Citrix ADC SDX

LOM ポートを使用して電源制御操作を実行する

LOM ポートを使用して、正常なシャットダウンと再起動、アプライアンスの電源の再起動、BMC マイクロコントローラの再起動などの電源制御操作をリモートで実行できます。コールドリスタートは、ウォームリスタートよりも時間がかかります。コールドリスタートでは、アプライアンスの電源をオフにし、再び電源を入れます。

GUIを使用した電源制御操作の実行

  1. メニューバーで 、[ リモートコントロール] をクリックします。
  2. [ オプション] の [ 電源制御] をクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。
    • システムのリセット:アプライアンスを正常に再起動します。アプライアンスの再起動前に、アプライアンスに対するすべての操作が停止され、クライアントまたはサーバーへの新しい接続は受け入れられません。また、既存の接続はすべて閉じられます。このオプションは、reboot コマンドを入力するなど、ウォーム再起動に似ています。この操作中、BMC は再起動しません。
    • システムの電源オフ — 即時:アプライアンスを正常にシャットダウンせずに、アプライアンスへの電源を直ちに切断します。BMC はこのモードで正常に動作し続け、ユーザーはリモートでアプライアンスの電源をオンにできます。このオプションは、ユニットの電源が切れるまで電源ボタンを押すのと同じです。
    • システムの電源オフ — 秩序あるシャットダウン:アプライアンスを正常にシャットダウンしてから、アプライアンスへの電源を切断します。アプライアンスの背面パネルの電源ボタンを 4 秒未満押した場合と同じ効果があります。アプライアンスのすべての操作が停止され、クライアントまたはサーバーへの新しい接続は受け入れられません。また、アプライアンスがシャットダウンする前に、既存の接続はすべて閉じられます。BMC はこのモードで正常に動作し続け、ユーザーはリモートでアプライアンスの電源をオンにできます。このオプションは、アプライアンスシェルで shutdown コマンドを入力するのと同じです。
    • システムの電源オン:アプライアンスのスイッチをオンにします。この操作中、BMC は再起動しません。このオプションは、電源ボタンを押すのと同じです。
    • システムの電源オフ/オン:アプライアンスの電源を切り、再び電源を入れます。この操作中、BMC は再起動しません。このオプションは、ユニットの電源が切れるまで電源ボタンを押し、次に電源ボタンを押してユニットの電源を入れます。
  3. [ アクションを実行] をクリックします。

BMC の電源を入れ直します

電源ボタンを使用したアプライアンスのウォーム再起動、コールド再起動、またはアプライアンスの電源再投入には、BMC の電源の再投入は含まれません。BMC は、電源装置から直接スタンバイ電源で動作します。したがって、BMC は、アプライアンスの電源ボタンの状態の影響を受けません。BMC の電源を再投入する唯一の方法は、アプライアンスからすべての電源コードを60秒間取り外すことです。

アプライアンスシェルを使用して BMC で電源制御操作を実行します

BMC マイクロコントローラのウォームリスタートまたはコールド再起動を実行する場合、LOM ポートと通信できません。どちらのアクションも BMC を再起動しますが、メイン CPU は再起動しません。アプライアンスから LOM のウォーム再起動を実行するには、次のように入力します。

ipmitool mc reset warm

ネットワーク上の別のコンピュータからリモートでウォーム再起動を実行する

ipmitool –U <bmc_gui_username> –P <bmc_gui_password> –H <bmc IP address> mc reset warm

アプライアンスから LOM のコールド再起動を実行します

ipmitool mc reset cold

ネットワーク上の別のコンピュータからリモートでウォーム再起動を実行する

ipmitool –U <bmc_gui_username> –P <bmc_gui_password> –H <bmc IP address> mc reset cold

コアダンプを実行する

アプライアンスに障害が発生したり、応答しなくなった場合は、コアダンプをリモートで実行できます。この手順は、 アプライアンスの背面パネルにあるNMIボタンを押すのと同じ効果があります

GUI を使用してコアダンプを実行する

  1. メニューバーで 、[ リモートコントロール] をクリックします。
  2. [ オプション] の [ NMI] をクリックし、[ NMI の開始] をクリックします。

シェルを使用して、ネットワーク上の別のコンピュータからリモートでコアダンプを実行する

シェルプロンプトで、次のように入力します。

ipmitool -U <bmc_gui_username> -P <bmc_gui_password> -H <bmc IP address> chassis power diag

LOM ポートを使用して電源制御操作を実行する