Citrix ADC MPX

Citrix ADC MPXアプライアンスのファイルシステム整合性を確認する方法

Citrix ADC MPXアプライアンスのファイルシステムの整合性を検証するには、以下の手順を実行します。

  1. ADCアプライアンスのシリアル・コンソールにコンソール・ケーブルを接続します(9600ボー、8ビット、1ストップ・ビット、パリティなし)。
  2. アプライアンスを再起動します。
  3. 次のメッセージが表示されたら、Ctrl+Cキーを同時に押します。Booting [/ns-12.1-60.19] counting down from 2 to 1 second OK プロンプトで、?と入力して使用可能なコマンドを表示します。

    ファイルシステムの整合性確認のプロンプト

  4. シングルユーザーモードでカーネルを起動するには、boot -sと入力します。

    ファイルシステムの整合性

  5. 次のメッセージが表示されたら、Enter キーを押します: Enter full pathname of shell or RETURN for /bin/sh.

    Note: The prompt of the appliance changes to \u@.

  6. fsck_ufs -y /dev/ad0s1aを入力して、/flashパーティションのディスクの一貫性を検証します。

    ファイルシステムの整合性フラッシュ

  7. dfを入力すると、現在マウントされているパーティションが表示されます。

    ファイルシステムの整合性が現在マウントされているパーティション

  8. デバイス名s1aがマウントされていない場合は、ディスク名s1a/flashパーティションにマウントするために/sbin/mount /dev/ad0s1a /flashと入力します。更新したパーティションを表示するには、「df」と入力します。

    ファイルシステムの整合性が更新されたパーティション

  9. /varパーティションのディスクの一貫性を検証するには、fsck_ufs -y /dev/ad0s1eと入力します。

    ディスクの一貫性を検証する

  10. デバイス名s1eがマウントされていない場合は、/sbin/mount /dev/ad0s1e /varと入力してディスクドライブを/varパーティションにマウントします。dfを入力してマウントされたパーティションを表示します。

    マウントされたパーティションを表示する

出力が正常でないように見えるか、エラーが表示された場合は、ハードディスクドライブをリセットし、手順をもう一度繰り返します。エラーが再度表示された場合は、Citrixサポートにお問い合わせください。

Citrix ADC MPXアプライアンスのファイルシステム整合性を確認する方法

この記事の概要