Fusionの統合

Radar と Sonar データに加えて、Openmix は、決定基準にサードパーティのデータを使用できます。たとえば、すでに使用している既存の合成モニタリングサービスを統合できます。または、CDN プロバイダーからの最新の使用状況データを使用して、コストベースの決定を下すことができます。

Fusionメニュー

Fusion データフィードメニュー

Fusion データフィードは、ナビゲーションメニューの Openmixからアクセスできます。

たとえば、Openmix アプリケーションで動作する一般的な Fusion データフィードをいくつか挙げます。

  1. サーバーの可用性 — CatchPoint、Rigor、Pingdom などのサードパーティプロバイダからデータを取り込み、特定のホストまたはアプリケーションの到達可能性を決定します。
  2. サーバー監視 — Rackspace や New Relic などのプロバイダーからのメトリックスにより、Openmix では、ルーティングの決定において、メモリ使用率、CPU 消費量、空きディスク容量、ネットワーク遅延などのサーバーランタイムメトリックスを考慮できます。Openmixは、オン/オフのルーティング決定でメトリックを使用したり、ロードされたサーバーからトラフィックを流すことによって段階的なルーティング変更を行うことができます。
  3. CDN コストコントロール -すべての主要な CDN から帯域幅と使用状況の統計情報を取得し、影響ルーティングの決定において、Openmix アプリケーションでリアルタイムにこのデータを使用できるようにします。
  4. 顧客定義のカスタムデータフィード -指定したエンドポイントのデータを取り込み、ルーティングの決定に使用するカスタム Openmix アプリケーションで使用できるようになります。

Fusionの統合

サービス 種類
Akamai CDN 帯域幅、CDN の使用状況
AWS CloudFront CDN の使用法
AWS CloudWatch インスタンス・メトリック
AWS ELB ロードバランサーのメトリックス
AWS S3 カスタムデータフィード
Azure インスタンス・メトリック
Catchpoint アラート
CDNetworks CDN 帯域幅、CDN の使用状況
ChinaCache CDN 帯域幅
ChinaNetCenter CDN 帯域幅
Citrix ADC カスタムデータフィード
Datadog アラート
Edgecast CDN 帯域幅、CDN の使用状況
Fastly CDN の使用法
Fusionダイレクト カスタムデータフィード
Highwinds CDN の使用法
HTTP GET カスタムデータフィード
可用性とHTTP GET カスタムデータフィード
JSON カスタムデータフィード
Keynote ウェブモニタ
Level3 CDN 帯域幅、CDN の使用状況
Limelight CDN の使用法
MaxCDN CDN 帯域幅、CDN の使用状況
New Relic Apdex アプリケーションスコア
New Relic Server Monitoring インスタンス・メトリック
NGINX ロードバランサーのメトリックス
NGINX+ ロードバランサーのメトリックス
Pingdom ウェブモニタ
Qbrick CDN の使用法
Rackspace インスタンス・メトリック
Rigor ウェブモニタ
SFR CDN 帯域幅、CDN の使用状況
TCP Ping ウェブモニタ
Touchstream ビデオモニタリング

Fusionフィード

次の画面には、設定されているすべての Fusion データフィードが表示されます。リストには、データフィードと現在のステータスの概要が表示されます。

Fusion データフィードリスト

列には、次の情報が表示されます。

見出し 説明
ステータス データフィードの現在のステータス。ステータスには、フィードがサービスからデータを正常に取得していることを示す + 緑、フィードがサービスからのデータの取得を待機していることを示す + 黄色、または+ red はフィードをサービスから取得できないことを示します。
データフィード名 データフィードで指定された名前。省略可能。指定しない場合、デフォルトは「サービス-プラットフォーム名」になります。
サービス データフィードによって使用されているサービスの名前。
ID データフィードの ID。これは、API 経由で Fusion にアクセスするために必要です。
プラットフォーム名 データフィードに関連付けられたプラットフォームの名前。
実行間隔 データフィードがサービスから更新される頻度。

データフィードの作成

Fusion データフィードが設定されていない場合は、ようこそ画面でデータフィードの作成を促します。

Fusion データフィードのデフォルト

[ はじめに ] ボタンをクリックするか、[新しいデータフィードの設定] の [ + ] をクリックします。

新しいFusionデータフィード

新しいデータフィード

統合するサービスのアイコンをクリックし、必要な設定フィールドに入力します。

Fusionデータフィード

各サービスには、異なる設定パラメータが必要です。認証および追加のサービス固有の構成には、ユーザー名とパスワード、または生成されたトークンが必要です。

Fusion データフィードの設定

すべてのFusionデータフィードは、Citrix Intelligent Traffic Management ポータルで以前に作成されたプラットフォームに関連付けられます。これにより、の Openmix アプリケーションは、各プラットフォームの外部 Fusion データをクエリし、ルーティングロジックに基づいて、プラットフォームをルーティング決定に使用可能と見なす必要があるかどうかを判断できます。

ほとんどのフィードでは、次の値を設定する必要があります。

[入力項目] 説明
実行間隔 データフィードが外部サービスから更新される頻度。Fusion は、指定された間隔でサービスを呼び出し、新しいデータに基づいて Openmix アプリケーションを更新します。
プラットフォーム Openmix アプリケーションの Fusion データに関連付けられたプラットフォーム。

データフィードの編集

Fusion データフィードの編集は、テーブル内のデータフィードをクリックし、[ 編集 ] ボタンをクリックするだけで簡単です。

設定を変更したら、[ 保存] をクリックします。これにより、変更を保存してデータフィードに適用した状態でデータフィードリストに戻ります。

データフィード履歴

Fusion は、データフィード履歴で実行されるたびに、最後の 100 件の応答を収集します。データフィードのステータス、データに関する情報、サービスから返されたペイロードを表示できます。リストで特定のデータフィードを選択した後、 データフィードの履歴を表示するの [ログ履歴 ] ボタンをクリックします。

Fusion データフィード履歴

選択した日付を変更するには、[ <] または [> ] ボタンをクリックして、 現在選択されている日付から前後に移動するか 、リストから特定の日付を選択します。特定のインスタンスのタイムスタンプを選択すると、サービスから返されたデータが表示されます。

データフィードの失敗

Fusion Quarantine for Failing Fusion Feeds Fusion Quarantine は、フィードがポーリング間隔が 24 時間未満で実行されるように設定されている場合、顧客の失敗した Fusion データフィードに適用されます。Fusion は、これらの失敗したフィードの実行を停止するのに隔離ロジックを適用します。これは、リソースの保存(CPU/メモリ)で行い、他の有効なFusionデータフィードへの悪影響を回避します。

隔離ロジックは、失敗した Fusion フィードを段階的な間隔で「バックオフ」することによって適用されます。これは、Fusion フィードが 24 時間隔離されるまで発生します。この時点で、Fusion フィードは 24 時間ごとに実行を試行します。失敗したフュージョンデータフィードが完全にシャットダウンされることはありません。24時間ごとに最低2回、実行を継続します。

重要:

  • Fusion データフィードは常に少なくとも 2 回連続して実行され、検疫ロジックに入る前に 2 回失敗します。たとえば、1 分間のフィードが実行され、2 回連続して失敗した場合、そのフィードは検疫ロジックに入ります。

  • Fusion データフィードが正常に実行された場合、Fusion データフィードは隔離ロジックから削除され、定期的にスケジュールされた間隔で再び実行されます。

  • いつでも Fusion フィードが更新された場合 (つまり、ユーザーが不正な URL を入力して修正した場合、Fusion フィードはポーリング間隔に関係なく 1 分以内に再実行されます)。成功すると、検疫ロジックから削除されます。それでも失敗した場合は、検疫ロジックが適用されます。

Fusionの統合