Citrix ADC SDX

IPMI BMC フェールオーバー用のポートの指定

LOMファームウェアバージョン3.x以降では、専用LOMポートと共有LOM管理ポート間のフェイルオーバーのデフォルトモードは、アクティブなポートにフェイルオーバーされます。デフォルトでは、ケーブルを接続するポートを選択する以外に、ユーザー構成は必要ありません。マザーボードには、管理 MAC と管理ポート間、および LOM MAC と LOM ポート間のイーサネットスイッチがあります。次の図は、イーサネットスイッチを示しています。

図1:イーサネットスイッチ

イーサネットスイッチ

このスイッチは、専用 LOM ポートまたは共有管理ポートを介して LOM トラフィックを送信するように設定できます。専用のLOMポートは、管理ポートを単一障害点として排除し、共有LOM/管理ポートはケーブル配線コストを削減します。

IPMI BMC フェールオーバー用のポートの指定

この記事の概要