Citrix ADC SDX

Citrix ADC SDXアプライアンスの管理ポートが点灯します

SDX ADCアプライアンスの前面パネルには、ライトアウト管理(LOM)ポートとも呼ばれるインテリジェント・プラットフォーム管理インターフェイス(IPMI)があります。Citrix ADCソフトウェアとは無関係に、LOMポートを使用してアプライアンスをリモートで監視および管理できます。

LOM ポートをデータチャネルとは別の専用チャネルに接続することで、データネットワークがダウンしている場合でも、アプライアンスへの接続が維持されます。さらに、データケーブルとデータネットワークを単一障害点として削減できます。

LOM ポートにはブラウザからアクセスでき、ほとんどのタスクで GUI を使用できます。すべてのタスクは、Citrix ADCシェルを使用して実行できます。

次のタスクには、GUI またはシェルのいずれかを使用できます。

  • ネットワーク設定の構成
  • サーバーヘルス監視
  • 電源制御操作
  • 工場出荷時リセット

Citrixアプライアンスがサポートするシェルは異なります。

  • Citrix HypervisorベースのCitrix ADC SDXアプライアンスの場合は、dom0 Linuxルートシェルを使用します。dom0シェルにアクセスするには、 nsrootアカウントではなくrootアカウントを使用して、SDX管理サービスのIPアドレスではなく、Citrix Hypervisor 管理IPアドレスにログオンします。
  • Linux ベースのアプライアンスの場合は、Linux bash ルートシェルを使用します。

LOM とベースボード管理コントローラ (BMC) という用語は同じ意味で使用されます。

注意: LOM ファームウェアのバージョンは、プラットフォーム固有のものです。LOM サポートマトリックス表に示されているプラットフォームの LOM ファームウェアバージョン以外の LOM ファームウェアバージョンにアップグレードすると、LOM が使用できなくなる場合があります。

LOM サポートマトリックス

LOM サポートマトリックスは、プラットフォームごとに推奨される LOM ファームウェアバージョンを示しています。

テーブル。LOM サポートマトリックス

ハードウェア 推奨バージョン
SDX 5900 4.58
SDX 8015 3.21
SDX 8900 4.61
SDX 9100 2.12.00
SDX 11500 3.39
SDX 11500 NEBS 3.39
SDX 11515 3.39
SDX 14000 4.08
SDX 14000-40S 4.08
SDX 14000FIPS 4.08
SDX 14000-40G 4.08
SDX 15000 5.56
SDX 15000-50G 5.56
SDX 16000 2.12.12
SDX 17500 3.39
SDX 17550 3.39
SDX 22000 3.24
SDX 24000 4.08
SDX 25000A 4.08
SDX 25000TA 4.08
SDX 25000-40G 4.08
SDX 26000 5.56
SDX 26000-50S 5.56
SDX 26000-100G 5.56
Citrix ADC SDXアプライアンスの管理ポートが点灯します

この記事の概要