Citrix ADC SDX

Citrix ADC SDX 25100-40G

Citrix ADC SDX 25100-40GおよびSDX 25160-40Gは、2Uアプライアンスです。各モデルは、2つの10コアプロセッサ、256 GBのメモリ、4つの40G QSFP+ポート、16個の10G SFP+ポート(4x40G QSFP+ + 16x10G SFP+)を備えています。

図1。Citrix ADC SDX 25100 40G、SDX 25160 40G(4x40G QSFP+16x10G SFP+)フロントパネル SDX 25100-40G フロントパネル

Citrix ADC SDX 25100 40G、SDX 25160 40Gアプライアンスには、次のポートがあります。

  • RS232 シリアルコンソールポート。
  • 10/100Base-T 銅線イーサネットポート(RJ45)。LOM ポートとも呼ばれます。このポートを使用して、Citrix ADCソフトウェアとは無関係にアプライアンスをリモートで監視および管理できます。
  • 2 つの 10/100/1000Base-T 銅線イーサネット管理ポート(RJ45)、左から右に 0/1 と 0/2 の番号が付けられています。これらのポートは、システム管理機能のためにアプライアンスに直接接続するために使用されます。
  • ネットワークポート:4つの40G QSFP+ポートと16個の10G SFP+ポート (4x40G QSFP+16x10G SFP+)。ポートごとにサポートされるトランシーバの詳細については、「 25G、40G、50G、および 100G ポート」を参照してください。
  • USB ポート (将来のリリース用に予約)。

注:

  • 10G ポートは、1G 銅線または 1G ファイバトランシーバをサポートしません。
  • 40G ポートは、10G および 1G トランシーバをサポートしません。

図 2. Citrix ADC SDX 25100-40GおよびSDX 25160-40G背面パネル

SDX 25100-40G背面パネル

SDX 25100-40G、SDX 25160-40G アプライアンスの背面パネルには、次のコンポーネントが表示されます。

  • 300 GBリムーバブルソリッドステートドライブ(SSD)×2。左端の2台のソリッドステートドライブには、Citrix ADCソフトウェアが格納されます。次の 2 つのソリッドステートドライブ (それぞれ 300 GB) には、ユーザーデータが格納されます。残りの 4 つのソリッドステートドライブは、将来使用するために予約されています。

    注: コンポーネントがEOLになるとドライブの密度が増加する可能性がありますが、そのサイズは元のサイズより小さくなることはありません。

  • 電源スイッチ。アプライアンスの電源をオンまたはオフにするのはどちらですか?スイッチを 2 秒未満押して、電源を遮断します。
  • 2 つの電源装置。各定格は1000ワット、100~240ボルトです。各電源装置には、共通ハードウェアコンポーネント] (/en-us/citrix-hardware-platforms/sdx/common-hardware-components.html) で説明されているように、電源の状態を示す LED があります。
  • アラームボタンを無効にします。これは、アプライアンスにホットスワップ可能なデュアル冗長電源装置がある場合にのみ機能します。2 つの電源装置の 1 つが入力電力を切断したとき、または電源装置が誤動作している場合に、電源アラームを消音するには、このボタンを押します。
  • ノンマスカブル割り込み (NMI) ボタン。テクニカルサポートの要請に応じて、コアダンプを開始するために使用されます。意図しない起動を防ぐためにくぼんだこの赤いボタンを押すには、ペン、鉛筆、またはその他の尖ったオブジェクトを使用します。NMI ボタンは、LOM GUI のリモートコントロールメニューからもネットワーク経由でリモートで使用できます 。アプライアンスのライトアウト管理ポートについて詳しくは、「 Citrix ADC SDXアプライアンスのライトアウト管理ポート」を参照してください。
Citrix ADC SDX 25100-40G

この記事の概要