ビジュアライザー

はじめに

ITMビジュアライザーは、ISPとサービスのグローバルパフォーマンスを監視および分析できる直感的でインテリジェントなツールです。ITM Visualizer UIは、クラウド、データセンター、CDN、およびその他のサービスのパフォーマンスと可用性に関する情報を含むアクティブなアラートを提供します。ITMコミュニティは、世界中でこれらのアラートを測定しています。ITM Radarは、Radarコミュニティを介して世界中の実際のユーザーから数十億の測定値を収集します。クラウドソーシングモデルを使用してこれらのアラートを測定します。

新規ユーザの場合、ビジュアライザーページが開き、マップ上で利用可能なすべてのコミュニティアラートが表示されます。ITM Radar は、パフォーマンスの異常を測定し、ほぼすべてのネットワーク、および世界中のあらゆる場所でアラートを生成します。

ビジュアライザーマップの上にある 4 つのタイルには、次のデータが表示されます。

アクティブレーダーアラート

アクティブレーダーアラートは、現在進行中です。

レーダーアラート

アクティブレーダーアラートは、現在進行中です。デフォルトでは、このタイルには過去24時間のアラートがすべて表示されますが、ユーザーが選択した期間に応じて変化します。

アクティブな合成アラート

これらのアラートはリアルタイムで発生します。サービスまたはデータセンターのグローバルな可用性を測定する当社の総合的な監視システムであるSonarは、これらのアラートを生成します。

プラットフォーム

カスタマーアカウントで設定されているプラットフォームの数。

ビジュアライザのトップタイル

表示オプション

次の基準を使用して、マップ上のアラートとプラットフォームを表示できます。

レーダーコミュニティ全体、または訪問者のみ

レーダーコミュニティ全体のプラットフォームのパフォーマンスを表示するには 、[Radar Community] を選択します。または、プライベートプラットフォーム経由で訪問者だけのパフォーマンスを表示するには、[ 訪問者のみ] を選択します。

応答時間または可用性

マップ上またはリストで任意のプラットフォームをクリックすると、 可用性または応答時間に基づいてパフォーマンスが表示されます。

最高のパフォーマンスまたは平均パフォーマンス

[ 平均パフォーマンス ] または [最高のパフォーマンス] を選択して、プラットフォームで得られる平均/最高のパフォーマンスを表示します。

平均パフォーマンスは 、プラットフォーム間でラウンドロビンを行う場合と似ており、ITM を使用して得られるパフォーマンスが Best Performance です。

[ Best Performance ] を選択すると、最もパフォーマンスの高いプラットフォームに基づいて、マップ上にパフォーマンスが表示されます。たとえば、特定の国のパフォーマンスを表示していて、2 つのプラットフォームが選択されている場合、[ Best Performance ] は、その国で 2 つのプラットフォーム間で最高のパフォーマンス(可用性が最も高いか、応答時間が最も低い)プラットフォームに基づいて国マップに色付けされます。

または、[ 平均パフォーマンス] を選択した場合は、選択したすべてのプラットフォームの平均に基づいて、マップ上にパフォーマンスが表示されます。国別マップには、2 つのプラットフォームの平均可用性 (または応答時間) が色付けされます。

期間

マップ上のアラートは、 過去 60 分、過去 24 時間、過去 48 時間、過去 7 日間、過去 30 日間、またはカスタム範囲を使用して生成できます。既定のビューは [過去 24 時間] です。期間を変更するたびに、マップ上のデータが更新され、その期間にトリガーされたアラートが表示されます。

アラート

[ Alerts ] タブは、ビジュアライザーページに移動したときに表示されるデフォルトのタブです。新しいユーザに対して表示されるデフォルトのデータソースは、自分のアラートなしで Community です。つまり、新しいユーザとしてマップ上に表示しているすべてのアラートは、コミュニティアラートです。 アラートを設定していても、アクティブなアラートや進行中のアラートがない場合でも、ビューはデフォルトでコミュニティアラートになります。ただし、アラートを設定していて、アクティブな継続的なアラートがある場合、デフォルトビューは独自のアラートです。アラートについて詳しくは、「 アラート」を参照してください。

ビジュアライザーアラート

コミュニティ

コミュニティアラートは、ITM コミュニティ全体で発生する ITM レーダーによって見られるパフォーマンスの問題または異常です。これらのアラートは、世界中のエンドユーザーネットワークを介して測定されます。ビジュアライザーを新しいユーザーとして初めて開くと 、マップ上にすべてのコミュニティアラートが表示されます。独自のアラートを設定すると、コミュニティアラートの代わりにそれらのアラートが表示されます。

ただし、プライベートプラットフォームとアラートが設定されている場合は、既定のビューである [マイアラート] として独自のアラートが表示されます。

マイアラート

これらのアラートは、プライベートプラットフォームのパフォーマンスの問題または異常です。世界中のエンドユーザーネットワークを使用して、これらのアラートを測定します。

新しいユーザーとして、アラートが表示されない場合は、アラートが設定されていないことを意味します。左側のサイドバーから [ Alerts ] ページに移動して、プラットフォームのパフォーマンスに関するアラートを設定できます。ただし、最初にプライベートプラットフォームを設定する必要があります。プラットフォームをセットアップするには、左側のサイドバーから [ プラットフォーム ] ページに移動するか、[ プラットフォーム ] タブを使用してその場で行うことができます。

アラートの詳細

マップ上のアラートにカーソルを合わせると、アラートがトリガーされている国とサービスを表示できます。特定のアラートの詳細については、

  1. マップ上のアラートアイコンをクリックして、サービストリガーアラートのチェックボックスをオンにし、リストで強調表示します。
  2. 選択したプラットフォームまたはサービスの右側にある矢印をクリックすると、次のようなアラートの詳細が表示されます。
    1. データソースの可用性または応答時間
    2. アラートの期間
    3. アラートの重大度
    4. 問題の測定元のネットワークの
    5. アラートがトリガーされるプラットフォームの名前
    6. 問題の測定元となるネットワークの名前

州レベルのアラート:クラウド、データセンター、CDN、その他のサービスのパフォーマンスと可用性に関する情報を含むアクティブなアラート。これらのアラートは、米国内の州レベルで測定および表示されます。

ビジュアライザーの州レベルのアラート

アラートの詳細を詳しく調べるには、[詳細の表示] をクリックして [アラート] ページに移動します。

注: [ 詳細の表示] リンクは、自分のアラートに対してのみ表示できます。

ビジュアライザアラートの詳細

アラートページ

アラートの種類

[ Type ] メニューでは、次のタイプのアラートを表示できます。

すべてのアラート

すべてのアラートには、アクティブなアラートと履歴アラートが含まれます。履歴アラートは、選択した期間の後に発生したアラートです。

アクティブなアラート

アクティブなアラートには、進行中のアラートが含まれます。これらは有効で、ユーザーが指定した期間の最新のものです。

ビジュアライザーアラートタイプ

アラートの重要度

アラートは、 重大度高、中低に基づいてフィルタリングできます 。[すべての重要度 ] がデフォルトの表示です。

ビジュアライザーのアラートの

重大度論理

可用性のため:

  • しきい値で 50% を超える場合-> 重大度が高い場合
  • 25% を超え、しきい値で 50% 未満の場合-> 重大度が中
  • しきい値の下 25% 未満の場合-> 重大度が低い場合

応答時間の場合:

  • 200% 以上しきい値を超えた場合-> 重大度が高い場合
  • しきい値を超え 100% を超え 200% 未満の場合-> 重大度が中
  • しきい値を超えるが 100% 未満の場合-> 重大度が低い

プラットフォーム

[ プラットフォーム ] タブを選択すると、追加したプラットフォームのリストが表示されます。ただし、新しいユーザーで、まだプラットフォームを設定していない場合は、コミュニティプラットフォームをオンザフライで追加するか、[ カスタムプラットフォームをここに作成して管理] リンクをクリックしてプライベートプラットフォームをセットアップできます

ビジュアライザープラットフォームを追加

コミュニティプラットフォームを追加する

  1. コミュニティプラットフォームを追加するには、[ プラットフォームを追加 ] バーの隣にある [+] アイコンをクリックします。
  2. プラットフォームの名前を指定し、[Platform] メニューのコミュニティプラットフォームのリストからプラットフォームを選択します
  3. [ プラットフォームを追加] をクリックします。

カスタム/プライベートプラットフォームを追加する

  1. プライベートプラットフォームを追加するには、[ プラットフォームの追加 ] バーの隣にある [+] アイコンをクリックします。
  2. [ ここでカスタムプラットフォームを作成して管理 ] リンクをクリックすると、[ プラットフォーム ] ページに移動し、新しいプライベートプラットフォームを追加できます。または、左側のサイドバーから [ プラットフォーム ] ページに移動することもできます。

既存の構成のアップロード:Citrix ADC および F5 BIG-IP DNS

このオプションでは、Citrix ADCまたはF5 BIG-IP DNS構成ファイルを選択し、(既存のプラットフォームの)構成を直接インポートできます。Citrix ADCまたはF5 BIG-IP DNS構成用のプライベートプラットフォームを自動的に作成します。

ADMサービスからCitrix GSLBをインポートする

このオプションを使用すると、ADM サービスで設定されているすべての GSLB を直接インポートできます。

Citrix Cloud ADMサービスを使用している場合は、そこで構成されているGSLBをインポートできます。基本的なサイト情報-IPと名前はITMプラットフォームとしてインポートされます。ITMはサイトを地理的に特定し、パフォーマンス分析のためにプラットフォームをビジュアライザーに表示できるようにします。

パフォーマンスレポート

レーダーパフォーマンスレポートは、特定のプラットフォーム、トリガーされたアラート、および測定元の各ネットワークに関する詳細を提供します。レポートには、応答時間または可用性の測定値と、測定された問題の期間が表示されます。 ビジュアライザーで適用されたすべてのフィルターが含まれます

アラートがトリガーされた特定のプラットフォームのパフォーマンスの詳細を表示するには、次の手順を実行します。

  1. マップ上のプラットフォームアイコンまたはアラートアイコンをクリックして強調表示し、右側のリストのチェックボックスをオンにします。
  2. プラットフォームまたはアラートの横にある矢印をクリックして展開します。
  3. [ パフォーマンスレポートを表示 ] リンクをクリックして、[ レーダーパフォーマンスレポート ] ページに移動します。

パフォーマンスレポートの表示

ステータスレポート

統合監視アラートの場合は、プラットフォームを展開して詳細を表示し、[ステータスレポートの表示] をクリックすると、アラートの詳細を表示できます。

ステータスレポートの表示

[ View Status Report ] リンクをクリックすると、[Sonar Platform Status ] ページが表示され、リアルタイムの合成モニタリングチェックに基づいて、プラットフォームの状態の詳細が表示されます。

ステータスレポートの表示

ビジュアライザー