マイクロアプリ

アプリケーション統合によりCitrix Workspaceが拡張され、そのマイクロアプリによってユーザーは最先端のエクスペリエンスとユーザーインターフェイスを実現します。ビジネスシステムで最も重要なユースケース、およびユーザーのワークスペースから直接アクセス可能なとアプリケーションを作成するために、直感的なマイクロアプリワークフローと組み合わせて、関連性のあるアクション可能な通知を配信します。

コンテキストの切り替えを減らし、1回限りの反復のためにさまざまなアプリケーションの使用方法を学ぶ必要性を排除することによって、時間を節約できます。これにより、ユーザーは主要な責任に集中できるため、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

マイクロアプリサービスを評価するする方向けに、Citrix Service運用チームでは継続してオンボードのためのサポートを提供しています。運用チームはまた、マイクロアプリサービスを正しく実行し構成できるよう、お客様との相談も行っています。オンボードの手順は次のとおりです:

  • Citrix CloudアカウントとCitrix Workspace環境へのアクセスを取得する。
  • マイクロアプリサービスの使用権を取得する。
  • Citrix Workspaceアプリをダウンロードして使用するか、ワークスペースURLを使用する。
  • 統合の要件についてシトリックス担当者と相談する。
  • セキュリティホワイトペーパー、Citrix Workspaceマイクロアプリの「セキュリティの技術概要」、および「セキュリティで保護されたCitrix Cloudプラットフォームの展開ガイド」を確認する。
  • セキュリティ、法律、および開発の問題を解決するための「統合チェックリスト」を確認する。
  • ターゲットアプリケーションの仕様書を確認する。

Citrix Workspaceマイクロアプリサービスの配布準備に関する完全なガイドは、「はじめに」を参照してください。

マイクロアプリサービスは、Citrix Workspaceのインテリジェントワークスペース機能に属しています。インテリジェントワークスペース機能により、マイクロアプリ、通知、アクション、およびワークフローによる単一の統合エクスペリエンスがユーザーに提供され、作業をガイドおよび自動化します。マイクロアプリサービスのOSサポートの最新の詳細については、Citrix Workspaceアプリの機能マトリックスにある「インテリジェントワークスペース機能」エントリを参照してください。

概要

Citrix Workspaceマイクロアプリサービスは、アプリケーションからのアクションと通知をWorkspaceまたは他のチャネルに直接配信することに焦点を合わせたソリューションです。このためには、アプリケーションデータソースからマイクロアプリサービスへの統合を構築し、アプリケーションからWorkspaceへアクションをプルできるようにします。

マイクロアプリには、アクション可能なフォームと通知が備えられています。マイクロアプリは、ソースシステムにライトバックすることができます。OAuth 2.0は、SaaSアプリケーションへの書き込みに推奨される認証メカニズムです。各ユーザーに固有のユーザーアクセストークンが保存されて、ユーザーアクションに対してシームレスなユーザーエクスペリエンスを実現します。

次の図は、統合スキーマの概要を示しています:

マイクロアプリ概要図は、アプリケーションがマイクロアプリサービスにどのように接続されているかを示しています。また、チャンネルで通知とページをレンダリングする方法も示しています。

用語

Citrixマイクロアプリサービスは、Citrix Workspace Intelligenceの一部として提供されます。Citrix Workspaceをよく理解するには、「Citrix Workspaceのドキュメント」を参照してください。

Citrix Workspaceプラットフォームは、すべてのデジタルワークスペースリソースを列挙してCitrix Workspaceユーザーエクスペリエンスに配信する、Citrix Cloudの基盤となるコンポーネントです。

マイクロアプリは、対象が絞られた機能を備える、特定のタスクを行う小さなアプリケーションです。このようなアプリを使用すると、単一の目的に使用されるアクティビティを、シンプルかつ迅速な方法で実行できます。マイクロアプリには、アクション可能なフォームと通知が備えられています。マイクロアプリは、ソースシステムにライトバックすることができます。

マイクロアプリサービスは、アプリケーションからWorkspaceまたは他のチャネルへ、アクションを直接配信することに焦点を合わせた、Citrix Cloud内のいくつかのコンポーネントを指します。マイクロアプリサービスには、マイクロアプリ管理者、マイクロアプリサーバー、およびキャッシュが含まれています。

ライトバックは、データが戻される方式を指します。アクションが取得されると、統合されたアプリケーションにデータが書き戻され、キャッシュに再同期されます。

System of record(SoR) は、Citrix Workspaceユーザーが関心のある情報を保持し、JSON RESTおよび一般的な認証メカニズム(OAuth 2.0、NTLM、Basic Auth、Bearer Auth)を使用するターゲットアプリケーションです。

HTTP統合は、アプリケーションデータソースからマイクロアプリサービスプラットフォームに作成される、カスタム構築の統合です。この統合により、アプリケーションからWorkspaceにデータをプルし、ターゲットシステムへのライトバックを実行できます。

マイクロアプリビルダーは、わずかなコードを記述するだけで使用できるツールであり、開発者はイベント駆動型のマイクロアプリ(イベント通知)およびユーザーが開始するマイクロアプリ(アクションページ)を構築できます。

イベント通知はイベント駆動型マイクロアプリであり、何らかの理由で注意が必要な場合に、Workspaceアクティビティフィードでフィード通知(カードとも言います)を作成することによって、ユーザーに自動的に通知します。たとえば、「承認のための新しい経費レポート」や「登録可能な新しいコース」があります。

アクションページは、Workspaceでアクションとして使用でき、アクションを簡単に開始できるようにする、ユーザー駆動型のマイクロアプリのことです。たとえば、「有給休暇を申請する」、「ヘルプデスクチケットを送信する」、「ディレクトリを検索する」などです。

チャネルは、マイクロアプリ関連の通知を配信する方法であり、Workspaceでの通知フィード、Workspaceアプリでのモバイル通知、MS Teamsイベントなどがあります。イベントは、マイクロアプリページのレンダリングによって、データソースの変更に基づいてフィードにプッシュされる通知です。

通知サービスは、データソースからのシステムアラートを有効にして、ユーザーから具体的な要求がなくても、通知フィードにアラートがプッシュされます。

データ同期は、統合されたアプリケーションからマイクロアプリサービスプラットフォームにデータをプルして、キャッシュと比較できるようにすることです。通常、完全同期が24時間ごとに実行され、増分同期は5分ごとにプルするように構成できます。データ同期は、データエンドポイントのセットアップ時に構成されます。

統合のセットアップ

使用可能な追加設定不要のマイクロアプリと、テンプレート統合を使用します。使用可能なテンプレート統合と、追加設定不要のマイクロアプリの完全なリストについては、「統合のセットアップ」を参照してください。

ニーズに合わせてカスタム統合を作成することもできます。詳しくは、「カスタムアプリケーション統合の構築」を参照してください。

マイクロアプリの追加とカスタマイズ

統合をセットアップしたら、マイクロアプリとそのページおよび通知を準備します。

既存の追加設定不要のマイクロアプリをカスタマイズするか、独自のマイクロアプリを構築して、ユーザーのニーズを満たし、毎日のワークフローを合理化する最高のユーザーエクスペリエンス実現します。詳しくは、「マイクロアプリの作成」を参照してください。

使用例

Citrix Workspaceを使用して重要なワークフローを簡素化するために、現在利用可能なマイクロアプリテクノロジと追加設定不要のテンプレートを活用します。これらのユースケースは、従業員が活用するレガシーシステムに関係なく、一貫性のある最新のエクスペリエンスを提供し、重要な部門別のワークフローを実行するための簡素化された効果的な方法を提供します。詳しくは、「Citrix Workspaceでのワークフローの最適化」を参照してください。

これらのワークフローのデモについては、次のビデオを参照してください:

ITセルフサービスマイクロアプリのデモ

HRセルフサービスマイクロアプリのデモ

そのほかの参照先

Citrix Workspaceマイクロアプリを最大限に活用するeラーニングコースを受講して、従業員の生産性を高め、エンドユーザーエクスペリエンスを最適化するように設計されたマイクロアプリを構築することで、Webサービス、API、およびシステム統合の基礎について学びます。

ビデオ:マイクロアプリの概要にあるCitrix Workspace Intelligenceとマイクロアプリサービスの概要を確認してください。

ビデオ:マイクロアプリのカスタム統合でカスタム統合とマイクロアプリの作成について学習してください。

テストインスタンスの取得について詳しくは、Citrix Workspace開発者ポータルで確認してください。

RSSマイクロアプリ:Citrixセキュリティ情報がある場合に通知を受け取ります。にセットアップのためのクイックガイドがあります。

マイクロアプリディスカッションフォーラムにアクセスしてください。

次のステップ

セキュリティコンプライアンスについては、「セキュリティで保護されたCitrix Cloudプラットフォームの展開ガイド」および「Citrix Workspaceマイクロアプリのセキュリティの技術概要」を参照してください。

Citrix Cloudの接続要件を確認するには、「インターネット接続の要件」を参照してください。

マイクロアプリサービスの使用を開始するには、「はじめに」を参照してください。

IDプロバイダーとアカウントの定義の詳細については、「IDおよびアクセス管理」を参照してください。

マイクロアプリ