コマンド

このセクションでは、vSwitch ControllerのCLIコマンドについて説明します。XenCenter内のController VMのテキストコンソールから、ローカルでCLIにアクセスできます。リモートでCLIにアクセスするには、SSHクライアントアプリケーションを使用し、ポート22でController VMのホスト名またはIPアドレスに接続します。

CLIセッション中に、以下のいずれかの方法でCLIコマンドのヘルプを表示できます:

  • help」と入力してからEnterキーを押します。

  • コマンドの一部に続けて、スペースと疑問符(?)を入力してからEnterキーを押します。

このインターフェイスでは、コマンド引数をTabキーで終了できます。通常、コマンドを各レベルで最も短い一意の文字列に短縮することで入力文字数を減らすことができます。矢印キーを押すと、現在のセッション内のコマンド履歴にアクセスできます。

ライフサイクルコマンド

vSwitch Controllerを停止するには

halt controller

このコマンドでControllerを正常にシャットダウンすることにより、vSwitch Controllerアプライアンスを停止します。

Controllerを再起動するには

restart controller appliance

このコマンドにより、Controllerアプライアンス全体をシャットダウンして再起動します。

このコマンドは、主にトラブルシューティング用です。通常、 haltコマンドはControllerアプライアンスの電源をオフにするために使用されます。

Controllerデーモンを再起動するには

restart controller daemon

このコマンドにより、Controller機能を実装するプロセスをシャットダウンして再起動します。

このコマンドは、主にトラブルシューティング用です。

設定コマンド

vSwitch Controllerを設定するには、次のコマンドを使用します。

Controllerアプライアンスのホスト名を設定するには

set controller hostname hostname

このコマンドにより、Controllerアプライアンスのホスト名を設定します。

指定のホスト名に1つまたは複数のピリオド文字(.)が含まれている場合、アプライアンスのホスト名は最初のピリオドのの文字列に設定されます。アプライアンスのドメイン名は、最初のピリオドのの文字列に設定されます。

DHCPでController管理インターフェイスのIPアドレスを設定するには

set controller management-interface config dhcp

このコマンドにより、Controller管理インターフェイスのIPアドレスがDHCPで設定されるようになります。DHCPが構成されている場合、リソースプールはフェールセーフモードに設定できません。

このコマンドは実行時に有効になるため、アドレスが変更されるとCLIへのリモートアクセスが失われる場合があります。

Controller管理インターフェイスの静的IPアドレスを設定するには

set controller management-interface config static
                            IP-address
                        netmask
                        gateway-IP
                            [dns-server-IP]
                            [dns-server-IP2
                        dns-search]]`

このコマンドにより、Controller管理インターフェイスの静的IPアドレスを設定します。DNS構成情報はオプションです。DNS検索パスを指定するには、2つのDNSサーバーを指定する必要があります。

このコマンドは実行時に有効になるため、アドレスが変更されるとCLIへのリモートアクセスが失われる場合があります。

表示コマンド

現在のvSwitch Cntroller設定に関する情報を表示するには、次のコマンドを使用します。

現在のControllerのホスト名を表示するには

show controller hostname

現在の構成の概要と管理インターフェイスのステータスを表示するには

show controller management-interface

管理インターフェイスの構成値を表示するには

show controller management-interface config

Controllerの現在のデフォルトゲートウェイを表示するには

show controller management-interface default-gateway

Controllerの現在のDNS構成を表示するには

show controller management-interface dns-server

Controller管理インターフェイスの現在のIPアドレスを表示するには

show controller management-interface ip-address

Controller管理インターフェイスの現在のネットマスクを表示するには

show controller management-interface netmask

Controllerのソフトウェアバージョンを表示するには

show controller version

その他のコマンド

現在のCLIセッションを終了するには

exit

コマンドに関する情報を取得するには

help

既存のバージョンのControllerをアップグレードまたはダウングレードするには

install controller software-update scp-format-remote-filename

このコマンドにより、指定したリモートの場所からControllerの更新ファイルを安全にコピーし、既存のバージョンの代わりにそのバージョンをインストールします。

このコマンドを使用して、アップグレードとダウングレードの両方のソフトウェアバージョンをインストールできます。アップグレードにより、構成が自動的に新しいバージョンに移行されます。ダウングレードにより、互換性のあるスナップショットが存在しない場合は、互換性のある最新の構成スナップショットまたは空の構成に戻ります。

指定したリモートシステムに対してpingを実行するには

ping name-or-IP-address [count]

このコマンドにより、名前またはIPアドレスで識別されるリモートシステムにICMPエコー要求を送信し、応答を待ちます。回数が指定されていない場合、Ctrl+Cキーで中断されるまで、1秒に1回要求が送信されます。回数が指定されている場合、その数のpingが送信されます。