Citrix Hypervisor

小型デバイスへのインストール

Citrix Hypervisorを使用すると、デバイスが小さいお客様は、従来のDOSパーティションレイアウトを使用してCitrix Hypervisor 8.2 Cumulative Update1をインストールできます。小型デバイスとは、ディスクスペースが12GB以上46GB未満のデバイスのことです。従来のDOSパーティションレイアウトには以下が含まれます。

  • 4GBの起動パーティション

  • 4GBのバックアップパーティション

  • SRパーティション(ローカルディスク上にある場合)

注:

従来のDOSパーティションレイアウトは、UEFIブートではサポートされていません。

小型デバイスにをインストールする場合は、dom0パラメーターにdisable-gptを追加する必要があります。menu.c32コマンドを使用して、パラメーターをdom0に追加できます。

  1. ブートメニューにアクセスします。

  2. boot:プロンプトで、「menu.c32」と入力し、Enterキーを押します。

  3. カーソルキーを使用して、以下のインストールオプションを選択します:

    • 単一パスのLUNの場合は、installを選択します。

    • マルチパスのLUNの場合は、multipathを選択します。

  4. Tabキーを押します。

  5. カーソルキーを使用して、/install.imgで終わる行を編集し、最後の---の前にパラメーターdisable-gptを含めます。

    たとえば、次のようになります:... disable-gpt --- /install.img

  6. Enterキーを押します。

    Citrix Hypervisorサーバーのインストールが通常どおりに処理されます。

注:

インストール処理前からホストに存在するユーティリティパーティションは保持されます。

重要:

46GB以上のディスクスペースを割り当て、新しいGPTパーティションレイアウトでCitrix Hypervisorをインストールすることをお勧めします。詳しくは、「[ホストのパーティションレイアウト]」((/ja-jp/citrix-hypervisor/install/partition-layout.html))を参照してください。

小型デバイスへのインストール