Citrix ADC MPX

Citrix ADC MPX 9700、MPX 10500、MPX 12500、MPX 15500

Citrix ADC MPX 9700、MPX 10500、MPX 12500、MPX 15500

注: FIPS 以外のプラットフォームは寿命に達しました。

Citrix ADC MPX 9700/10500/12500/15500は、2Uのアプライアンスで、それぞれ2個のクアッドコアプロセッサと16 GBのメモリを備えています。これらすべてのアプライアンスは、10GモデルとFIPSモデルでも利用可能です。

次の図は、MPX 9700/10500/12500/15500の前面パネルを示しています。

図1:Citrix ADC MPX 9700/10500/12500/15500、フロントパネル

MPX 9700 フロントパネル

次の図は、MPX 9700/10500/12500/15500 10Gの前面パネルを示しています。

図2:Citrix ADC MPX 9700/10500/12500/15500 10G、フロントパネル

MPX 9700-10G フロントパネル

次の図は、MPX 9700/10500/12500/15500 FIPS の前面パネルを示しています。

図3:Citrix ADC MPX 9700/10500/12500/15500 FIPS、フロントパネル

MPX 9700 FIPS フロントパネル

* FIPS 管理ポート (レベル 3 モード) は、将来のリリース用に予約されています。

注意:FIPS 管理ポートに USB デバイスを挿入しないでください。そうすると、FIPS カードに障害が発生する。

モデルに応じて、アプライアンスには次のポートがあります。

  • FIPS 管理ポート (将来のリリース用に予約)。
  • RS232 シリアルコンソールポート。
  • 2 つの 10/100/1000Base-T 銅線イーサネット管理ポート(RJ45)、左から右に 0/1 と 0/2 の番号が付けられています。これらのポートは、システム管理機能のためにアプライアンスに直接接続するために使用されます。
  • ネットワークポート
    • MPX 9700/10500/12500/15500. 1/1、1/2、1/3、および 1/4 の番号が付いた銅線またはファイバ 1G SFP ポート 8 個。左から右への最初の列に表示されます。ポートには、左から右に 1/5、1/6、1/7、および 1/8 という番号が付けられています。10/100/1000BASE-T 銅線イーサネットポート(RJ45)は、3 列目に 1/9、1/10、1/11、および 1/12 の番号が左から右に 8 個あります。ポートには、左から右に 1/13、1/14、1/15、および 1/16 という番号が付けられています。
    • MPX 9700/10500/12500/15500 10GとMPX 9700/10500/12500/15000 FIPS。2 つの 10G SFP+ ポートに 10/1 と 10/2 の番号が付けられています。1/1、1/2、1/3、および 1/4 の番号付きの 1 ギガビット銅線またはファイバ 1G SFP ポート 8 個。中央列には左から右へ順に表示されます。ポートには、左から右に 1/5、1/6、1/7、および 1/8 という番号が付けられています。

重要: このアプライアンスの 10 ギガビットポートには、10/1 および 10/2 というラベルが付けられています。

次の図は、10GモデルとFIPSモデルを含む、MPX 9700/10500/12500/15500アプライアンスの背面パネルを示しています。

図4:Citrix ADC MPX 9700/10500/12500/15500、MPX 9700/10500/12500/15500 FIPS、MPX 9700/10500/12500/15500 FIPS、MPX 9700/10500/12500/15500 10G、背面パネル

MPX 9700 背面パネル

注: USB ポートは、将来のリリース用に予約されています。

MPX 9700/10500/12500/15500 の背面パネルには、10G モデルと FIPS モデルを含む次のコンポーネントが表示されます。

  • Citrix ADCソフトウェアの格納に使用される 4 GB リムーバブルコンパクトフラッシュカード。

  • 電源スイッチ。電源装置を取り外すかのように、アプライアンスへの電源を切ります。スイッチを 5 秒間押して、電源を切ります。

  • ユーザーデータを格納するために使用されるリムーバブルハードディスクドライブ。

  • USB ポート (将来のリリース用に予約)。

  • NMI (マスク不可割り込み) ボタン。テクニカルサポートの要請に応じて使用され、アプライアンス上でコアダンプを生成します。ペン、鉛筆、またはその他の尖ったオブジェクトを使用して、この赤いボタンを押します。このボタンは、意図しない起動を防ぐためにくぼんだ状態になっています。

  • アラームボタンを無効にします。このボタンは、アプライアンスに電源装置が 2 つある場合にのみ機能します。

    次のいずれかの条件に当てはまる場合、このボタンを押して、電源アラームの鳴きを停止します。

    • アプライアンスを1つの電源コンセントにのみ差し込んでいます。
    • 1 つの電源装置が故障しており、修理されるまでアプライアンスの動作を続行する。
  • 2 つの電源装置、各定格は 450 ワット、110~220 ボルトです。最大消費電力は360ワットです。

レールの設置、ハードウェアのラックマウント、およびケーブルの接続については、「ハードウェアの設置」を参照してください。

アプライアンスの初期設定の詳細については、「初期設定」を参照してください。

Citrix ADC MPX 9700、MPX 10500、MPX 12500、MPX 15500

この記事の概要