XenServer 7.1以降の新機能

Citrix Hypervisor 8.2はLTSRリリースです。LTSRをご利用中で、XenServer 7.1 CU2からアップグレードする場合は、Citrix Hypervisor 8.2で追加された機能だけでなく、現在のリリースで追加されたすべての機能を使用できます。

この記事には、XenServer 7.1 CU2以降に追加されたすべての新機能の一覧が含まれています。ただし、以前のLTSR以降に削除された機能もあります。削除および廃止された機能の詳細については、「廃止と削除」を参照してください。

リブランディング

Citrix Hypervisor 8.0以降、Citrix Hypervisorの製品および機能を説明するために使用される用語の一部が変更されました。新しい名前については、次の表を参照してください。

以前の用語 新しい用語
XenServer Citrix Hypervisor
XenServer PV Tools Citrix VM Tools
XenMotion ライブマイグレーション
Storage XenMotion ストレージライブマイグレーション
Enterprise Edition Premium Edition
Free Edition Express Edition

プラットフォームの更新

Citrix Hypervisorプラットフォームは、次のソフトウェアを使用するように更新されました:

  • カーネルのバージョン:Linux 4.19
  • Xenハイパーバイザーのバージョン:4.13
  • コントロールドメインオペレーティングシステムのバージョン:CentOS 7.5

カーネルバージョンの更新の一環として、制御ドメイン(dom0)に割り当てられるメモリ量が増加しました 。詳しくは、「メモリ使用率」を参照してください。

カーネルデバイスドライバーも新しいバージョンに更新されました。以前のリリースでサポートされていた一部のハードウェアは、新しいドライバーと互換性がない可能性があります。Citrix Hypervisor 8.2にアップグレードする前に、「ハードウェア互換性リスト(英語)」を確認してください。

さらに、Citrix Hypervisorで提供される以下のアプライアンスは、CentOS 7.5を基本オペレーティングシステムとして使用するように更新されました:

  • Citrix Hypervisor Conversion Manager仮想アプライアンス
  • ワークロードバランス仮想アプライアンス
  • Demo Linux Virtual Appliance

ワークロードバランスアプライアンスとConversion Managerアプライアンスのプラットフォームの更新

これらの追加コンポーネントでは、次の改善が行われました:

  • プラットフォームをCentOS 7.7に更新
  • Citrix Hypervisorとの通信にJSON-RPCを使用することでパフォーマンスを向上
  • OpenSSLをバージョン1.1.1に更新
  • 他のサードパーティライブラリを更新することでセキュリティとパフォーマンスを向上
  • TLS 1.2の適用によりセキュリティを確保

プロセッサのサポートの変更

次のプロセッサがサポートされるようになりました:

  • Xeon 82xx/62xx/52xx/42xx/32xx CascadeLake-SP
  • AMD EPYC 7xx2(P)
  • Intel Processor families E-21xxG/21xx(Coffee Lake S)

以下の従来のプロセッサはサポートされなくなりました:

  • Opteron 13xx Budapest
  • Opteron 23xx/83xx Barcelona
  • Opteron 23xx/83xx Shanghai
  • Opteron 24xx/84xx Istanbul
  • Opteron 41xx Lisbon
  • Opteron 61xx Magny Cours
  • Xeon 53xx Clovertown
  • Xeon 54xx Harpertown
  • Xeon 55xx Nehalem
  • Xeon 56xx Westmere-EP
  • Xeon 65xx/75xx Nehalem-EX
  • Xeon 73xx Tigerton
  • Xeon 74xx Dunnington
  • Xeon E3/5/7ファミリ - Sandy Bridge
  • Xeon E3/5/7 v2ファミリ - Ivy Bridge

詳しくは、ハードウェア互換性リスト(英語)を参照してください。

ゲストサポートの変更

Citrix Hypervisorでは、PVモードで動作するゲストはサポートされなくなりました。詳しくは、「廃止と削除」を参照してください。

Citrix Hypervisor 8.2でサポートされているゲストオペレーティングシステムの一覧については、「ゲストオペレーティングシステムのサポート」を参照してください。

相互利用

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス利用者のCitrix Hypervisor権限

オンプレミスでCitrix Virtual Apps and Desktopsを使用できるCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスのクラウドサブスクリプションをお持ちの場合、Citrix Hypervisorでこれらのアプリやデスクトップをホストする権限があります。

このライセンスでは、オンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktopsの権限と同様にすべてのPremium機能を使用できます。ライセンス管理ツールを使用してライセンスをダウンロードします。このライセンスをライセンスサーバーにインストールして、Citrix Virtual Apps and DesktopsサブスクリプションでオンプレミスのCitrix Hypervisor環境を使用します。

Citrix Virtual Desktopsタブレットモード(Premium Edition)の有効化

Citrix HypervisorおよびCitrix Virtual Desktopsは、仮想化環境でWindows 10 Continuumエクスペリエンスを有効にできる唯一のデスクトップ仮想化ソリューションです。Citrix HypervisorとXenDesktop 7.14以降を組み合わせることで、タブレットモードを使用できます。

Citrix Virtual Desktopsタブレットモードを有効にする方法について詳しくは、「Citrix Virtual Apps and Desktopsのドキュメント」を参照してください。

Citrix Directorの統合

Citrix Directorバージョン7.16以降を使用して、Citrix HypervisorでホストされているサーバーおよびデスクトップOSマシンにアクセスできるようになりました。これによって、Citrix Virtual Apps and Desktopsユーザーは、Citrix HypervisorがホストするVDAの問題を解決するためにXenCenterを使用する必要がなくなりました。

詳しくは、Directorドキュメントを参照してください。

XenCenter

Citrix Hypervisor Conversion Managerコンソール機能のXenCenterへの統合

Citrix Hypervisor 8.0以前は、別のConversion Managerコンソールが提供されていました。この機能はXenCenterに統合されます。従来のCitrix Hypervisor Conversion Managerコンソールは廃止されました。

以前にCitrix Hypervisorサーバーのインストールに含まれていた変換プラグインも、削除されました。このプラグインが削除されたため、変換機能を含む最新バージョンのXenCenterをCitrix Hypervisor 8.2とともに使用する必要があります。(古いバージョンのConversion ManagerコンソールはCitrix Hypervisor 8.2とともに使用できません)

ただし、VMware仮想マシンをCitrix Hypervisor仮想マシンに変換するには、Conversion Manager仮想アプライアンスが引き続き必要です。このコンポーネントは、Citrix Hypervisor製品ダウンロードページで提供されています。

詳しくは、「VMwareワークロードの変換」を参照してください。

アップグレードまたはアップデート中のHotfixの自動適用(Premium Edition)

Citrix Hypervisorでは、Citrix Hypervisorホストまたはプールを新しいバージョンにアップグレードするときの、Hotfix適用メカニズムが簡略化されています。XenCenterのプールのローリングアップグレードウィザードおよびアップデートのインストールウィザードは拡張されており、Citrix Hypervisorの新しいバージョンにアップグレードするときに、利用可能なHotfixをインストールできるようになりました。これにより、スタンドアロンのホストまたはプールを、最小限の再起動回数で最新の状態にすることができます。

この機能を使用するには、アップグレードプロセス中にインターネットに接続する必要があります。最新のXenCenterを使用して、サポート対象バージョンのCitrix HypervisorまたはXenServer間でアップグレードする場合は、Hotfix自動適用機能を利用できます。

XenCenter:ホスト状態の表示

XenCenterの機能向上により、Citrix Hypervisorホストやプールでライセンスやパッチの状態をより簡単に表示できるようになりました。

ホストやプールのタイトルバーで、使用しているホストやプールのライセンス状態を表示できます。ツリー表示では、ライセンス対象外のプールがアイコンで表示されます。[アップデート] タブでは、利用可能なアップデートを表示し、サーバーごとに絞り込むことができます。これによって、すべてのホストやプールのパッチの状態を容易に確認できます。

XenCenterによる製品終了またはサポート終了の通知

XenCenterは、管理対象のCitrix Hypervisorサーバーのバージョンが製品終了に近づいているか、製品終了したことを通知するようになりました。詳しくは、「XenCenterのアラート」を参照してください。

XenCenterはまた、最新リリースまたは累積更新プログラムが近づいている場合、またはそのリリースに対してこれ以上修正プログラムが発行されない日付を過ぎた場合にも通知します。将来の機能およびセキュリティ関連の問題に対処するための更新を確実に適用できるように、この通知情報に基づいて行動し、環境を最新のサポート対象リリースに更新してください。

XenCenter内からの読み取りキャッシュの有効化および無効化

読み取りキャッシュ機能により、同じソースから複製された複数の仮想マシンをホストするNFS、EXT、CIF/SMBストレージリポジトリのパフォーマンスが向上します。XenCenterコンソールからストレージリポジトリごとに、この機能を個別に有効または無効にできるようになりました。次の場合は、読み取りキャッシュを無効にすることをお勧めします:

  • ファイルベースのSRがない
  • 複製された仮想マシンがない
  • パフォーマンス上のメリットを引き出すためにdom0に割り当てる十分なメモリがない

詳しくは、「ストレージリポジトリプロパティの変更」を参照してください。

XenCenterのスケーラビリティの向上

最新のXenCenterでは、大規模なCitrix Hypervisor展開環境でのUIの応答性が大幅に向上しています。環境に大量のプールや仮想マシンが存在する場合、より適切に管理できるようになります。

XenCenterプロキシ認証

XenCenterでは、インターネットにアクセスするためにプロキシサーバーを構成できます。最新バージョンのXenCenterでは、これに加えて、プロキシサーバーが認証を必要とする場合、接続のためのユーザー名とパスワードを指定できるようになりました。

メールパフォーマンスアラートの言語対応

XenCenterでは、受信するパフォーマンスアラートメールの言語を選択できるようになりました。利用可能な言語は、日本語、英語、中国語です。

仮想マシン

ゲストUEFIブートとセキュアブート

Citrix Hypervisorは仮想マシンがWindows 10(64ビット)、Windows Server 2016(64ビット)またはWindows Server 2019(64ビット)を実行してUEFIモードで起動できるようにします。UEFIブートにより、ゲストオペレーティングシステムがハードウェアとやり取りするための、充実したインターフェイスが提供されるため、Windows仮想マシンの起動時間を大幅に短縮できます。

これらのWindowsオペレーティングシステムの場合、Citrix HypervisorはWindowsセキュアブートもサポートしています。セキュアブートは、未署名のバイナリ、正しく署名されていないバイナリ、または変更されたバイナリが起動中に実行されるのを防ぎます。また、セキュアブートは、ゲスト内のマルウェアがブートファイルを操作したり、ブートプロセス中に実行されたりするリスクも減らします。

詳しくは、「Windows仮想マシン」を参照してください。

スケジュールされたスナップショット

スナップショットスケジュール機能は、重要な仮想マシンをバックアップおよび復元するための使いやすいユーティリティを提供します。顧客は、指定した間隔で仮想マシンのスナップショットを自動で作成するよう環境を構成できます。これによって、仮想マシンの最新の作業バージョンを利用できるため、予期しないデータ破損、システムクラッシュ、またはユーザーのエラーの問題に対応できます。

BIOSアセットタグ

xe CLIまたはAPIを使用して、仮想マシンごとにBIOSアセットタグを指定できるようになりました。これによって、アセットの追跡が容易になり、管理やライセンス管理がよりスムーズになります。

グラフィック

複数のvGPU(Premium Edition)

複数vGPUをサポートするNVIDIA GPUとドライバーの場合、複数の仮想GPUを同時に使用するように単一の仮想マシンを構成できます。これらの追加のvGPUを使用して、計算処理を実行できます。特定のvGPUプロファイルのみを使用でき、単一の仮想マシンに接続されているすべてのvGPUが同じタイプである必要があります。

詳しくは、「グラフィックスの概要」を参照してください。

vGPU対応の仮想マシンのディスクおよびメモリのスナップショットのサポート(Premium Edition)

vGPU対応の仮想マシンのディスクとメモリのスナップショットが取得された場合、仮想マシンの状態にはvGPUの状態が含まれます。このvGPUの状態は、仮想マシンがスナップショットから再開されると復元されます。

vGPUライブマイグレーション(Premium Edition)

vGPUを搭載した仮想マシンをシャットダウンすることなくホスト間で移行できます。これによって管理者は、vGPUが有効なライブマイグレーションを活用できます。vGPUライブマイグレーションは、GPUベンダーが提供するサポート対象ソフトウェアおよびグラフィックカードとともに使用できます。詳しくは、ハードウェア互換性リスト(英語)を参照してください。

このリリースでは、サポートされるソフトウェアおよびグラフィックカードを使用する仮想マシンで、ライブマイグレーションだけでなく、ストレージライブマイグレーションおよびvGPUが有効な仮想マシンのサスペンドも使用できます。

AMD MxGPU(Premium Edition)

Citrix Hypervisorは、新たにAMDの仮想化グラフィックソリューションをサポートするようになり、仮想化グラフィック分野をリードし続けています。

この市場で、NVIDIA vGPUおよびIntel GVT-gとのパートナー契約からスタートしたCitrix Hypervisorは、グラフィックベンダー3社すべての仮想化ソリューションをサポートする、唯一のハイパーバイザープラットフォームになりました。Citrix Hypervisorのお客様は、Windows 10、Windows Server 2016、Windows Server 2019仮想マシンの64ビット版でAMD MxGPUを使用できます。

Citrix Hypervisorは、新たにAMDの仮想化グラフィックソリューションをサポートするようになり、仮想化グラフィック分野をリードし続けています。Citrix Hypervisorのお客様は、AMD FirePro S7100シリーズGPUでAMD MxGPUを使用できます。サポートされているホストの一覧については、「ハードウェア互換性リスト(英語)」を参照してください。

ストレージ

変更ブロック追跡(Premium Edition)

変更ブロック追跡は、サードパーティ製ソフトウェアベンダーが、迅速かつ効率的に増分バックアップソリューションを開発できるようにするための機能とAPIのセットです。

変更ブロック追跡によって、大容量のVDIを処理して格納する代わりに、容量を節約できる効率的なメタデータのみのスナップショットファイルを格納するため、必要な空き領域を削減できます。

詳しくは、「変更ブロック追跡」を参照してください。

共有ブロックストレージのシンプロビジョニング - GFS2(Premium Edition)

Citrix Hypervisorでは、iSCSIソフトウェアイニシエータまたはハードウェアHBA経由でアクセスされるブロックベースのストレージを使用する場合に、シンプロビジョニングが可能です。シンプロビジョニングは、GFS2の使用によって実装されます。

シンプロビジョニングは、事前にVDIの仮想サイズすべてを割り当てるのではなく、仮想ディスクにデータを書き込むためにディスクストレージ領域をVDIに割り当てることによって、ストレージ領域をよりうまく利用します。シンプロビジョニングを使用すると、共有ストレージアレイに必要な領域と総所有コスト(TCO)を大幅に削減できます。

シンプロビジョニングは次の使用事例で役立ちます:

  • サーバーの仮想化
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(永続的および非永続的の両方)
  • 大規模なクラウド展開

共有ブロックストレージのシンプロビジョニングは、次の場合に特に役立ちます:

  • イメージが散在し密に割り当てられていないので、領域の使用効率を高める必要がある場合。
  • ストレージアレイ上の1秒あたりの入出力操作数を減らす必要がある場合。GFS2ストレージリポジトリは、共有ブロックストレージ上のストレージ読み取りキャッシュをサポートする、一級のストレージリポジトリです。
  • 個々の仮想マシンのイメージが使用する領域が通常はより少ないので、複数の仮想マシンに共通の基本イメージを使用する場合。
  • 各スナップショットがイメージであり各イメージが散在するので、スナップショットを使用する場合。

詳しくは、「GFS2」を参照してください。

2TiBを超えるVDIの作成(Premium Edition)

GFS2ストレージリポジトリで、以前の2TiB制限よりも大きな仮想ディスクイメージ(VDI)を作成できます。

Windows仮想マシンのプライマリディスクは、マスターブートレコード(MBR)形式です。MBRを使用すると、ディスクのアドレス指定可能な記憶域は最大2TiBに制限されます。そのため、Windows仮想マシン用に2TiBを超えるディスクを使用するには、仮想マシンのセカンダリディスクとして作成し、GUIDパーティションテーブル(GPT)形式を選択します。

ISOストレージリポジトリでのSMBバージョン3のサポート

Citrix Hypervisorは、SMBバージョン3.0をISOストレージリポジトリに接続するデフォルトの方法としてサポートするようになりました。SMBバージョン3.0は、SMBバージョン1.0よりも安全で堅牢です。

SMBバージョン1.0は、引き続きサポートされているため、バージョン3.0が利用できない場合、Citrix Hypervisorはバージョン1.0でフォールバックすることができます。SMBバージョン1.0では、CLIを使用してISOストレージリポジトリをマウントできます。ただし、可能な限りSMBバージョン3.0を使用することをお勧めします。

パフォーマンスの向上

構成の制限値の引き上げ

以下の構成の制限値が引き上げられました:

  • ホストの最大RAMが6TBに
  • ホストあたりの論理プロセッサの最大数が448 CPUに

詳しくは、「構成の制限」を参照してください。

サポートされるプールサイズが64に増加

Citrix Hypervisorでは、プール内で最大64のホストがサポートされるようになりました。プールサイズを増やすことにより、仮想マシンをより効率的に管理でき、高可用性を使用する場合の柔軟性も向上します。

注:

この機能はExpress Editionのユーザーは利用できません。

XVA形式を使用する仮想マシンのインポートおよびエクスポートのパフォーマンス向上

Citrix Hypervisor 8.1のXVAファイルで使用されるチェックサムの変更により、この新しいチェックサムアルゴリズムを使用して仮想マシンをインポートまたはエクスポートする際のパフォーマンスが大幅に向上します。

仮想マシンのインポートまたはエクスポートにかかる時間がどのくらい短縮されるかは、マシンの特定のハードウェアによって異なります。仮想マシンが大きいほど、パフォーマンスの向上も大きくなります。

最新のXenCenterを使用し、新しいチェックサムアルゴリズムでXVAファイルを使用するエクスポートされた仮想マシンを管理します。

XVAファイルに含まれるチェックサムの形式に依存するカスタムアプリケーションがある場合は、新しい形式を使用するようにアプリケーションを更新します。チェックサムは、xxHashアルゴリズムを使用するように変更されました。チェックサムファイル名は、拡張子.xxhashで終わるようになりました。

ストレージパフォーマンスの向上

NFS SRにおいて64 KiBを超えるブロックサイズでI/Oが実行されると、ストレージのパフォーマンスが大幅に向上します。

ストレージのパフォーマンスを向上させるため、非GFS2ストレージリポジトリでマルチページサポートが提供されるようになりました。Windows仮想マシンにCitrix VM Toolsがインストールされている場合、仮想マシンでマルチページサポートが自動的に使用されます。

Linux仮想マシンでマルチページサポートを有効にするには、次の手順を実行します:

  1. まず、使用するカーネルでmax_ring_page_orderパラメーターがサポートされているかどうかを確認します。次のコマンドを実行します。

    modinfo xen_blkfront | grep max_ring_page_order
    

    このコマンドによって空の応答が返される場合、使用するカーネルではこの機能がサポートされていません。次の手順を続行しないでください。

  2. 仮想マシンのスナップショットを作成します。

  3. 仮想マシンで、次のコマンドを実行します:

    echo 'options xen_blkfront max_ring_page_order=3' >/etc/modprobe.d/xen_blkfront.conf
    
  4. Linuxディストリビューションに応じて、次のコマンドのいずれかを実行します:

    • RHEL、CentOS、またはOracle Enterprise Linuxの場合:dracut -f -v
    • Debianベースディストリビューションの場合:update-initramfs -u -k all
  5. 仮想マシンを再起動します。

パフォーマンスが向上した新しいWindows I/Oドライバー

メジャーバージョン9(9.xxx)の更新されたWindows I/Oドライバーは、Citrix Hypervisorのこのリリースで次のオペレーティングシステムに提供されます:Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server Core 2016、Windows Server 2019、Windows Server Core 2019。これらのWindows I/Oドライバーには、複数のパフォーマンスの改善が含まれています。

Premium Editionユーザーは、これらのドライバーをWindows Updateからも入手できます。

メジャーバージョン8(8.xxx)のWindows I/Oドライバーは、サポートされている古いWindowsオペレーティングシステム用に引き続き提供されます。これらのドライバーには、パフォーマンスの改善は含まれていません。

XenCenter、C# SDK、PowerShellのパフォーマンスの向上

XenCenter、C# SDK、PowerShellでは、XML-RPCの代わりにJSON-RPCを使用してCitrix Hypervisorホストと通信するようになりました。この変更により、Citrix Hypervisorとの通信時、特にプールへの接続時のパフォーマンスが向上します。

セキュリティの機能向上

Citrix HypervisorサーバーへのTLS証明書のインストール

Citrix Hypervisorでは、TLS証明書をサーバーに簡単にインストールできるようになりました。

Citrix Hypervisorサーバーには、デフォルトのTLS証明書がインストールされています。ただし、HTTPSを使用してCitrix HypervisorとCitrix Virtual Apps and Desktopsとの間の通信を保護するには、新しい証明書をインストールする必要があります。証明書を発行する認証機関は、Citrix Virtual Apps and Desktopインストールによって信頼されている必要があります。

この機能は、ユーザーがCitrix Hypervisorサーバーのファイルシステムにアクセスせずに、ホストの証明書を更新できるメカニズムを提供します。また、証明書およびキーファイルが有効で正しい形式であることも確認されます。

次のいずれかの方法を使用して、Citrix HypervisorサーバーにTLS証明書をインストールできます:

またこの機能では、サーバーのTLS証明書の有効期限が近づいている場合に、XenCenterによる通知が提供されます。詳しくは、XenCenterドキュメントの「システムアラート」を参照してください。

TLS 1.2プロトコルの使用の適用

Citrix Hypervisorでは、Citrix Hypervisorと外部ネットワーク間のHTTPSトラフィックに対して、TLS 1.2プロトコルの使用が適用されるようになりました。すべてのCitrix Hypervisorコンポーネントで、相互に通信する際にTLS 1.2プロトコルが使用されます。

この機能の一部として、従来のSSLモードとTLS 1.0/1.1 プロトコルのサポートが削除されました。Citrix Hypervisor 8.2にアップグレードまたは更新する前に、プールで従来のSSLモードが無効になっていることを確認してください。別のプロトコルに依存するカスタムスクリプトまたはクライアントがある場合は、TLS 1.2を使用するようにこれらのコンポーネントを更新します。

Bromiumによるセキュリティの強化(Premium Edition)

Citrix Hypervisorで実行されているWindows仮想マシンで、Bromium Secure Platform(現HPE)を使用できます。

Bromium Secure Platformは、あらゆる高度なマルウェアからエンドポイントを保護します。この保護はエンドユーザーにとってわかりやすく、ユーザーの操作性やシステムのパフォーマンスを邪魔することもありません。Bromiumによるセキュリティの強化について詳しくは、Bromium社のWebサイトを参照してください。

一般

Citrix VM Toolsの個別の提供

Citrix VM Toolsが、Citrix Hypervisorダウンロードページで、次の2つのコンポーネントとして個別に提供されるようになりました:

  • Windows向けCitrix VM Tools
  • Linux向けCitrix VM Tools

これにより、guest-tools.isoファイルがCitrix Hypervisorのインストールから削除されました。

ツールが個別のコンポーネントとして提供されることで、Citrix Hypervisorサーバーに保存されているツールのISOイメージに対して、Hotfixなどの更新プログラムを適用する必要がなくなります。

詳しくは、「Linux仮想マシン」および「Windows仮想マシン」を参照してください。

SR-IOVネットワーク:仮想機能のパススルー(Premium Edition)

Citrix Hypervisorは、物理システム上で単一のPCIデバイスを複数のPCIデバイスとして表示するSR-IOV(Single Root I/O Virtualization:シングルルートI/O仮想化)を使用するようになりました。

NIC仮想機能を仮想マシンに割り当てることで、ネットワークトラフィックが仮想スイッチをバイパスできます。このように設定すると、各仮想マシンがNICを直接使用しているかのように動作するため、処理のオーバーヘッドが軽減されてパフォーマンスが向上します。詳細については、「SR-IOV対応NICの使用」を参照してください。

USBパススルー(Premium Edition)

Citrix Hypervisorでは、個々の物理USBデバイスの仮想マシンへのパススルーをサポートするようになりました。仮想マシンのOSは、物理USBデバイスをローカルUSBデバイスとして使用できます。

IPv4マルチキャストでのIGMPスヌーピングのサポート(Premium Edition)

IPv4マルチキャストを使用することで、IGMPプロトコルによって構築されたマルチキャストグループのメンバーである仮想マシンにデータを送信できます。

この機能を有効にすると、マルチキャストトラフィックがすべての仮想マシンに送信され、想定外のパケットを処理することで発生する、ホストデバイスへの不必要な負荷を回避できます。代わりに、マルチキャストトラフィックがCitrix Hypervisorホストに到達すると、Citrix Hypervisorはこのトラフィックのグループを検出して、このグループにサブスクライブしている仮想マシンに転送します。この機能によってマルチキャストのパフォーマンスが向上するため、IPTVのように帯域幅を大幅に消費するIPマルチキャストアプリケーションで特に有効です。

VLANタグ付け

Citrix Hypervisorは、管理インターフェイスおよびストレージインターフェイスでVLANタグ付けをサポートします。VLANネットワーク上で通信するためのCitrix Hypervisorホストのプールを作成できます。

また、タグ付きVLAN上の管理インターフェイスでCitrix Hypervisorホストをアップグレードしたり新規インストールを実行したりできます。これによってタグ付きVLANネットワーク上でCitrix Hypervisorホスト管理インターフェイスをプロビジョニングしたり、同じネットワーク上のホストにアクセスできます。

製品ドキュメントの新しい構造

Citrix Hypervisorの製品ドキュメントは、PDFではなくHTMLドキュメントセットとして提供されるようになりました。

  • 必要な情報に移動するには、左側の目次を使用します
  • 特定の情報を検索するには、右上の検索ボックスを使用します
  • [この記事の概要]ボックスで各記事の情報の概要を確認します
  • [PDFを表示]ボタンを使用すると、すべてのコンテンツを含むPDFファイルをダウンロードしてオフラインで表示できます

PDFガイド内のすべての情報は、新しいドキュメント構造に含まれています。たとえば、『インストールガイド』の内容は「インストール」セクションにあり、『仮想マシンユーザーガイド』の内容は「仮想マシン」セクションにあります。『管理者ガイド』内の主題は、別の「管理」セクションには含まれず、代わりに目次に記載されています。

XenCenterのWebベースのヘルプ

XenCenterのドキュメントは、Citrix製品ドキュメントのWebサイトにてオンラインでご覧いただけます。

このオンラインドキュメントは、製品内のヘルプに代わって提供されます。ユーザーインターフェイスでF1キーを押すか、関連したヘルプにアクセスすると、既定のブラウザで関連する記事が開きます。これらの記事は、オフラインで閲覧するためのPDFとしても利用できます。PDFをダウンロードするには、[PDFを表示] ボタンを使用します。

これらのWebベースの記事では、最も正確で最新のコンテンツが提供されます。