Citrix Hypervisor

新機能

Citrixは、Citrix Hypervisor Cloudをご使用のお客様に、新機能と製品のアップデートをいち早くお届けするよう取り組んでいます。新しいリリースでは、より便利な機能をご利用いただけます。今すぐ更新してください。段階的に更新することによって、製品の品質を確保しながら、最大限の可用性を実現しています。

Citrix Hypervisor 8 Cloudリリースストリームの更新プログラムは頻繁にリリースされます。Citrix Cloudを使用して、都合のよいときにこれらの更新プログラムをCitrix Hypervisorプールに適用します。

Citrix Hypervisor 8.2 LTSR以降の変更点

  • 証明書の検証機能は、管理ネットワーク上のすべてのTLS通信エンドポイントが、機密情報を送信する前に、ピアを識別するための証明書を検証する機能です。詳しくは、「証明書の検証」を参照してください。

  • Active Directory(AD)ユーザーを認証し、ADサーバーとの通信を暗号化するサービスであるPBISは、Winbindに変更されました。この変更は、アップグレード時に自動的に適用されます。Citrix Hypervisor 8 Cloudにアップグレードした後に外部認証が機能しない場合は、一度ADドメインへの参加をやめて再度参加してください。

    この変更の結果として、動作にいくつかの小さな相違があります:

    • xe pool-enable-external-authコマンドを使用してドメインに参加している場合、config:disable_modulesパラメーターは無視されるようになりました。このパラメーターはPBIS専用です。
    • xe pool-enable-external-authコマンドでは、config:ouパラメーターにより、複数のレイヤーのOU(組織単位)を指定するときの config:ou=a/b/cまたはconfig:ou=c,ou=b,ou=aの形式をサポートするようになりました。
    • Winbindは、14日ごとに、または構成オプションのwinbind_machine_pwd_timeoutで指定したとおりに、マシンアカウントのパスワードを自動的に更新します。
    • Winbindは、以下のシナリオをサポートしていません:

      • ドメインユーザーまたはドメイングループ名の先頭または末尾のスペース。
      • 64文字以上のドメインユーザー名。
      • 特殊文字(+<>”=/%@:,;\`)を含むドメインユーザー名。
      • 特殊文字(,;\`)を含むドメイングループ名。

    詳しくは、「Winbind」を参照してください。

  • ゲストオペレーティングシステムのサポートの変更点。

    次のオペレーティング システムのサポートが追加されました:

    • Debian Bullseye 11(試験段階)

    次のオペレーティングシステムはサポートされなくなりました:

    • Windows Server 2012 R2
    • SUSE Linux Enterprise Desktop 12
    • CentOS 8
    • Debian 8
    • Debian 9
  • PuTTYは、Citrix Hypervisor Center(以前のXenCenter)にバンドルされなくなりました。Citrix Hypervisor Centerを使用してCitrix Hypervisorサーバーに対してSSHコンソールを起動するには、外部SSHコンソールツールをインストールし、Citrix Hypervisor Centerがそれを使用するように構成されていることを確認する必要があります。詳しくは、「外部SSHコンソールを使用するようにCitrix Hypervisor Centerを構成する」を参照してください。

  • 次の機能は、Citrix Hypervisor 8 Cloudでサポートされなくなりました:

    • 従来のパーティションレイアウト
    • ヘルスチェック
    • 動的メモリ制御
    • Measured Boot Supplemental Pack
  • 次のBroadcomバイナリは、Citrix Hypervisorインストールに含まれなくなりました:

    • elxocmcore
    • elxocmcorelibs
    • hbaapiwrapper

    Broadcom Emulexダウンロードページからこれらのバイナリをダウンロードするには、次の手順を実行します:

    1. [Management Software & Tools] セクションに移動します。
    2. [Emulex HBA Manager Core Application Kit (CLI) for Citrix XenServer] をダウンロードします。
  • 次のMarvellコマンドラインバイナリは、Citrix Hypervisorインストールに含まれなくなりました:

    • Citrix用のQConvergeConsole CLI(QCC)
    • QCS

    Marvell QLogicダウンロードページからQCCをダウンロードするには、次の手順を実行します:

    1. [Adapters] タブを選択します。
    2. 左側のパネルで、アダプターの種類を選択します。
    3. 中央のパネルで、自分のアダプターのモデルを選択します。
    4. 右側のパネルで、[Citrix Hypervisor] を選択します。
    5. **[Go]をクリックします。入手可能なダウンロードファイルのページにリダイレクトされます。
    6. [QConvergeConsole CLI for Citrix (QCC)] をダウンロードします。

    このアプリケーションをインストールする方法については、「QConvergeConsole Command Line Utility User’s Guide」の指示に従ってください。

新機能