解決された問題

この記事では、このリリースで解決された以前の問題について説明します。

セキュリティ

  • Citrix Hypervisor 8.1にはCVE-2018-12207の緩和策が含まれています効果を得るにはこれらの緩和策を有効にする必要があります。詳しくは、「https://support.citrix.com/article/CTX263718」を参照してください。(CA-330154)

一般

  • ライブマイグレーション、ストレージライブマイグレーション、およびVDIマイグレーションは、VIFが接続されていない仮想マシンで失敗する場合があります。この障害の後、仮想マシンはシャットダウンモードで停止します。(CA-327906)

  • プール内ストレージのライブマイグレーションの完了時に、この情報が記録されません。その結果、操作が進行中としてリストに表示されます。これらの「進行中」の操作があると、ホストのアップグレードや更新など、ホストの退避が必要なアクションの実行がホストでブロックされる可能性があります。(CA-326621)

  • ツールスタックの再起動中に、xcp-rrddはCPUを100%、長時間使用する可能性があります。(CA-322045)

  • 多数のストレージリポジトリを追加すると、XAPIでファイル記述子が不足する可能性があります。(CA-322044)

  • 高可用性デーモンが起動時に以前に失敗した場合、高可用性は起動できない可能性があります。次のエラーメッセージが表示されます:「ライブセットを形成できないため、プールの高可用性を有効にできませんでした。ストレージおよびネットワークハートビートのパスを確認してください。」(CA-315962)

  • dom0のvCPUカウントが、ホスト上のCPUの数に誤って設定されていました。(CA-312644)

  • ストレージガベージコレクション処理が継続的に実行され、スナップショットの取得、結合、削除をほぼ永続的に繰り返す場合があります。これにより、ほとんどメリットのない高いIOPS負荷が発生します。(CA-328536)

  • 読み取りキャッシュを有効にすると、リーフからよりも親スナップショットからの読み取りが大幅に遅くなります。これは、順次読み取りで改善されました。(CA-327558)

  • 最初にCitrix HypervisorサーバーがXenServer 6.5以前でインストールされ、その後XenServer 7.6にアップグレードされた場合(中間リリースのアップグレードパスを使用)、ロギング機能が機能しないことがあります。(CA-319463)

  • xenstoreユーティリティで使用可能な機能が拡張されました。(CA-327088)

グラフィック

  • AMD MxGPUが接続されている仮想マシンを強制的にシャットダウンした場合、またはゲストOSが異常なシャットダウンをした場合、 Citrix Hypervisorサーバーのメモリが破損する可能性があります。協調的なシャットダウンを実行して、シャットダウンの処理中にハードウェアが正しくクリーンアップされるようにします。(CA-297891)

  • まれに、複数のNVIDIA vGPUが接続された仮想マシンが起動時に黄色のアイコンで停止することがあります。これは、vGPUの1つで「compatibility-metadata」が間違って設定されていることが原因の可能性があります。メタデータを削除するには、その仮想マシンを一時停止して再開します。(CA-312226)

ゲスト

  • PVSアクセラレータを有効にした後、複数の仮想マシンを同時に起動すると、ターゲットデバイス仮想マシンがPVSサーバーのログインで「ログイン要求のタイムアウト」エラーで停止することがあります。(CA-314317)

  • viridianフラグを有効にしてWindows仮想マシンを実行すると、仮想マシンがクラッシュする場合があります。(CA-321550)

インストール

  • ユーザー名またはパスワードにURLエンコードされた文字が含まれている場合、正しく解析されません。この問題により、Citrix Hypervisorのインストールが失敗します。(CA-329747)

ストレージ

  • GFS2ストレージリポジトリは、クラスター化されたストレージの非同期プラグが原因で、「サーバー起動時のストレージ接続に失敗しました」という誤ったアラートを生成することがあります。XenCenterのストレージリポジトリステータスを確認して、アラートが誤検知であったかどうかを確認します。(CA-311625)

  • ストレージマネージャーのガベージコレクター処理により、ゾンビプロセスが生成されます。このエラーにより、Citrix Hypervisorの速度が低下し、プロセスIDが使用できなくなるためプロセスが失敗します。(CA-327382)

XenCenter

  • XenCenterのストレージライブマイグレーションまたはOVF/OVAのインポートウィザードの [次へ] ボタンが無効のままで処理を続行できないことがあります。この問題が発生した場合は、XenCenterを再起動してもう一度やり直してください。(CA-314346)

  • XenCenter 7.6以前で、XenCenterはサポートされている最大サイズを超えるVDIの作成ができる状態になっていました。(XSI-465)