Citrix ADC ingress controller

ライセンス

Citrix ADC CPXのライセンスを取得するには、Citrix Application Delivery Management(ADM)のYAMLで次の情報を入力して、ライセンス情報を自動的に選択する必要があります。

  • LS_IP(ライセンスサーバーIP)— Citrix ADM IPアドレスを指定します。

  • LS_PORT (ライセンスサーバーポート) — これは必須フィールドではありません。ADM ポートを変更した場合にのみ、ADM ポートを指定する必要があります。デフォルトのポートは 27000 です。

  • PLATFORM — プラットフォームライセンスを指定します。プラットフォームは CP1000です。

yaml ファイルの例を次に示します。

apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  labels:
    name: cpx-ingress
  name: cpx-ingress
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      name: cpx-ingress
  template:
    metadata:
      annotations:
        NETSCALER_AS_APP: "True"
      labels:
        name: cpx-ingress
    spec:
      serviceAccountName: cpx
      containers:
      - args:
        - --ingress-classes citrix-ingress
        env:
        - name: EULA
          value: "YES"
        - name: NS_PROTOCOL
          value: HTTP
        - name: NS_PORT
          value: "9080"
        - name: LS_IP
          value: <ADM IP>
        - name: LS_PORT
          value: "27000"
        - name: PLATFORM
          value: CP1000
        image: cpx-ingress:latest
        imagePullPolicy: Always
        name: cpx-ingress
        ports:
        - containerPort: 80
          name: http
          protocol: TCP
        - containerPort: 443
          name: https
          protocol: TCP
        - containerPort: 9080
          name: nitro-http
          protocol: TCP
        - containerPort: 9443
          name: nitro-https
          protocol: TCP
        securityContext:
          privileged: true
<!--NeedCopy-->
ライセンス

この記事の概要