Citrix Hypervisor

Citrix Hypervisorのオープンソースライセンスと帰属

Citrix Hypervisor製品は、ソフトウェアパッケージをコンパイルしたものです。各パッケージは、独自のライセンスによって管理されます。特定のパッケージに適用される完全なライセンス条項は、パッケージのソースRPMに記載されています。これは、パッケージがソースの再配布を許可しない独自のライセンスの対象である場合を除きます(この場合、ソースRPMは利用できません)。

Citrix Hypervisorディストリビューションには、CentOS LinuxおよびCentOS Streamのコンテンツが含まれています。CentOS ProjectがCentOS LinuxまたはCentOS Streamディストリビューションを構成するパッケージの著作権を保持している場合、その著作権は、特に明記されていない限り、GPLv2ライセンスで許諾されています。詳しくは、「https://www.centos.org/legal/licensing-policy/」を参照してください。

インストールされているCitrix Hypervisorサーバーの帰属およびライセンス情報の抽出

この記事では、Citrix Hypervisorのインストールに含まれるすべてのRPMパッケージからライセンス情報を抽出する方法について説明します。

概要情報の取得

すべてのRPMとそのライセンスを一覧表示するには:

  1. SSHを使用して、またはXenCenterでCitrix Hypervisorサーバーコンソールに接続します。
  2. コンソールコマンドラインで、次のコマンドを実行します:

    rpm -qa --qf '%{name}-%{version}: %{license}\n'
    

    このコマンドは、インストールされているすべてのコンポーネントと、それらを配布しているライセンスを一覧表示します。出力は次の形式です:

    readline-6.2: GPLv3+
    gnupg2-2.0.22: GPLv3+
    libdb-5.3.21: BSD and LGPLv2 and Sleepycat
    rpm-python-4.11.3: GPLv2+
    sqlite-3.7.17: Public Domain
    qrencode-libs-3.4.1: LGPLv2+
    libselinux-2.5: Public Domain
    ustr-1.0.4: MIT or LGPLv2+ or BSD
    gdbm-1.10: GPLv3+
    procps-ng-3.3.10: GPL+ and GPLv2 and GPLv2+ and GPLv3+ and LGPLv2+
    p11-kit-trust-0.23.5: BSD
    device-mapper-libs-1.02.149: LGPLv2
    xenserver-release-8.2.50: GPLv2
    elfutils-libs-0.170: GPLv2+ or LGPLv3+
    xz-libs-5.2.2: LGPLv2+
    dbus-1.10.24: (GPLv2+ or AFL) and GPLv2+
    elfutils-libelf-0.170: GPLv2+ or LGPLv3+
    systemd-sysv-219: LGPLv2+
    jemalloc-3.6.0: BSD
    <!--NeedCopy-->
    

詳細情報を入手する

インストールされている各コンポーネントに関して、より完全な情報の一覧を取得するには、次のように実行します:

  1. SSHを使用して、またはXenCenterでCitrix Hypervisorサーバーコンソールに接続します。
  2. コンソールコマンドラインで、次のコマンドを実行します:

    rpm -qai | sed '/^Name /i\\n'
    

    出力は次の形式です:

    Name        : host-upgrade-plugin
    Version     : 2.2.0
    Release     : 1.xs8
    Architecture: noarch
    Install Date: Thu 03 Jun 2021 08:36:59 AM UTC
    Group       : Unspecified
    Size        : 97131
    License     : GPL
    Signature   : (none)
    Source RPM  : host-upgrade-plugin-2.2.0-1.xs8.src.rpm
    Build Date  : Fri 09 Oct 2020 02:58:51 PM UTC
    Build Host  : 2da9e81a970c4f02af07e64918d7f5f3
    Relocations : (not relocatable)
    Packager    : Koji
    Vendor      : Citrix Systems
    Summary     : Host upgrade plugin
    Description :
    Host upgrade plugin.
    
    Name        : m4
    Version     : 1.4.16
    Release     : 10.el7
    Architecture: x86_64
    Install Date: Thu 03 Jun 2021 08:36:22 AM UTC
    Group       : Applications/Text
    Size        : 525707
    License     : GPLv3+
    Signature   : RSA/SHA256, Wed 25 Nov 2015 03:16:04 PM UTC, Key ID 24c6a8a7f4a80eb5
    Source RPM  : m4-1.4.16-10.el7.src.rpm
    Build Date  : Fri 20 Nov 2015 07:28:07 AM UTC
    Build Host  : worker1.bsys.centos.org
    Relocations : (not relocatable)
    Packager    : CentOS BuildSystem <http://bugs.centos.org>
    Vendor      : CentOS
    URL         : http://www.gnu.org/software/m4/
    Summary     : The GNU macro processor
    Description :
    A GNU implementation of the traditional UNIX macro processor.  M4 is
    useful for writing text files which can be logically parsed, and is used
    by many programs as part of their build process.  M4 has built-in
    functions for including files, running shell commands, doing arithmetic,
    etc.  The autoconf program needs m4 for generating configure scripts, but
    not for running configure scripts.
    <!--NeedCopy-->
    

詳細情報を入手する

ほとんどの場合、各コンポーネントに関する詳細情報と完全なライセンステキストは、/usr/share/doc/または/usr/share/licensesのいずれかにインストールされます。

たとえば、次のコマンドを実行すると、コンポーネントjemalloc-3.6.0に関する詳細情報を見つけることができます:

ls -l /usr/share/doc/jemalloc-3.6.0/

total 120
-rw-r--r--. 1 root root   1703 Mar 31  2014 COPYING
-rw-r--r--. 1 root root 109739 Mar 31  2014 jemalloc.html
-rw-r--r--. 1 root root   1084 Mar 31  2014 README
-rw-r--r--. 1 root root     50 Mar 31  2014 VERSION

ただし、CentOSによって配布される一部のコンポーネントでは、ライセンステキストがCitrix Hypervisor製品にインストールされていません。これらのコンポーネントのライセンステキストを表示するには、ソースRPMの内部を確認します。Citrixは、Citrix HypervisorサーバーのソースRPMを次の場所で利用できるようにします

  • 最初の製品リリースでは、ソースファイルは製品ダウンロードページで提供されます。
  • 初期リリースの更新プログラムまたは修正プログラムについては、更新されたソースファイルがCitrixサポートサイトの対応する記事に記載されています。

特定のコンポーネントのソースファイル名は、詳細情報の出力の「Source RPM」の値で確認できます。次に例を示します:

Source RPM : m4-1.4.16-10.el7.src.rpm
<!--NeedCopy-->

複数のライセンス

Citrix Hypervisor製品の一部のコンポーネントには、複数のライセンスが含まれています。たとえば、procps-ng-3.3.10には次の要素が含まれています:

  • 元のGPL(またはそれ以降のバージョン)でライセンス付与されている一部の要素
  • GPLバージョン2(のみ)でライセンス付与されている一部の要素
  • GPLバージョン2(またはそれ以降のバージョン)でライセンス付与されている一部の要素
  • GPLバージョン3(またはそれ以降のバージョン)でライセンス付与されている一部の要素
  • LGPLバージョン2(またはそれ以降のバージョン)でライセンス付与されている一部の要素

この場合、詳細については/usr/share/doc/procps-ng-3.3.10のドキュメントを調べるか、必要に応じて、対応するソースRPMを調べます。

その他のCitrix Hypervisorコンポーネント

サプリメンタルパック

サプリメンタルパックはCitrix Hypervisorサーバーにインストールされています。サーバーにサプリメンタルパックがインストールされている場合、それらのRPM情報はこの記事の前のセクションの手順を完了すると含まれるようになります。

サプリメンタルパックのソースファイルは製品ダウンロードページでも提供されています。

XenCenter

XenCenterに含まれているサードパーティコンポーネントに関する情報を表示するには、次の手順を実行します:

  1. XenCenterで、[ヘルプ]>[バージョン情報] に移動します。
  2. [著作権情報を表示 ] をクリックします。

XenCenterのソースファイルは製品ダウンロードページでも提供されています。

Windows向けCitrix VM Tools

Windows向けCitrix VM Toolsは、次のコンポーネントで構成されています:

  • 専用ライセンスの対象となる管理エージェント。
  • BSD2ライセンスの対象となるWindows I/Oドライバー。Copyright Citrix Systems, Inc.

    ライセンス情報は、各ドライバーのINFファイルに含まれています。Windows Updateまたは管理エージェントインストーラーによってドライバーがWindowsシステムにインストールされると、INFファイルは C:\Windows\INF\OEM*.infとして保存されます。管理エージェントインストーラーは、C:\Program Files\Citrix\XenTools\Drivers***.infにもINFファイルを配置します。

Windows向けCitrix VM Toolsのソースは提供されていません。

Linux向けCitrix VM Tools

Linux向けCitrix VM Toolsは、BSD2ライセンスの対象となります。Copyright Citrix Systems, Inc.

製品ダウンロードページにあるアーカイブファイルには、ツールのライセンスファイルとソースファイルが含まれています。

仮想アプライアンス

次の仮想アプライアンスは、Citrix Hypervisor環境のオプションコンポーネントとして提供されています。

  • Demo Linux Virtual Appliance
  • Citrix Hypervisor Conversion Manager仮想アプライアンス
  • ワークロードバランス仮想アプライアンス

これらの仮想アプライアンスもCentOSベースです。Citrix Hypervisorサーバーに指定されているものと同じコマンドを使用して、仮想アプライアンスに含まれているオープンソースパッケージの概要と詳細情報を取得できます。

仮想アプライアンスのコンソールで、次のコマンドを実行します:

  • 概要情報の場合:rpm -qa --qf '%{name}-%{version}: %{license}\n'
  • 詳細情報の場合:rpm -qai | sed '/^Name /i\\n'

さらに、Citrix Hypervisor Conversion Manager仮想アプライアンスとワークロードバランス仮想アプライアンスは、一部のサードパーティコンポーネントを動的に使用します。

  • Citrix Hypervisor Conversion Manager仮想アプライアンスの場合、これらのコンポーネントのライセンスファイルは次のパスにあります:/opt/vpx/wlb
  • ワークロードバランス仮想アプライアンスの場合、これらのコンポーネントのライセンスファイルは次のパスにあります:/opt/vpxxcm/conversion

仮想アプライアンスのソースファイルはCitrix Hypervisor製品ダウンロードページにあります。

Citrix Hypervisorのオープンソースライセンスと帰属