Citrix ADC MPX

Citrix ADC T1200

Citrix ADC T1200は、デュアルコアプロセッサと256 GBのメモリを備えた2Uアプライアンスです。

次の図は、T1200 アプライアンスの前面パネルを示しています。

図1:Citrix ADC T1200フロントパネル

T1200 フロントパネル

T1200 アプライアンスには、次のポートがあります。

  • 24 10GBASE-X SFP+ データプレーンポート
  • 12 1000BASE-X SFP データプレーンポート
  • 10/100/1000BASE-T、RJ45管理ポート×2
  • 10/100BASE-T、RJ-45 LOMポート×1

次の図に、T1200 アプライアンスの背面パネルを示します。

図2:Citrix ADC T1200背面パネル

T1200 背面パネル

T1200 アプライアンスの背面パネルには、次のコンポーネントが表示されます。

  • LCDディスプレイとLEDステータスインジケータの説明に従って、アプライアンスのステータスを示すシステムステータスLED。
  • 4 つの電源装置、各定格は 750 ワット、100 ~ 240 ボルト。正常に動作するには、少なくとも 2 つの電源装置が必要です。余分な電源はバックアップとして機能します。各電源装置には、LCD ディスプレイと LED ステータスインジケータの説明に従って、電源装置のステータスを示す LED があります。
  • 電源スイッチ。アプライアンスへの電源を切ります。スイッチを 2 秒未満押して、電源を遮断します。
  • 256 GBリムーバブルソリッドステートドライブ×2

    注: コンポーネントがEOLになるとドライブの密度が増加する可能性がありますが、そのサイズは元のサイズより小さくなることはありません。

  • ユーザーデータを格納するために使用される 2 つの 1 TB リムーバブルハードディスクドライブ。

レールの取り付け、ハードウェアのラック取り付け、およびケーブルの接続については、「ハードウェアのインストール」を参照してください。

アプライアンスの初期設定の詳細については、「初期構成」を参照してください。

Citrix ADC T1200

この記事の概要