Citrix Hypervisor

累積更新プログラム1

このリリースについて

Citrix Hypervisor 8.2 CU1は、Citrix Hypervisor 8.2長期サービスリリース(LTSR)の最初の累積更新プログラムです。ここでは、Citrix Hypervisor 8.2 CU1の重要な情報について説明します。

Citrix Hypervisor 8.2 CU1には、商用の以下の2種類が用意されています:

  • Premium Edition
  • Standard Edition

Citrix Hypervisor 8.2 CU1および関連のHotfixは、カスタマーサクセスサービスのお客様のみが利用できます。

XenCenterを介してこれらのHotfixを受け取るには、最初に最新バージョンのXenCenterをインストールし、クライアントIDを取得する必要があります。詳しくは、「XenCenterを認証してアップデートを受信する」を参照してください。

サポートとメンテナンス

Citrix Hypervisor 8.2 LTSRの場合、サポートは、最新の累積的な更新で2025年6月25日まで利用できます。

Citrix Hypervisor 8.2の初期リリースは、Citrix Hypervisor 8.2 CU1のリリース後6か月間、2022年6月12日までサポートされます。このサポートには、問題のトラブルシューティングと、可能な場合は、構成の変更または既存の製品のアップデートやアップグレードを適用することによる問題の解決が含まれます。

Citrix Hypervisor 8.2 LTSRの場合、メンテナンスは、最新の累積的な更新で2025年6月25日まで利用できます。このメンテナンスには、重要なHotfixと機能的なHotfixの両方が含まれます。

2022年6月12日まで、Citrix Hypervisor 8.2の初期リリースとCitrix Hypervisor 8.2 CU1の両方について、重要なHotfixを提供します。機能に関するHotfixは、Citrix Hypervisor 8.2 CU1に対してのみ提供されます。

サポートとメンテナンスについて詳しくは、「製品ライフサイクルのサポートポリシー」を参照してください。

Citrix Hypervisor 8.2 CU1の内容

Citrix Hypervisor 8.2 CU1には、Citrix Hypervisor 8.2でこれまでに提供されたすべてのHotfixのほかに、Citrix Hypervisor 8.2に関して報告された問題に対する新しい修正プログラムも含まれています。詳しくは、「Citrix Hypervisor 8.2 CU1で解決された問題」を参照してください。

パフォーマンスまたは機能の強化以外に向上した点も含まれています。詳しくは、「Citrix Hypervisor 8.2 CU1で向上した点」を参照してください。

LTSR製品での変更を最小限に抑えるために、Citrix Hypervisor 8.2 CU1に追加機能は含まれていません。

Citrix Hypervisor 8.2 CU1で向上した点

Citrix Hypervisor 8.2 CU1では、ロールアップHotfixだけでなく、パフォーマンスまたは機能の強化以外に向上した点も含まれ、LTSRのライセンスをお持ちのお客様が、より便利にご利用いただけるようになりました。

Linux仮想マシンでのkdumpおよびkexecのサポート

kdumpユーティリティとkexecコマンドが、Citrix Hypervisorを実行しているLinux仮想マシンでサポートされるようになりました。

暗号の組み合わせの変更

セキュリティを向上させるために、SSH通信でサポートされている暗号の組み合わせ一覧から弱い暗号の組み合わせが削除されました。現在サポートされている暗号の組み合わせについては、「Citrix Hypervisorサーバーとリソースプールとの通信」を参照してください。

ジャンボフレームのサポートの強化

ジャンボフレームが仮想マシンネットワークのトラフィックでサポートされるようになりました。詳しくは、「ジャンボフレーム」を参照してください。

アップデートの認証済みダウンロード

Hotfixをよりセキュアにダウンロードできるサービスを目的として、XenCenterでは更新プログラムを自動的にダウンロードおよび適用するためのCitrixでの認証を必要とするようになりました。

XenCenter経由でHotfixを受け取るには、最新バージョンのXenCenterをインストールしてクライアントID JSONファイルを取得する必要もあります。詳しくは、「XenCenterを認証してアップデートを受信する」を参照してください。

XenCenter PuTTYの更新

XenCenter 8.2.4に組み込まれているPuTTYのバージョンが0.76に更新されました。

ゲストオペレーティングシステムのサポートの変更点

Citrix Hypervisor 8.2累積更新プログラム1でサポートされているゲストオペレーティングシステムの一覧については、「ゲストオペレーティングシステムのサポート」を参照してください。

重要:

すべての準仮想化(PV)仮想マシンのサポートは、Citrix Hypervisor 8.1で終了します。ただし、Citrix Hypervisor 8.2累積更新プログラム1以降では、サポートされていない32ビットPV仮想マシンを起動できません。Citrix Hypervisor 8.2 CU 1にアップグレードする前に、ご使用の環境に32ビットPV仮想マシンがないことを確認してください。

追加

Citrix Hypervisor 8.2 CU1では、次の新しいゲストがサポートされるようになりました:

  • Windows Server 2022(最新のWindows向けCitrix VM Toolsを使用)

    注:

    Citrix Hypervisor 8.2累積更新プログラム1のリリースでは、Windows Server 2022はこのプラットフォームでサーバー仮想化検証プログラム(SVVP)を使用して検証されていません。

    Windows Server 2022は、Windows向けCitrix VM Toolsバージョン9.2.1以降がインストールされている場合にのみ本番環境での使用がサポートされます。Citrix Hypervisor製品のダウンロード ページから、最新バージョンのWindows向けCitrix VM Toolsを入手できます。

  • Rocky Linux 8(最新のホットフィックスを備えたCitrix Hypervisor 8.2でも利用可能)
  • Gooroom 2(最新のホットフィックスを備えたCitrix Hypervisor 8.2でも利用可能)

廃止済み

次のゲストは、Citrix Hypervisor 8.2 CU1で廃止されました:

  • Windows Server 2012 R2

削除

Citrix Hypervisor 8.2 CU1は、次のゲストのサポートを終了しました:

  • Windows Server 2012
  • Windows 8.1

新しいプロセッサのサポート

Citrix Hypervisor 8.2 CU1では、次のプロセッサがサポートされるようになりました:

  • Intel®Xeon®E-23xxおよびE-23xxGプロセッサ(Rocket Lake)

詳しくは、「Hardware Compatibility List」(ハードウェア互換性リスト)を参照してください。

Citrix Hypervisor 8.2仮想アプライアンスとの互換性

Citrix Hypervisor 8.2 CU1プールでは、ワークロードバランス8.2およびConversion Manager 8.2仮想アプライアンスを使用できます。Citrix Hypervisor 8.2 CU1で最新のアプライアンスを使用するには、Citrix Hypervisor8.2で提供される最新バージョンのXenCenterを使用していることを確認してください。

バージョン8.2仮想アプライアンスについては、Citrix Hypervisor最新リリースの製品ドキュメントを参照してください。

インストールオプション

Citrix Hypervisor 8.2 CU1は、Citrix Hypervisorの製品ダウンロードページから次のパッケージでダウンロードできます:

  • Citrix Hypervisor 8.2累積更新プログラム1 ISOには、修正プログラムのみから成る累積更新プログラムが含まれています。このISOを使用して、Citrix Hypervisor 8.2の既存のインストールに累積更新プログラムを適用します。

  • Citrix Hypervisor 8.2累積更新プログラム1の基本インストールISOには、Citrix Hypervisor 8.2の基本インストールプログラムと修正プログラムから成る累積更新プログラムが含まれています。このISOを使用して、CU1を含むCitrix Hypervisor 8.2の新規インストールを作成するか、XenServer 7.1 CU2からアップグレードします。

注:

インストールを始める前に、「システム要件」と「インストール」を確認してください。

Citrix Hypervisor 8.2 CU1のインストール後、製品バージョン番号は8.2.1と表示されます。

アップグレードとアップデートのオプション

次の以前のバージョンから、Citrix Hypervisor 8.2 CU1にアップグレードまたはアップデートできます:

  • Citrix Hypervisor 8.2

    Citrix Hypervisor 8.2累積更新プログラム1 ISOファイルを使用して、最新の累積更新プログラムに_アップデート_します。詳しくは、「アップデート」を参照してください。

  • XenServer 7.1 CU2

    Citrix Hypervisor 8.2累積更新プログラム1基本インストールISOのファイルを使用して、最新リリースに_アップグレード_します。詳しくは、「アップグレード」を参照してください。

必ずプールマスターを先にアップデートまたはアップグレードしてから、プール内のそのほかのサーバーをアップデートまたはアップグレードします。

XenCenterを使用してサーバーを更新する場合は、次の前提条件を完了してください:

  1. 開始する前に、XenCenterをCitrix Hypervisor 8.2のダウンロードページにある最新バージョンに更新します。
  2. クライアントID JSONファイルを取得します。詳しくは、「XenCenterを認証してアップデートを受信する」を参照してください。

XenCenterの最新バージョンは、Citrix Hypervisor 8.2のダウンロードページからダウンロードすることもできます。Citrix Hypervisor 8.2累積更新プログラム1にアップグレードまたはアップデートする前に、すべての仮想マシンのツールを最新バージョンにアップグレードまたはアップデートしてください。

アップデートの注意

XenCenterでサーバーをアップデートすると、利用可能なアップデートのリストには、Citrix Hypervisor 8.2 CU1と、Citrix Hypervisor 8.2用に現在リリースされているまだ適用されていないHotfixが表示されます。

Citrix Hypervisor 8.2 CU1にはこれまでにリリースされたすべてのHotfixが含まれているため、Citrix Hypervisor 8.2用の以前にリリースされたHotfixをインストールする必要はありません。詳しくは、「Citrix Hypervisor 8.2 CU1で解決された問題」を参照してください。

Citrix Hypervisor 8.2 CU1のリリース後6か月間は、Citrix Hypervisor 8.2 CU1に含まれていない重要なCitrix Hypervisor 8.2のHotfixがさらに提供されることがあります。これらのHotfixには、必要に応じてCitrix Hypervisor 8.2 CU1と同じHotfixが含まれることになります。お使いの製品がCitrix Hypervisor 8.2の場合、Citrix Hypervisor 8.2のHotfixを適用するか、Citrix Hypervisor 8.2 CU1、およびCitrix Hypervisor 8.2 CU1の追加Hotfixを適用するかを選択できます。

Citrix Hypervisor 8.2で自動アップデート機能を使用して更新プログラムをインストールすることを選択した場合、まずXenCenterを、Citrix Hypervisor 8.2 CU1で利用可能なバージョンにアップデートすることをお勧めします。自動アップデートを選択すると、Citrix Hypervisor 8.2 CU1の更新プログラムと、Citrix Hypervisor 8.2 CU1で利用可能なHotfixが適用されます。詳しくは、「サーバーのアップデート」を参照してください。

Citrix Hypervisor 8.2 CU1でアップデートされるオプションコンポーネント

以下は、Citrix Hypervisor 8.2 CU1用の新規、またはアップデートされたオプションコンポーネントです。その他のすべてのオプションコンポーネントは、Citrix Hypervisor 8.2リリースで利用できるものと同じ内容です。

  • XenCenter 8.2.4
  • ソフトウェア開発キット8.2.2

ライセンス

Citrix Hypervisor 8.2のライセンスが必要なすべての機能を使用するには、Citrixライセンスサーバーをバージョン11.16以降にアップグレードします。

注:

Citrix Hypervisor 8.2累積更新プログラム1にアップグレードする前に、Citrixライセンスサーバー仮想アプライアンスを利用可能な最新バージョンにアップグレードしていることを確認してください。以前のバージョンのCitrixライセンスサーバー仮想アプライアンスは準仮想化(PV)モードで実行され、Citrix Hypervisor 8.2累積更新プログラム1ではサポートされていません。

Citrix Hypervisor 8.2のライセンスについて詳しくは、「ライセンス概要」を参照してください。

Citrix製品との互換性

Citrix Hypervisor 8.2 CU1は、以下のバージョンのCitrix Virtual Apps and Desktopsと相互運用可能です:

  • Citrix Virtual Apps and Desktops 2203
  • Citrix Virtual Apps and Desktops 2112
  • Citrix Virtual Apps and Desktops 1912 LTSR
  • Citrix Cloudを使用してオーケストレートされたCitrix Virtual Apps and Desktops。

このCitrix Hypervisor LTSRは、Citrix Virtual Apps and Desktops LTSRと併用することをお勧めします。

Citrix Hypervisor 8.2 CU1は、Citrix Provisioning 2112および1912 LTSRとの併用もサポートされています。

その他のCitrix製品との相互運用性について詳しくは、「Citrix Upgrade Guide」を参照してください。

ローカライズのサポート

このリリースでは、XenCenterの日本語および簡体字中国語バージョンも使用できます。

製品ドキュメント

Citrix Hypervisor 8.2 LTSRの製品ドキュメントにアクセスするには、Citrix Hypervisorの製品ドキュメントを参照してください。