8600/8800
  • MPX 9700/10500/12500/15500
  • MPX 22000
  • MPX 24000

10 GEプラグ可能なメディア

10G トランシーバについては、次の情報が提供されます。

  • 摘要:部品の価格表の摘要。
  • 送信波長:公称伝送波長。
  • ケーブル/ファイバーの種類:ファイバー特性は達成可能な最大伝送距離に影響します。マルチモードファイバ(MMF)で10Gでは、さまざまな分散成分が支配的になります。詳しくは、http://www.thefoa.org/tech/ref/basic/fiber.htmlを参照してください。
  • 標準リーチ:最大送信距離。
  • 適用可能なプラットフォーム:一部のシャーシは、異なるメディアオプションで使用できます。該当するデータシートを使用して、特定のシャーシタイプがメディアをサポートしていることを確認します。

ショートリーチファイバ10G SFP+距離仕様

適用可能なプラットフォーム:

  • MPX 8005/8015/8200/8400/8600/8800/8900
  • MPX 9100
  • MPX 22000
  • MPX 24000
  • MPX 25000T
  • MPX 25100 40G、MPX 25160 40G
  • MPX 14000
  • MPX 14000-40G
  • MPX 14000-40S
  • MPX 14000 FIPS
  • MPX 15000
  • MPX 15000-50G(50Gポートを10Gトランシーバに接続するにはアダプタが必要)
  • MPX 16000 (100G ポートを 10G トランシーバに接続するにはアダプタが必要)
  • MPX 26000(50Gポートを10Gトランシーバに接続するにはアダプタが必要)
  • MPX 26000-50S(50Gポートを10Gトランシーバに接続するにはアダプタが必要)
  • MPX 26000-100G(100Gポートを10Gトランシーバに接続するにはアダプタが必要)
説明 トランスミッタ波長 (nm) ファイバーの種類 典型的なリーチ (m)
Citrix ADC 10G SFP+、イーサネット短距離(300 m)-シングル 850 nm (公称) 50/125um MMF、2000mHz-km (OM3) 300 m
    50/125um MMF、500MHZ-km (OM2) 82 m
    50/125um MMF、400MHZ-km 66 m
    62.5/125um MMF、200mHZ-km (OM1) 33 m
    62.5/125um MMF、160MHZ-km 26 m

長リーチファイバ10G SFP+距離仕様

説明: Citrix ADC 10G SFP+イーサネットロングレンジ(10 km)-シングル

送信機波長 (nm): 1310 nm (公称)

ファイバータイプ: 9/125um SMF

典型的なリーチ (m): 10 km

適用可能なプラットフォーム:

  • MPX 8005/8015/8200/8400/8600/8800/8900
  • MPX 9100
  • MPX 22000
  • MPX 24000
  • MPX 25000T
  • MPX 25000-40G
  • MPX 14000
  • MPX 14000-40G
  • MPX 14000-40S
  • MPX 14000 FIPS
  • MPX 15000
  • MPX 15000-50G(50Gポートを10Gトランシーバに接続するにはアダプタが必要)
  • MPX 16000 (100G ポートを 10G トランシーバに接続するにはアダプタが必要)
  • MPX 26000(50Gポートを10Gトランシーバに接続するにはアダプタが必要)
  • MPX 26000-50S(50Gポートを10Gトランシーバに接続するにはアダプタが必要)
  • MPX 26000-100G(100Gポートを10Gトランシーバに接続するにはアダプタが必要)

Citrix 直接接続 (DAC) 銅線 TwinAX 10G SFP+ パッシブケーブルの仕様

説明: Citrix ADC 1 m DAC SFP+ケーブルで最大1mの距離まで対応

適用可能なプラットフォーム:

  • MPX 5901/5905/5910
  • MPX 8005/8015/8200/8400/8600/8800
  • MPX 8905/8910/8920/8930
  • MPX 9100
  • MPX 16000
  • MPX 22000
  • MPX 24000
  • MPX 14000
  • MPX 14000-40G
  • MPX 14000-40S
  • MPX 14000 FIPS
  • MPX 25000TA
  • MPX 25000A
  • MPX 25000T
  • MPX 25000-40G

説明: Citrix ADC 3 m DAC SFP+ケーブル (最大 3 m 距離)

適用可能なプラットフォーム:

  • MPX 5901/5905/5910
  • MPX 8005/8015/8200/8400/8600/8800
  • MPX 8905/8910/8920/8930
  • MPX 9100
  • MPX 16000
  • MPX 22000
  • MPX 24000
  • MPX 14000
  • MPX 14000-40G
  • MPX 14000-40S
  • MPX 14000 FIPS
  • MPX 25000TA
  • MPX 25000A
  • MPX 25000T
  • MPX 25000-40G

説明: Citrix ADC 5 m DAC SFP+ケーブル (最大 5 m 距離)

適用可能なプラットフォーム:

  • MPX 8005/8015/8200/8400/8600/8800
  • MPX 9100
  • MPX 14000
  • MPX 14000-40G
  • MPX 14000-40S
  • MPX 14000 FIPS
  • MPX 16000
  • MPX 17500/19500/21500
  • MPX 22000
  • MPX 24000
  • MPX 25000TA
  • MPX 25000A
  • MPX 25000T
  • MPX 25000-40G

Cisco 40G QSFP+ ブレークアウトケーブルの仕様

Cisco部品番号: L45593-D178-C30

説明: 40GBASE-CR4 QSFP+ 4 10GBASE-CU SFP+ 直接接続ブレークアウトケーブルアセンブリ、3 メートルパッシブ

適用可能なプラットフォーム:

  • MPX 14000-40G
  • MPX 14000-40C
  • MPX 14000-40S
  • MPX 14000 FIPS
  • MPX 16000
  • MPX 22000
  • MPX 24000
  • MPX 25000T
  • MPX 25000-40G
  • MPX 25000TA
  • MPX 25000A

注:

  • ピアスイッチは 40G である必要があります。Citrix ADCアプライアンスの4x10Gポートを接続します。逆はサポートされていません。つまり、Citrix ADCアプライアンスでは40G、ピアスイッチでは4x10Gはサポートされていません。

  • これらのケーブルを入手するには、Ciscoのパートナー担当者にお問い合わせください。

一般的なハードウェアコンポーネント