Citrix ADC SDX

Citrix ADC MPX 8900 アプライアンスをCitrix ADC SDX 8900 アプライアンスに変換します

新しいソリッドステートドライブ(SSD)を使用してソフトウェアをアップグレードすることで、Citrix ADC MPXアプライアンスをCitrix ADC SDXアプライアンスに変換できます。Citrix ADC MPXアプライアンスをCitrix ADC SDXアプライアンスに移行するためのフィールド変換キットを提供しています。

変換プロセスを開始する前に、Citrix ADC アプライアンスのライトアウト管理(LOM)ポートを構成することをお勧めします。Citrix ADCアプライアンスのLOMポートの詳細については、 Citrix ADCアプライアンスの管理ポートが点灯しますを参照してください。

Citrix ADC MPXアプライアンスをCitrix ADC SDXアプライアンスに変換するには、コンピュータまたは端末に接続されたコンソールケーブルを介してアプライアンスにアクセスする必要があります。コンソールケーブルを接続する前に、次の構成をサポートするようにコンピュータまたはターミナルを構成してください。

  • VT100端末エミュレーション
  • 9600ボー
  • 8データビット
  • 1 ストップビット
  • パリティとフロー制御を NONE に設定

コンソールケーブルの一方の端をアプライアンスの RS232 シリアル・ポートに接続し、もう一方の端をコンピュータまたは端末に接続します。

RJ-45 コンバータ付きのケーブルを使用するには、オプションのコンバータをコンソールポートに挿入し、ケーブルを接続します。

ケーブルを接続した状態で、MPX アプライアンスのコンポーネントが正しく機能していることを確認します。これで、変換を開始する準備ができました。変換プロセスでは、BIOSが変更され、Citrix Hypervisor とサービス仮想マシンイメージがインストールされ、Citrix ADC VPXイメージがSSDにコピーされます。

変換プロセスの後、アプライアンスの設定を変更し、新しいライセンスを適用します。その後、管理サービスを通じて、Citrix ADC SDXアプライアンスのVPXインスタンスをプロビジョニングできます。

次の図は、MPX 89xxの前面パネルを示しています。

図1:Citrix ADC MPX 89xxフロントパネル

SDX 8900 フロントパネル

MPX アプライアンスのコンポーネントが適切に動作していることを確認するには

  1. コンソールポートにアクセスし、管理者の資格情報を入力します。

  2. アプライアンスのコマンドラインインターフェイスから次のコマンドを実行して、シリアル番号を表示します。 show hardware

    シリアル番号は、Citrixテクニカルサポートに連絡する場合に役立ちます。

    > show hardware
        Platform: NSMPX-8900 8\*CPU+4\*F1X+6\*E1K+1\*E1K+1*COL 8955 30010
        Manufactured on: 12/3/2018
        CPU: 2100MHZ
        Host Id: 1862303878
        Serial no: JVFUJCZT1E
        Encoded serial no: JVFUJCZT1E
        BMC Revision: 4.51
        Done
    <!--NeedCopy-->
    
  3. 次のコマンドを実行して、アクティブな 1G および 10G インターフェイスのステータスを表示します。 show interface

  4. show interface コマンドの出力で、すべてのインターフェイスが有効になっており、各インターフェイスのステータスが UP/UP と表示されていることを確認します。

    すべてのポートに SFP+ トランシーバがない場合は、インターフェイスを段階的に確認します。インターフェイスの最初のセットを確認したら、SFP+ トランシーバを取り外し、次のポートセットに接続します。SFP+ トランシーバはホットスワップできません。したがって、トランシーバの接続後に MPX アプライアンスを再起動します。

  5. UP/UP ステートでない各インターフェイスに対して、次のコマンドを実行します。

    • インターフェイス 1/x を有効にする
    • インターフェイス 10/x を有効にする

    ここで、x は新しいインターフェイス番号です。

  6. 次のコマンドを実行して、電源装置のステータスが正常であることを確認します。 stat system-detail

    > stat system -detail
    NetScaler Executive View
    System Information:
    Up since        Tue Dec  4 14:01:49 2018
    Memory usage (MB)                    859
    InUse Memory (%)                    4.81
    Number of CPUs                         5
    System Health Statistics (Standard):
    CPU 0 Core Voltage (Volts)                      1.78
    CPU 1 Core Voltage (Volts)                      0.00
    Main 3.3 V Supply Voltage                       3.28
    Standby 3.3 V Supply Voltage                    3.28
    +5.0 V Supply Voltage                           4.90
    +12.0 V Supply Voltage                         11.81
    Battery Voltage (Volts)                         3.02
    Intel CPU Vtt Power(Volts)                      0.00
    5V Standby Voltage(Volts)                       5.05
    Voltage Sensor2(Volts)                          0.00
    CPU Fan 0 Speed (RPM)                           6900
    CPU Fan 1 Speed (RPM)                           6700
    System Fan Speed (RPM)                          6800
    System Fan 1 Speed (RPM)                        6800
    System Fan 2 Speed (RPM)                        6900
    CPU 0 Temperature (Celsius)                       44
    CPU 1 Temperature (Celsius)                        0
    Internal Temperature (Celsius)                    37
    Power supply 1 status                         NORMAL
    Power supply 2 status                         NORMAL
    Power supply 3 status                  NOT SUPPORTED
    Power supply 4 status                  NOT SUPPORTED
    System Disk Statistics:
    /flash Size (MB)                               16858
    /flash Used (MB)                                 323
    /flash Available (MB)                          15186
    /flash Used (%)                                    2
    /var Size (MB)                                143802
    /var Used (MB)                                  1880
    /var Available (MB)                           130418
    /var Used (%)                                      1
    System Health Statistics(Auxiliary):
    Voltage 0 (Volts)                               1.20
    Voltage 1 (Volts)                               1.20
    Voltage 2 (Volts)                               0.00
    Voltage 3 (Volts)                               0.00
    Voltage 4 (Volts)                               0.00
    Voltage 5 (Volts)                               0.00
    Voltage 6 (Volts)                               0.00
    Voltage 7 (Volts)                               0.00
    Fan 0 Speed (RPM)                               7000
    Fan 1 Speed (RPM)                                  0
    Fan 2 Speed (RPM)                                  0
    Fan 3 Speed (RPM)                                  0
    Temperature 0 (Celsius)                           28
    Temperature 1 (Celsius)                           34
    Temperature 2 (Celsius)                            0
    Temperature 3 (Celsius)                            0
    Done
    
    <!--NeedCopy-->
    
  7. 次のコマンドを実行して、システム構成データと統計情報のタールを生成します。 show techsupport

    > show techsupport
    showtechsupport data collector tool - $Revision: #13 $!
    NetScaler version 11.1
    Creating /var/tmp/support ....
    The NS IP of this box is 10.221.44.30
    This is not HA configuration
    Copying selected configuration files ....
    Running shell commands ....
    Running CLI show commands ....
    Collecting ns running configuration....
    Collecting running gslb configuration....
    Running CLI stat commands ....
    Running vtysh commands ....
    Copying newnslog files ....
    Copying core files from /var/core ....
    Copying core files from /var/crash ....
    Copying GSLB location database files ....
    Copying GSLB auto sync log files ....
    Copying Safenet Gateway log files ....
    Copying messages, ns.log, dmesg and other log files ....
    Creating archive ....
    /var/tmp/support/support.tgz  ---- points to ---> /var/tmp/support/collector_P_10.221.44.30_4Dec2018_14_14.tar.gz
    
    Done
    
    <!--NeedCopy-->
    

    コマンドの出力は、 /var/tmp/support/collector_<IP_address>_P_<date>.tar.gz ファイルにあります。後で参照するために、このファイルを別のコンピュータにコピーします。このコマンドの出力は、Citrixテクニカルサポートに連絡する場合に役立ちます。

  8. Citrix ADCコマンドラインインターフェイスで、シェルプロンプトに切り替えます。種類 shell

  9. 次のコマンドを実行して、270 MB の RAM が共有メモリ用に予約されていることを確認します。 root@ns# dmesg | grep memory

    root@ns# dmesg | grep memory
    real memory  = 36507222016 (34816 MB)
    avail memory = 32728735744 (31212 MB)
    NS-KERN nsppe_rendezvous: NSPPE-02 on CPU3NS-KERN map_shared_mem_ioctl (cpu 2, NSPPE-01): Reserving 270 MB for shared memory type 0
    root@ns#
    
    <!--NeedCopy-->
    
  10. 次のコマンドを実行して、アプライアンスに 12 の CPU コアがあることを確認します。 root@ns# dmesg | grep cpu

    root@ns# dmesg | grep cpu
    cpu0 (BSP): APIC ID:  0
    cpu1 (AP): APIC ID:  2
    cpu2 (AP): APIC ID:  4
    cpu3 (AP): APIC ID:  6
    cpu4 (AP): APIC ID:  8
    cpu5 (AP): APIC ID: 10
    cpu6 (AP): APIC ID: 12
    cpu7 (AP): APIC ID: 14
    cpu0: <ACPI CPU> on acpi0
    cpu1: <ACPI CPU> on acpi0
    cpu2: <ACPI CPU> on acpi0
    cpu3: <ACPI CPU> on acpi0
    cpu4: <ACPI CPU> on acpi0
    cpu5: <ACPI CPU> on acpi0
    cpu6: <ACPI CPU> on acpi0
    cpu7: <ACPI CPU> on acpi0
    est0: <Enhanced SpeedStep Frequency Control> on cpu0
    p4tcc0: <CPU Frequency Thermal Control> on cpu0
    est1: <Enhanced SpeedStep Frequency Control> on cpu1
    p4tcc1: <CPU Frequency Thermal Control> on cpu1
    est2: <Enhanced SpeedStep Frequency Control> on cpu2
    p4tcc2: <CPU Frequency Thermal Control> on cpu2
    est3: <Enhanced SpeedStep Frequency Control> on cpu3
    p4tcc3: <CPU Frequency Thermal Control> on cpu3
    est4: <Enhanced SpeedStep Frequency Control> on cpu4
    p4tcc4: <CPU Frequency Thermal Control> on cpu4
    est5: <Enhanced SpeedStep Frequency Control> on cpu5
    p4tcc5: <CPU Frequency Thermal Control> on cpu5
    est6: <Enhanced SpeedStep Frequency Control> on cpu6
    p4tcc6: <CPU Frequency Thermal Control> on cpu6
    est7: <Enhanced SpeedStep Frequency Control> on cpu7
    p4tcc7: <CPU Frequency Thermal Control> on cpu7
    NS-KERN nsppe_rendezvous: NSPPE-02 on CPU3NS-KERN map_shared_mem_ioctl (cpu 2, NSPPE-01): Reserving 270 MB for shared memory type 0
    root@ns#
    
    <!--NeedCopy-->
    
  11. 次のコマンドを実行して、/var ドライブが /dev/ad0s1e としてマウントされていることを確認します。 root@ns# df -h

    root@ns# df -h
    Filesystem     Size    Used   Avail Capacity  Mounted on
    /dev/md0       354M    342M      5M    99%    /
    devfs          1.0k    1.0k      0B   100%    /dev
    procfs         4.0k    4.0k      0B   100%    /proc
    /dev/ad0s1a     16G    323M     14G     2%    /flash
    /dev/ad0s1e    140G    1.9G    127G     1%    /var
    root@ns#
    
    <!--NeedCopy-->
    
  12. ns_hw_err.bashスクリプトを実行して、潜在的なハードウェア・エラーをチェックします。 root@ns# /netscaler/ns_hw_err.bash

    root@ns# ns_hw_err.bash
    NetScaler NS11.1: Build 60.5.nc, Date: Oct  3 2018, 10:58:21
    platform: serial JVFUJCZT1E
    platform: sysid 30010 - NSMPX-8900 8\*CPU+4\*F1X+6\*E1K+1\*E1K+1*COL 8955
    HDD MODEL: ad0: 228936MB <MICRON M510DC MTFDDAK240MBP 0013> at ata0-master UDMA33
    
    Generating the list of newnslog files to be processed...
    Generating the events from newnslog files...
    Checking for HDD errors...
    Checking for HDD SMART errors...
    Checking for Flash errors...
        skipping flash check because HDD and flash are same physical device: ad0.
        Please refer to HDD error output.
    Checking for Mega Raid Controller errors...
    Checking for SSL errors...
    Checking for BIOS errors...
    Checking for SMB errors...
    Checking for MotherBoard errors...
    Checking for CMOS errors...
        License year: 2018: OK
    License server failed at startup. Check /var/log/license.log
    Vendor daemon failed at startup. Check /var/log/license.log
    Checking for SFP/NIC errors...
    Checking for Firmware errors...
    Checking for License errors...
    Checking for Undetected CPUs...
    Checking for DIMM flaps...
    Checking for LOM errors...
    Checking the Power Supply Errors...
    Checking for Hardware Clock errors...
    ********************************************************************
    NS hardware check: Found 2 errors
    ********************************************************************
    Script Done.
    root@ns#
    <!--NeedCopy-->
    
  13. 重要:管理ポートを含む、LOMポート以外のすべてのポートをネットワークから物理的に切断します。

  14. シェルプロンプトで、Citrix ADCコマンドラインに切り替えます。タイプ: 終了

  15. 次のコマンドを実行して、アプライアンスをシャットダウンします。 shutdown -p now

    > shutdown -p now
    Are you sure you want to completely stop NetScaler (Y/N)? [N]:y
    <!--NeedCopy-->
    

アプライアンスのアップグレード

アップグレードプロセスには、次の 2 つの手順が含まれます。

  • SSDを交換してください
  • アプライアンスを起動する

SSDを交換してください

  1. 次の図に示すように、アプライアンスの背面パネルにあるソリッドステートドライブの位置を確認します。

    SDX 8900 背面パネル

  2. 交換用ソリッドステートドライブ(SSD)が、Citrix ADCモデルに必要なものであることを確認します。Citrixラベルは、SSDの上部に表示されます。SSD には、新しいバージョンの BIOS と、必要なサービス仮想マシンソフトウェアの最新ビルドがあらかじめ入力されています。

  3. 現在取り付けられているSSDドライブを取り外します。ドライブカバーの安全ラッチを右に押し、ハンドルでドライブを引き出します。

  4. 新しいドライブのドライブハンドルを左側に完全に開き、ドライブをスロットに挿入します。次の図は、ドライブが部分的に挿入されていることを示しています。ドライブをスロットに押し込みます。

SDX 8900 背面パネル

  1. ドライブがスロットにしっかりとロックされるように、アプライアンスの背面側にハンドルを閉じます。

    重要

    ソリッドステートドライブの向きは重要です。ドライブを挿入するときは、Citrix製品のラベルが最上部に表示されていることを確認してください。

アプライアンスを起動する

  1. Citrix ADCアプライアンスを起動します。手順については、「ハードウェアのインストール」の「アプライアンスの切り替え」セクションを参照してください。

    変換処理が完了するまで約 30 分かかります。変換プロセスでは、次のアクションが実行されます。

    • BIOS を更新します。
    • Citrix Hypervisorとサービス仮想マシンオペレーティングシステムをインストールします。
    • インスタンスプロビジョニングのために、Citrix ADC VPXイメージをソリッドステートドライブにコピーします。

変換が開始されると、次の図に示すように、フロント・ベゼルのLCD画面にNSMPX-8900が表示されます。

![SDX 8900 変換前] (/en-us/citrix-hardware-platforms/sdx/media/89xx-before-conversion.png)

変換が成功すると、次の図に示すように、LCDにCitrix NSSDX-8900と表示されます。

![SDX 8900 変換後] (/en-us/citrix-hardware-platforms/sdx/media/89xx-after-conversion.png)

> **注**
>
> アプライアンスのシリアル番号は変わりません。
  1. 変換処理中は、コンソールケーブルを接続したままにします。プロセスの完了を許可します。この時点で、Netscaler-sdxログイン:プロンプトが表示されます。
  2. アプライアンスは変換プロセスを終了すると、以前に動作していた設定ではなくなります。したがって、アプライアンスには Web ブラウザからのみアクセスできます。デフォルトの IP アドレス 192.168.100.1/16 を使用します。ネットワーク 192.168.0.0 でコンピュータを構成し、クロスオーバーイーサネットケーブルを使用して、アプライアンスの管理ポート 0/1 に直接接続します。または、ストレートイーサネットケーブルを使用して、ネットワークハブを介してアプライアンスにアクセスします。デフォルトの認証情報を使用します。
  3. [構成]タブを選択します。
  4. [システムリソース]セクションに、Citrix ADC SDXアプライアンスのCPUコア、SSLコア、および合計メモリが表示されていることを確認します。
  5. [システム] ノードを選択し、[システム] ページの [ネットワーク構成] リンクをクリックして、サービス仮想マシンの IP アドレスを変更します。
  6. [ネットワーク構成の変更] ダイアログボックスで、次の詳細を指定します。

    • [Interface]:クライアントが管理サービスに接続するときに使用するインターフェイス。可能な値:0/1、0/2。デフォルト:0/1。
    • Citrix Hypervisor IPアドレス:Citrix Hypervisor のIPアドレス。
    • 管理サービス IP アドレス:管理サービスの IP アドレス。
    • Netmask:SDX アプライアンスが配置されているサブネットのサブネットマスク。
    • ゲートウェイ:ネットワークのデフォルトゲートウェイ。
    • DNS サーバ:DNS サーバの IP アドレス。*オプションのパラメータ
  7. [OK] をクリックします。
  8. ネットワーク経由でアクセスするには、Citrix ADC SDXアプライアンスをスイッチに接続します。管理サービスの IP を参照し、既定の資格情報でログオンします。
  9. ライセンスの適用手順については、 [Citrix ADC SDXライセンスの概要]を参照してください。(/en-us/sdx/12-1/manage-monitor-appliance-network-configuration/licensing-overview.html)
Citrix ADC MPX 8900 アプライアンスをCitrix ADC SDX 8900 アプライアンスに変換します