Citrix Hypervisor

解決された問題

この記事では、このリリースで解決された以前の問題について説明します。

一般

  • Citrix Hypervisor 8.0から更新されたCitrix Hypervisor 8.1システムの場合、XAPIの再起動後に次のサービスでエラーが表示されることがあります:

    • usb-scan.service
    • storage-init.service
    • xapi-domains.service
    • mpathcount.service
    • create-guest-templates.service

    これらのサービスのエラーはさまざまな問題を引き起こす可能性があります。たとえば、自動的に起動するよう構成された仮想マシンが起動しないことがあります。この問題は、xapi-wait-init-complete.serviceが有効になっていないことが原因で発生します。(CA-333953)

  • 大量のRAMを搭載したシステムでのCitrix Hypervisorの起動時間、メモリ計算、および安定性が改善しました。(CP-33195)

  • ソフトウェアFCoE接続を持つシステムでは、Dom0カーネルで永続的なメモリリークが発生する可能性があります。このメモリリークにより、最終的にホストのクラッシュ、突然の接続の切断、その他の問題が発生します。(CA-332618)

  • C# SDKと、対応するPowerShellモジュールコマンドレットで、DateTimeパラメーターを受け取るメソッドの一部が内部エラーで失敗します。(CA-333871)

  • USBパススルーは、バージョン2.00デバイスで12Mbps以下の速度では機能しません。(CA-328130)

  • エラー状態によってはまれに、プールマスターのXAPIプロセスで、スタンネル接続のファイル記述子のリークが発生することがあります。この問題により、プールが操作不能になることがあります。(CA-337546)

  • サーバー上の/etc/passwdまたは/etc/groupファイルに不正なコンテンツや予期しないコンテンツがある場合、以前のバージョンのXenServerからCitrix Hypervisor 8.1へのアップグレードが失敗することがあります。(CA-336696)

  • システムをシャットダウンすると、クラッシュが発生して代わりにシステムが再起動されることがあります。(CA-334114)

  • 以前に誤ったバージョンのドライバーディスクをインストールしようとした場合、yumキャッシュにデータが残っているために、以降のドライバーディスクのインストールが失敗することがあります。(CA-330961)

ゲスト

  • Windows VMにCitrix VM Toolsをインストールすると、次のエラーメッセージが表示されてインストールが失敗することがあります:Service 'Citrix XenServer Windows Management Agent' (XenSvc) could not be installed. Verify that you have sufficient privileges to install system services.。この問題を回避するには、Citrix VM Toolsをアンインストールし、仮想マシンを再起動し、新しいツールをインストールします。

  • Citrix VM ToolsがインストールされているCentOS 8仮想マシンでは、起動時間が遅くなることがあります。(CA-333687)

  • プールメンバーからの仮想マシンの移行に12時間以上かかる場合は、接続のリセットエラーになって失敗することがあります。この障害は、プールマスターとプールメンバーとの間のアイドル接続がタイムアウトすることで発生します。(CA-333610)

  • 管理エージェントがWindows仮想マシンにインストールされている場合、1MBを超えるテキストをクリップボードにコピーしようとすると、仮想マシンが応答しなくなることがあります。(CA-326354)

  • ストレージリポジトリなどのオブジェクトが破棄されると、そのRRDはメモリから削除されません。そのため、メモリ使用量が時間の経過とともに増加することがあります。(CA-325582)

ストレージ

  • 2 TBを超える空き領域があるシンプロビジョニングされたLUNで領域の解放を実行すると、ioctl not supportedエラーによって操作が失敗します。(CA-332782)

  • 名前または説明にUnicode文字を含むVDIを作成すると、GFS2ストレージリポジトリでエラーが発生してデータベースバックアップスクリプトが失敗します。(CA-335367)

  • xcp-rrdd-iostatデーモンはIntelliCacheに関連付けられたVDIを有効とは認識しないため、ログファイルにスパムが発生します:Could not file device with physical path... (CA-144246)

XenCenter

  • XenCenterからLVMストレージリポジトリを作成し、CHAP資格情報を渡すと、認証エラーで操作が失敗することがあります。(CA-337280)

改善点

  • リーフ結合時の入出力の許容値が大きくなりました。この変更は、アクティブな仮想マシンで定期的にスナップショットを作成しているお客様にとってメリットがあります。(CP-32204)

  • 大きなリーフの結合の許容値が大きくなりました。この変更は、高速ストレージを使用しているお客様にとってメリットがあります。(CP-32204)

  • リモートのWindowsまたはLinuxシステムにインストールできるxe CLIクライアントには、次の改善点があります:

    • xe CLIクライアントでアップロードできるファイルは、32MiB未満の構成ファイルのみとなりました
    • xe CLIクライアントでアップロードまたはダウンロードできるファイルは、元のコマンドライン引数にリストされているファイルのみです
    • 診断xe CLIコマンドは、プール管理者またはプールオペレーターの役割を持つユーザーに限定されます

    リモートシステムのxe CLIのバージョンを、Citrix Hypervisor 8.2で提供される最新バージョンに更新します。

  • デバイスごとの読み取りおよび書き込み遅延メトリックスは、操作ごとの平均遅延を示します。以前、この平均は、実行されたすべての操作を引き継いでいました。今回、平均は直前の5秒を引き継ぐようになりました。この変更により、進行中のディスク操作がない場合にメトリックスに一定の読み取りまたは書き込み遅延が表示される問題が修正されました。(CA-336067)

解決された問題