Citrix Hypervisor

ワークロードバランス

ワークロードバランスは、仮想アプライアンスとしてパッケージ化されたCitrix Hypervisor Premium Editionコンポーネントであり、次の機能を提供します:

  • Citrix Hypervisor環境内の仮想マシンのパフォーマンスに関するレポートを作成する。

  • リソース使用量を評価して、仮想マシンの最適な再配置先ホストを検出する。

  • 仮想マシンのワークロードをCitrix Hypervisorのリソースプール内のホスト間で分散させる。

  • 仮想マシンを起動するときに、最適なサーバーを決定する。

  • シャットダウンした仮想マシンの再開に最適なホストを決定する。

  • ホストに障害が発生した場合の仮想マシンの移行先を決定する。

  • ホストを保守モードに切り替えたり保守モードから切り替えたりする場合の仮想マシンの移行先を決定する。

ワークロードバランスによるワークロードの最適化は、自動的に実行されるようにしたり、管理者が選択的に実行できるようにしたりできます。また、特定のスケジュールに従ってホストの電源が自動的に切断されるように設定することもできます。たとえば、電力を節約するために夜間に電源を切るようにサーバーを構成します。

ワークロードバランスは、プール内の仮想マシンの使用状況を評価します。ホストのパフォーマンスがしきい値を超えている場合、ワークロードバランスは仮想マシンをプール内の低負荷ホストに再配置します。仮想マシンを移行することで、各ホストでのリソース負荷を分散させます。

再配分と配置の推奨がご使用の環境での必要性に合致するようにするには、次のいずれかの方法でワークロードを最適化するようにワークロードバランスを構成します:

  • リソースのパフォーマンスを最大化する
  • ホストに配置する仮想マシンの数を最大化する

これらの最適化モードは、特定のスケジュールに従って自動的に切り替えることも、常に同じモードにしておくこともできます。また、リソース負荷の各測定基準:CPU、ネットワーク、ディスク、およびメモリの重要度を調節して、環境に適した最適化が行われるように設定できます。

リソースプールの能力を評価するには、ワークロードバランスの履歴レポートを参照して、リソースプールやホストのヘルス状態、最適化や仮想マシンのパフォーマンス、および仮想マシンの移行履歴を確認します。

ワークロードバランスではパフォーマンスのデータが記録されるため、仮想環境について、ワークロードレポートと呼ばれるレポートを生成することができます。詳しくは、「ワークロードレポートの生成」を参照してください。

注:

  • ワークロードバランスは、Citrix Hypervisor Premium Editionのユーザー、またはCitrix Virtual Apps and DesktopsやCitrix DaaSの利用特典によりCitrix Hypervisorにアクセスできるユーザーが使用できます。Citrix Hypervisorのライセンスについて詳しくは、「ライセンス」を参照してください。Citrix Hypervisorライセンスをアップグレードまたは購入するには、Citrix Webサイトにアクセスしてください。
  • 単一のワークロードバランス仮想アプライアンスは、仮想アプライアンスのリソース(vCPU、メモリ、ディスクサイズ)に応じて、最大100プールまでの複数のプールを管理できます。これらのプール全体で、仮想アプライアンスは最大1000の仮想マシンを管理できます。ただし、1つのプールに多数の仮想マシン(たとえば、400を超える仮想マシン)がある場合は、そのプール専用に1つのワークロードバランス仮想アプライアンスを使用することをお勧めします。
  • ワークロードバランス8.2.0以降は、XenServer 7.1 CU2およびCitrix Hypervisor 8.2と互換性があります。
  • XenServer 7.1 CU2ホストでワークロードバランス仮想アプライアンスの最新バージョンを実行するには、XenServer 7.1 CU2ホストにHotfix XS71ECU2040をインストールします。これにより、すべてのワークロードバランス機能を使用できます。

ワークロードバランスの基本概念

仮想マシンを実行すると、物理ホスト上のリソースが消費されます。これらのリソースとしては、CPU、メモリ、ネットワーク読み取り、ネットワーク書き込み、ディスク読み取り、およびディスク書き込みがあります。仮想マシンのワークロードによっては、同じホスト上のほかの仮想マシンよりも多くのCPUリソースが消費されます。ワークロードは、仮想マシン上で実行するアプリケーションやトランザクションで決まります。使用可能なリソースの量は、ホスト上のすべての仮想マシンで消費されるリソースの総量の分だけ減少します。

ワークロードバランスでは、仮想マシンおよび物理ホストのリソースパフォーマンスデータが収集され、データベースに格納されます。これらのデータと管理者による設定に基づいて、リソースプールを最適化するために仮想マシンをどのホストに再配置(移行)するかが計算され、推奨項目として提示されます。

最適化とは、目標に合わせてホストを「改善」することです:ワークロードバランスで生成される推奨項目により、リソースプールのパフォーマンスまたは密度を改善できる、プール内での仮想マシンの再配置案が示されます。ワークロードバランスは、次の最終目標に合わせて推奨項目を生成します:プール内の仮想マシン間のバランスをとる。ワークロードバランスによる最適化とは、これらの推奨項目を適用する操作を指します。

ワークロードバランスを有効化すると、XenCenterにより、仮想マシンの起動に最適なホストが評価されます。この評価は、以下の場合にも提供されます:

  • 電源オフの仮想マシンを起動するとき
  • 一時中止中の仮想マシンを起動するとき
  • 別のホストに仮想マシンを移行するとき(移行およびメンテナンスモード)

ワークロードバランスでは、以下のいずれかの最適化モードを選択できます。

  • パフォーマンス:サーバー上の物理リソース(CPU、メモリ、ネットワーク、およびディスク)の使用効率を最適化します。ワークロードバランスでパフォーマンスの最適化を選択すると、各仮想マシンが使用できるリソースの量が最大になるように再配置の推奨項目が作成されます。

  • 密度:ホスト上の仮想マシンの数を最適化します。ワークロードバランスで密度の最適化を選択すると、リソースプール内で稼働するサーバーの数を最小化するように仮想マシンが配置されます。これにより、仮想マシンに十分な計算能力があることが保証されます。

ワークロードバランスは、高可用性の設定とは競合しません:これらの機能は互換性があります。

リソースプールの要件

ワークロードバランスでプールのワークロードを管理するには、プールが以下の要件を満たしている必要があります:

  • すべてのサーバーに、Premium Editionライセンス、またはCitrix Virtual Apps and DesktopsやCitrix DaaSの利用特典が適用されている。

  • すべてのサーバーが、以下のライブマイグレーション要件を満たしている:

    • リモートの共有ストレージ

    • 類似したプロセッサ構成

    • ギガビットイーサネット

  • プールにvGPU対応の仮想マシンが含まれていない。ワークロードバランスでは、vGPUが接続されている仮想マシンの容量を計画することはできません。

単一のワークロードバランス仮想アプライアンスは、仮想アプライアンスのリソース(vCPU、メモリ、ディスクサイズ)に応じて、最大100プールまでの複数のプールを管理できます。これらのプール全体で、仮想アプライアンスは最大1000の仮想マシンを管理できます。ただし、1つのプールに多数の仮想マシン(たとえば、400を超える仮想マシン)がある場合は、そのプール専用に1つのワークロードバランス仮想アプライアンスを使用することをお勧めします。

ワークロードバランス