vSwitch Controllerの問題のトラブルシューティング

このセクションには、vSwitch Controllerの問題のトラブルシューティングに役立つ情報が記載されています。

リソースツリーノードのステータス

以下の表に、各リソースタイプのステータスアイコンを示します。これらのアイコンは、リソースツリーと、項目の[Status]ページに表示されます。

項目/ステータスアイコン 説明
VIF  
関連する仮想マシン(VM)がシャットダウンまたは到達不能です。
仮想ネットワークインターフェイス(VIF)が動作しており、管理されています。
オレンジ VMは実行中ですが、VIFが属するCitrix HypervisorがvSwitch Controllerに接続されていません。
仮想マシン  
VMがシャットダウンしている、または到達不能です。
VMは実行中であり、VIFが管理されています。
オレンジ VMは実行中ですが、VMが属するCitrix HypervisorがvSwitch Controllerに正しく接続されていません。このステータスは、それぞれのVIFの共有状態によって異なります。
サーバーネットワーク  
Citrix Hypervisorがシャットダウンしているまたは到達不能、あるいはネットワークに関連付けられたVIFがVMにありません。
Citrix HypervisorがvSwitch Controllerに正しく接続されています。
オレンジ Citrix HypervisorのvSwitch Controllerへの接続が正しく構成されていません(関連付けられた物理インターフェイスとVIFの共有状態によって異なります)。
Citrix Hypervisor  
Citrix Hypervisorがシャットダウンしている、または到達不能です。
Citrix HypervisorがvSwitch Controllerに正しく接続されています。
オレンジ Citrix HypervisorのvSwitch Controllerへの接続が構成されていません(関連付けられた物理インターフェイスとVIFの共有状態によって異なります)。
プール全体のネットワーク  
マスターのCitrix Hypervisorがシャットダウンしている、または到達不能です。
マスターのCitrix HypervisorのvSwitch Controllerへの接続が構成されており、その接続が確立して動作しています。
オレンジ マスターのCitrix HypervisorのvSwitch Controllerへの接続が構成されていません(関連付けられた物理インターフェイスとVIFの共有状態によって異なります)。
リソースプール  
マスターのCitrix Hypervisorがシャットダウンしている、または到達不能です。
マスターのCitrix HypervisorのvSwitch Controllerへの接続が構成されており、その接続が確立して動作しています。
オレンジ マスターのCitrix HypervisorのvSwitch Controllerへの接続が構成されていません(関連付けられた物理インターフェイスとVIFの共有状態によって異なります)。

アクセスポリシーの問題のトラブルシューティング

アクセス制御ポリシーが正しく動作していない場合は、以下の提案事項がトラブルシューティングに役立ちます。

  1. ポリシーが影響を与えると思われるVMのVIFの [Status] ページを選択します。ポリシーが正しく処理されないトラフィックを生成する間に、各規則のヒット数を表示します。トラフィックがヒットしていると思われる規則ではなく、実際にヒットしている規則を特定します。デバッグのために、グローバルレベルで最も優先度が低いデフォルト規則として、すべてのトラフィックと一致するデフォルト規則を追加できます。

    注:

    デバッグ中、必要なネットワーク動作に応じた許可または拒否のアクションをこの規則に設定することができます。デバッグ後は、この規則を削除してください。

  2. トラフィックが予想よりも低い優先度の規則にヒットした場合は、規則一致基準を慎重に確認してください。トラフィックの方向が正しく指定されていますか。リモートホストは正しく識別されていますか。プロトコルが正しく定義されていますか。たとえば、プロトコルがTCPポートではなくUDPポートを指定している、またはその逆になっていることはありませんか。

  3. トラフィックが予想よりも高い優先度の規則にヒットした場合は、この規則と、トラフィックがヒットすると予想される規則との間の競合を解決します。競合を解決するには、規則をある程度詳細に再定義するか、2つの規則の相対的な優先順位を変更します。たとえば、規則を特定のリモートIPアドレスのセットにのみ適用するよう変更できます。

  4. VMに複数のVIFがある場合は、ポリシーが適用されるVIF上でトラフィックの送受信が行われていることを確認します。必要に応じて、RSPANを使用して、VIFからネットワークアナライザーへのトラフィックをミラーリングします。このミラーリングされたトラフィックを使用して、規則に一致するはずのトラフィックが存在することを確認できます。

注:

vSwitch Controllerが使用できない場合、リソースプールは構成済みのフェールモードに基づいてアクセス制御規則を適用します。リソースプールのフェールモードについて詳しくは、「ステータスの表示」の「リソースプールレベル」セクションを参照してください。

トラブルレポートの作成

問題を効率的に解決するには、問題に関連するCitrix HypervisorとvSwitch Controllerから情報を収集します。問題の発生後、できるだけ早くこの情報を収集します。トラブルレポートとともにこの情報を提出します。

  • この問題に関連する各Citrix Hypervisorのサーバーの状態レポートを同梱します。サーバーの状態レポートの生成に関する情報については、「ヘルスチェック」を参照してください。

  • [Server & Certificate Maintenance Settings] ページの [Collect and Zip All Logs] をクリックして、vSwitch Controllerからのログバンドルを含めます。詳しくは、トラブルレポートのための情報収集を参照してください。

Controllerのエラーメッセージ

以下のエラーメッセージが表示される場合があります:

  • Connecting to Pool - 新しいプールが追加され、vSwitch Controllerがプールマスタにまだ正常に接続していない場合に表示されます。または、vSwitch Controllerが再起動し、まだプールマスタに正常に接続していないときに表示されます。正常な接続が30秒以内に確立されない場合、このメッセージは「Pool Connection Failed」に置き換えられます。
  • Network control channels disconnected - Citrix HypervisorがvSwitch Controllerに正しく接続されていません。
  • Missing Pool Address - プールに使用できるDNS名またはIPアドレスがありません。
  • Pool Connection Failed - このメッセージは、以下の状況で表示されます:
    • Controllerとプールマスタの間にネットワークの問題がある
    • DNS名前解決に失敗した
    • 無効なDNS名またはプールマスタのIPアドレスがある
    • プールマスタがダウンしている、または構成ミスがある
  • Unsupported Pool Version - プールに構成されたDNS名またはIPアドレスが、Citrix Hypervisorの互換バージョンの名前解決になっていません。
  • Duplicate Pool: Pool Disabled - プールが、vSwitch Controllerデータベースに既に存在する別のプールと同じXAPI UUIDを報告しています。
  • Pool Authentication Failure - 提供されたユーザー名とパスワードでは、vSwitch Controllerのプールマスタへの認証に失敗しました。
  • Pool Identity Changed - プールが再インストールされ、一致するプールのステータスと一致しません。
  • Pool Synchronization Error - XAPIを使用してプールマスタと通信するときに、サポートされていない操作が確認されました。
  • Unknown Error - エラーの原因は不明です。