Citrix ADC MPX

ハードウェアに関するよくある質問

トランシーバー

  • トランシーバはアプライアンスに同梱されていますか。

    なしトランシーバは別途購入可能です。アプライアンス用のトランシーバを購入するには、Citrix 営業担当者にお問い合わせください。

  • 10G SFP+ トランシーバが 1G 速度に自動ネゴシエーションするのはなぜですか。

    自動ネゴシエーションは、10G SFP+ トランシーバを挿入する 10G SFP+ ポートでデフォルトで有効になっています。ポートとネットワークの間にリンクが確立されると、速度は自動ネゴシエーションされます。たとえば、ポートを 1G ネットワークに接続すると、速度は 1G に自動ネゴシエーションされます。

  • 1Gトランシーバを10Gスロットに挿入できますか?

    • 銅トランシーバをサポートするのは、MPX 14000 および MPX 25000 アプライアンスのみです。
    • 10Gスロットは、銅線1Gトランシーバをサポートしています。このトランシーバは、10 Gbpsスロットで最大 1 Gbps で動作します。

    注:10Gトランシーバは、1Gスロットではサポートされていません。

    次の表に、Citrix ADCアプライアンスで使用可能なトランシーバとポートの互換性マトリックスを示します。

ポート/トランシーバ 10Gトランシーバー 1Gファイバートランシーバ 1G銅トランシーバ
10Gポート サポート 例外付きでサポート(注を参照) サポート
1G ファイバポート サポートされていません サポート サポートされていません
1G 銅ポート サポートされていません サポートされていません サポート

注:

次のアプライアンスは、10G ポートの 1G ファイバートランシーバをサポートしていません。

  • MPX/SDX 89xx
  • MPX/SDX 89xxT
  • MPX/SDX 15xxx-50G
  • MPX/SDX 14xxX-40G
  • MPX/SDX 14xxX-40s
  • MPX/SDX 25xxX-40G

回避策:10G/1G デュアルスピードトランシーバを使用して、1G 速度を取得します。

ポートごとにサポートされるトランシーバの詳細については、「 25G、40G、50G、および100Gポート」を参照してください。

ポート

  • QSFP+って何ですか?

    QSFP+ は Quad Small Form Factor Pluggable の略で、データデバイスを接続するための小型ホットプラグ可能なトランシーバです。このトランシーバは 40G インターフェイスに使用されます。

    QSFP+ ~ 4 つの SFP+ 銅線ブレークアウトケーブル: これらのケーブルは、一方の端の ADC アプライアンスの 4 つの SFP+ 10GE ポート、もう一方の端の Cisco スイッチの QSFP+ 40G ポートに接続します。

    40G接続のサポート:少なくとも4つの10G SFP+ポートを持つCitrix ADCモデルは、10G SFP+ ポートのうち4つを集約して40Gリンク集約チャネルを形成することにより、Cisco 40Gインターフェイスに接続します。QSFP から 4 ポート SFP+ 銅線ブレークアウトケーブル QSFP-4SFP10G-CU3M(L45593-D178-C30 としてレポート) が使用されます。逆はサポートされていません。つまり、Citrix ADCアプライアンス上の40Gポートとピアスイッチの4x10Gポートからの接続はサポートされていません。

  • QSFP-4SFP10G-CU3M(L45593-D178-C30 とレポート)ブレークアウトケーブルをサポートしているCitrix ADCアプライアンスはどれですか ?

    少なくとも4つの10G SFP+ポートを持つCitrix ADCアプライアンスは、QSFPブレークアウトケーブルをサポートします。

  • QSFP28って何ですか

    QSFP28は、100Gデータレート用に設計されたホットプラグ可能なトランシーバモジュールです。QSFP28 は 4 つの送信チャネルと 4 つの受信チャネルを統合します。「28」は、各レーンが最大 28G のデータレートを伝送することを意味します。QSFP28は、使用するトランシーバに応じて、4x25Gブレークアウト接続、2x50Gブレークアウト、または1x100Gを行うことができます。

電源装置

  • Citrix ADC MPX 5500およびMPX 5550/5650アプライアンスの電源は、フィールドで交換可能ですか。

    なしCitrix ADC MPX 5500およびMPX 5550/5650アプライアンスの電源は固定されています。

  • MPX 8005、8015、8200、8400、8600、8800、およびT1010アプライアンスには、2つの電源装置が搭載されていますか。

    なしMPX 8005、8015、8200、8400、8600、8800、およびT1010アプライアンスは、デュアル電源をサポートしますが、1つの電源装置を搭載しています。2台目の電源を注文するには、Citrix 営業にお問い合わせください。

  • 各プラットフォームに同梱されている電源はいくつですか。

    プラットフォームによっては、2 つの電源をサポートし、4 つの電源をサポートするプラットフォームもあります。アプライアンスに同梱されている電源の数が、サポートされる電源の数より少ない場合があります。より多くの電源が購入可能です。

  • 電源はホットスワップ可能ですか。

    はい。アプライアンスに電源装置が 2 つある場合は、もう一方の電源装置が動作していれば、アプライアンスをシャットダウンせずに 1 つの電源装置を交換できます。

ラックとレール

  • 1Uと2Uアプライアンスに異なるレールキットがありますか?

    なしすべてのMPXアプライアンスとSDXアプライアンスは、同じレールキットを使用します。このキットには、1Uと2Uアプライアンス用の異なる長さの2組のスライドレールが含まれています。

  • どのレールキットを購入する必要がありますか?

    このアプライアンスには、28 ~ 38 インチのラックに適合する標準の 4 支柱レールキットが付属しています。

    23 ~ 33 インチラック用のコンパクトな 4 支柱レールキット、または 2 ポストラック用の 2 支柱レールキットは、別途購入する必要があります。Citrix 営業担当に連絡して、適切なキットを注文してください。

  • 外側のラックレールの最大長と最小長はどれくらいですか。

    標準の外側ラックレールの長さは 28 インチから 38 インチです。短い外側ラックレールの長さは 23 インチから 33 インチです。

  • ラックのフロントポストと背面支柱の間に必要なスペースはどれくらいですか。

    標準ラックでは、前面と背面支柱の間には 28~38 インチが必要です。短いラックには、23 インチから 33 インチの範囲が必要です。

  • ラックの前面支柱からアプライアンスを延長できる距離はどれくらいですか。

    シャーシは、すべてのCitrix ADC MPXおよびSDXアプライアンスのフロントポストから最大1.25インチまで延長できます。

  • アプライアンスの前面と背面領域を維持するために必要なスペースはどれくらいですか。

    すべてのCitrix ADCアプライアンスのメンテナンスには、前面領域が36インチ、背面領域が24インチの最小クリアランス領域が必要です。

管理 (LOM) ポートが点灯します

  • Citrix ADC MPXアプライアンスでサポートされるLOM機能はどれですか

    一部のプラットフォームでは、アプライアンスの前面パネルにインテリジェントプラットフォーム管理インターフェイス(IPMI)(ライトアウト管理(LOM)ポートとも呼ばれます)があります。これらのプラットフォームでは、次の 3 つの LOM 機能がサポートされています。

    • LOM ポートの設定
    • アプライアンスの電源を入れ直します
    • コアダンプを実行する
  • TCP ポート 5900 で、暗号化された仮想ネットワークコンピュータ (VNC) セッションのみを受け入れるように LOM インターフェイスを構成できますか。

    はい。LOM インターフェイスでトランスポート層セキュリティ (TLS) を有効にするお客様は、TLS 経由で VNC 接続も配信されます。

    LOMセキュリティガイドラインの詳細については、「 Citrix ADC MPX、VPX、およびSDXアプライアンスの安全な展開ガイド」を参照してください。

  • LOM インターフェイスで使用されている SSH のバージョンはアップグレードできますか。パッチはありますか?

    LOM の個々のコンポーネントを個別にアップグレードすることはできません。LOM ファームウェア全体をパッケージとしてアップグレードする必要があります。MPX アプライアンスでは、LOM アップグレードは、 upgrade_bmc.sh シェルに移動してスクリプトを実行することによって明示的に実行されます。

  • サードパーティ証明書または自己署名の SSL 証明書を LOM インターフェイスに追加することは可能ですか。

    はい。88XX モデルを除き、サードパーティ証明書および自己署名の SSL 証明書の最新バイナリで SSL を有効にできます。これらのモデルでは、現在の LOM リリースはサードパーティ証明書をサポートしていません。

一般

  • 推奨される端末エミュレータは何ですか?

    PuTTY

  • 成長に応じた従量制ライセンスをサポートしているプラットフォームはどれですか?

    拡張課金ライセンスをサポートするプラットフォームの最新リストについては、Citrix ADCのデータシートを確認してください。 成長に応じた購入ライセンスをサポートするプラットフォームの一部を以下に示します。

    • MPX 5550 から MPX 5650
    • MPX 5901 から MPX 5905 から MPX 5910
    • MPX 8005 から MPX 8015
    • MPX 8905 から MPX 8910 から MPX 8920 から MPX 8930
    • MPX 14020 から MPX 14030 MPX 14040 MPX 14060 MPX 14060 MPX 14080 MPX 14100
    • MPX 14020-40GからMPX 14030-40G MPX 14040-40G MPX 14060-40G MPX 14080-40G MPX 14100-40G MPX 14100-40G
    • MPX 14040-40S MPX 14060-40S MPX 14080-40S MPX 14100-40S
    • MPX 14030 FIPS から 14060 FIPS へ 14080 FIPS
    • MPX 15020~MPX 15030~MPX 15040~MPX 15060~MPX 15080~MPX 15100
    • MPX 15020-50G~MPX 15030-50G~MPX 15040-50G~MPX 15060-50G~MPX 15080-50G~MPX 15100-50G
    • MPX 22040 から MPX 22060 から MPX 22080 へ MPX 22100 から MPX 22120
    • MPX 25100-40G~MPX 25160-40G~MPX 25200-40G
    • Tシリーズプラットフォーム
  • Citrix ADCアプライアンスは直接接続ケーブル(DAC)をサポートしていますか?

    はい。リリース10.5以降では、Citrix ADCアプライアンスはパッシブDACをサポートします。

  • DACをどのポートに挿入する必要がありますか?

    DAC は、アプライアンスの10Gポートに挿入されます。

  • 1GポートはDACをサポートしていますか?

    なしDACは1Gポートに収まる場合がありますが、サポートされていません。

  • DACを注文するにはどうすればよいですか?

    DACを注文するには、Citrix営業担当にお問い合わせください。

  • 同じアプライアンスにDACとファイバトランシーバを混在させることはできますか?

    はい。DAC トランシーバとファイバトランシーバを同じアプライアンスに混在させることができます。各10Gポートは両方のオプションをサポートします。

  • 同じリンクアグリゲーションチャネルの一部であるポートに SFP+ ファイバと DAC を混在させることはできますか。

    なし同じリンク集約チャネル内のすべての要素間に対称性が存在する必要があります。

  • MPOタイプのコネクタを使用するトランシーバはどれですか。

    MPO タイプのコネクタを使用するのは、40G QSFP+ SR4 トランシーバと 100G QSFP28 SR4 トランシーバだけです。その他の光ファイバトランシーバはすべて、LC タイプのコネクタを使用します。

  • 25G、50G、100Gポートには特別なアダプタが必要ですか?

    100Gポートは、10G、25G、40G、50G、100Gの5速度をサポートできる。100Gポートでは1G速度はサポートされない。50Gポートと100Gポートは同じトランシーバを使用する。ポートではなく、アプライアンスが速度を決定します。

    QSFP28 インターフェイスで直接使用できるのは、50G/100G (QSFP28) および 40G (QSFP+) トランシーバのみです。10G(SFP+)および 25G(SFP28)トランシーバを使用するには、QSFP28 インターフェイスで QSA28 アダプタを使用します。

    次の図は、トランシーバの互換性を示しています。

    トランシーバの互換性

  • 40G SR4 QSFP(別名 BidI)トランシーバはサポートされていますか。

    はい。次のプラットフォームは、BiDI トランシーバをサポートしています。

    • MPX/SDX 14000 40C
    • MPX/SDX 14000 40S
    • MPX/SDX 14000 40G
    • MPX/SDX 15000 50G
    • MPX 15041T 50G
    • MPX 15081T 50G
    • MPX 25000TA
    • MPX/SDX 25000 40G
    • MPX/SDX 26000
    • MPX/SDX 26000 50S
    • MPX/SDX 26000 100G
ハードウェアに関するよくある質問