Citrix ADC MPX

トラブルシューティング

再起動後、Citrix ADCアプライアンスにアクセスできません。Citrix ADC IPアドレス(NSIP)にアクセスできず、ping要求に応答しない

Citrix ADC MPX 8005/8015/8200/8400/8400/8800、MPX 11500/13500/14500/16500/20500、MPX 11515/11520/11530/11540/11542、MPX 17550/19550/20550/21550、MPX 22040/22040/22060 /22100/22120、MPX 24100/24150、MPX 25100T/25160T、T1010、T1100、T1200、T1300、T1310アプライアンスはLOMをサポートしている。LOM 構成の状態に応じて、次の手順のいずれかの手順から開始します。LOMポートを構成するには、「 Citrix ADCアプライアンスのライトアウト管理ポート」を参照してください。

  1. LOM ポートが設定されていて、以前に動作していたことが分かっている場合は、LOM GUI にログインし、次の手順を実行します。
    1. [ リモートコントロール ] > [ コンソールリダイレクト] に移動し、[ コンソールの起動] をクリックします。
    2. Java iKVM Viewer 画面で、VGA コンソールウィンドウで、ブートメディア(ブートドライブ/コンパクトフラッシュカード)の不良または欠落などの起動エラーがないかどうかを確認します。接続されていないブートメディアをすべて抜き差しします。アプライアンスが起動した場合は、ログオンし、Citrix ADCコマンドラインからshow techsupportコマンドを実行します。サポートバンドルファイルの転送先となる作業用インタフェースを検索するには、「ネットワークインタフェースの確認」の手順を実行します。
    3. [ システムヘルス] > [センサーの読み取り値 ] の順に選択し、ハードウェアコンポーネントのステータス (CPU 温度、システム温度、電源装置ステータスなど) を確認します。下にスクロールする必要があるかもしれません。緑は、ハードウェアコンポーネントが正常に機能していることを示します。赤は障害が発生したことを示します。赤いインジケータが表示されている場合は、Citrixサポートにお問い合わせください。
    4. [ その他] > [ポストスヌーピング ] に移動し、BIOS POST 初期化コードを確認します。ポストスヌーピングの値が「00」または「AC」で、AC 電源装置の LED ライトが緑色の場合は、BIOS が正常に起動しました。そうでない場合は、Java ikVM Viewer 画面をチェックして、BIOS POST の初期化中にアプライアンスが応答しなくなったかどうかを確認します。ステップ 2 のサブステップ a ~ f を実行して、アプライアンスをリカバリします。これらの手順が失敗した場合は、Citrixサポートにお問い合わせください。
  2. LOM ポートが設定されていて、LOM GUI にアクセスできない場合は、LOM IP アドレスに ping を送信してみます。ベースボード管理コントローラ (BMC、LOM とも呼ばれます) はスタンバイ電源で動作します。電源ボタンを押してアプライアンスの電源を切った場合でも、BMC は引き続き動作しています。LOM IP アドレスに ping を実行できない場合は、シリアルケーブルを使用して COM1 コンソールポートに接続します。Citrix ADC IPアドレス(NSIP)にpingを実行することもできます。シリアル・ケーブルは、リモート・アクセス用にネットワーク・シリアル・ターミナル/コンソール・サーバーに接続できます。アプライアンスで、次の操作を行います。
    1. アプライアンスに電力が供給されていることを確認します。
    2. アプライアンスに電力が供給されていない場合は、電源ケーブルを交換し、ケーブルを別のソケットに接続します。
    3. PSUがPSUスロットに正しく取り付けられていることを確認します。
    4. すべてのAC電源コードを30秒間取り外し、アプライアンスの電源を完全に取り外します。
    5. AC PSUコードを挿入し直し、AC PSUのステータスを示すLEDを確認します。電源装置 LED がグリーンでない場合は、電源装置をトラブルシューティングします。
    6. LOM IP をもう一度pingしてみてください。成功した場合は、手順 1 に進みます。
  3. アプライアンスがLOMポートをサポートしていないか、LOMポートが設定されていない場合は、次の手順を実行します。
    1. シリアル・コンソール・ケーブルをアプライアンスに接続します。
    2. ステップ 2 の a から e までのサブステップを実行します。
    3. シリアルコンソールポートウィンドウで、ブートメディア(ブートドライブ/コンパクトフラッシュカード)の不良または欠落など、ブート障害エラーがないかどうかを確認します。接続されていないブートメディアをすべて抜き差しします。アプライアンスが起動した場合は、ログオンし、Citrix ADCコマンドラインからshow techsupportコマンドを実行します。サポートバンドルファイルの転送先となる作業用インタフェースを検索するには、「ネットワークインタフェースの確認」の手順を実行します。

ネットワークインターフェイスの確認

  1. 管理インターフェイス 0/1 が動作していない場合は、前述した Java iKVM Viewer を使用して管理インターフェイス 0/2 を設定し、ネットワークケーブルをポート 0/2 に接続します。LOM ポートをサポートしないアプライアンスの場合は、シリアル・コンソール・ポートを使用します。
  2. すべてのインターフェイスで LED ポートステータスインジケータがグリーンになっていることを確認します。 LED ポートステータスインジケータの詳細については、「ポート」の「LED ポートステータスインジケータ」を参照してください。
  3. 使用しているSFP/SFP+/XFPトランシーバがサポートされていることを確認します。
トラブルシューティング