Citrix ADC SDX

Citrix ADC MPX 24100および24150アプライアンスをCitrix ADC SDX 24100および24150アプライアンスに変換する

新しいソリッドステートドライブ(SSD)を使用してソフトウェアをアップグレードすることで、Citrix ADC MPXアプライアンスをCitrix ADC SDXアプライアンスに変換できます。Citrix ADC MPXアプライアンスをCitrix ADC SDXアプライアンスに移行するためのフィールド変換キットを提供しています。

変換には、最低 4 つの SSD が必要です。

注:変換プロセスを開始する前に、

Citrix ADCアプライアンスのライトアウト管理(LOM)ポートを構成することをお勧めします。Citrix ADCアプライアンスのLOMポートの詳細については、「Citrix ADCアプライアンスの管理ポートが点灯します」を参照してください。

Citrix ADC MPXアプライアンスをCitrix ADC SDXアプライアンスに変換するには、コンピュータまたは端末に接続されたコンソールケーブルを介してアプライアンスにアクセスする必要があります。コンソールケーブルを接続する前に、次の構成をサポートするようにコンピュータまたはターミナルを構成してください。

  • VT100端末エミュレーション
  • 9600ボー
  • 8データビット
  • 1 ストップビット
  • パリティとフロー制御を NONE に設定

コンソールケーブルの一方の端をアプライアンスの RS232 シリアル・ポートに接続し、もう一方の端をコンピュータまたは端末に接続します。

注:RJ-45

コンバータ付きのケーブルを使用するには、オプションのコンバータをコンソールポートに挿入し、ケーブルを接続します。

変換処理中にLOM接続が失われるため、VGAモニターをアプライアンスに接続して変換プロセスを監視することをお勧めします。

ケーブルを接続した状態で、MPX アプライアンスのコンポーネントが正しく機能していることを確認します。これで、変換を開始する準備ができました。変換プロセスでは、BIOSが変更され、Citrix Hypervisor と管理サービスイメージがインストールされ、Citrix ADC VPXイメージがソリッドステートドライブにコピーされます。

また、変換プロセスでは、ローカルストレージ(SSDスロット1およびSSDスロット2)およびCitrix ADC VPXストレージ(SSDスロット3およびSSDスロット番号4)用の冗長アレイ(RAID)コントローラもセットアップされます。

変換プロセスの後、アプライアンスの設定を変更し、新しいライセンスを適用します。その後、管理サービスを通じて、Citrix ADC SDXアプライアンスのVPXインスタンスをプロビジョニングできます。

MPX アプライアンスのコンポーネントが適切に動作していることを確認するには

  1. コンソールポートにアクセスし、管理者の資格情報を入力します。
  2. アプライアンスのコマンドラインインターフェイスから次のコマンドを実行して、シリアル番号 show hardware を表示します。シリアル番号は、Citrixテクニカルサポートに連絡する場合に役立ちます。
  3. 次のコマンドを実行して、アクティブな 10G インターフェイスのステータスを表示します。show interface
  4. show interface コマンドの出力で、すべてのインターフェイスが有効になっており、各インターフェイスのステータスが UP/UP と表示されていることを確認します。

    すべてのポートに SFP+ トランシーバがない場合は、インターフェイスを段階的に確認します。インターフェイスの最初のセットを確認したら、SFP+ トランシーバを取り外し、次のポートセットに接続します。

  5. UP/UP 状態でない各インターフェイスに対して、次のコマンドを実行します。

アプライアンスをアップグレードするには

  1. Citrix ADCアプライアンスの電源を切ります。
  2. 次の図に示すように、アプライアンスの背面にある 2 つのソリッドステートドライブ (SSD) をスロット #1 とスロット #2 に配置します。

    SDX 24100 背面パネル

  3. 交換用のソリッドステートドライブ(SSD)が、Citrix ADCモデルに必要なものであることを確認します。変換には、最低 4 つの SSD が必要です。Citrixラベルは、ソリッドステートドライブの1つの上部にあります。このラベルには、新しいバージョンのBIOSと、必要なCitrix ADC SDX管理サービスの最新ビルドがあらかじめ入力されています。この SSD はスロット 1 に取り付ける必要があります。
  4. ドライブハンドルを引きながら、ドライブカバーの安全ラッチを押し下げて、SSDを取り外します。
  5. 新しいCitrix認定SSDドライブで、ドライブのハンドルを完全に左側に開き、新しいドライブをスロット #1 にできるだけ挿入します。
  6. ドライブを装着するには、ハンドルをアプライアンスの背面と同じ位置で閉じ、ドライブがスロットにしっかりとロックされるようにします。

    重要

    SSDの向きは重要です。ドライブを挿入するときは、Citrix製品のラベルが最上部に表示されていることを確認してください。

  7. スロット #2に、スロット #1 のSSDの容量と一致する、Citrix認定SSDを2つ挿入します。スロット #3 および #4 に、空のCitrix認定SSDをさらに挿入します。

    重要

    古いSSDと新しいSSDの混合とマッチングはサポートされていません。最初の RAID ペア (ローカルストレージ) を構成するスロット #1 とスロット #2 の SSD は、同じサイズとタイプである必要があります。同様に、2 番目の RAID ペア (VPX ストレージ) を構成するスロット #3 とスロット #4 の SSD のサイズとタイプが同じである必要があります。付属の変換キットに含まれるドライブのみを使用してください。

  8. データポートと管理ポートからすべてのネットワークケーブルを取り外します。
  9. Citrix ADCアプライアンスを起動します。手順については、「ハードウェアのインストール」の「アプライアンスの切り替え」を参照してください。変換プロセスは約 30 分間実行できますが、その間、アプライアンスの電源を入れ直してはいけません。変換プロセス全体がコンソールに表示されず、応答しないように見えることがあります。変換プロセスによってBIOSが更新され、Citrix Hypervisor と管理サービスがインストールされます。また、インスタンスプロビジョニングのためにCitrix ADC VPXイメージをSSDにコピーし、RAID1ペアを形成します。

    アプライアンスのシリアル番号は変わりません。

  10. 変換処理中は、コンソールケーブルを接続したままにします。プロセスの完了を許可します。この時点で、Netscaler-sdxログイン:プロンプトが表示されます。
  11. 変換プロセス中に、IP アドレスをデフォルト値の 192.168.1.3 にリセットするため、LOM ポート接続が失われる可能性があります。変換ステータス出力は、VGAモニタで確認できます。
Citrix ADC MPX 24100および24150アプライアンスをCitrix ADC SDX 24100および24150アプライアンスに変換する