マイクロアプリ

HTTP統合の概念

このセクションでは、HTTP統合を作成するときに使用される基本的な概念について説明し、さまざまなコンポーネントが相互にどのように機能するかを理解するためのリファレンスを提供します。これらすべての概念と、これらがマイクロアプリにどのように関連するかについて理解するための詳細なトレーニングがCitrixトレーニングポータルにあります。Citrixトレーニングポータルにアクセスするには、Citrixへのログインが必要です。

URLとURI

URL(Universal Resource Location)は、インターネットを介してリソースにアクセスする方法に関する特定の指示を含んだ一連のスキームです。

URLは基本的に、ネットワーク上のサービスまたはリソースのアドレスです。HTTPを介してアクセスできるすべてのリソースは、URLによって識別されます。これらのアドレスは、特定のリソースを探す方法と場所をWebブラウザーに示します。

URI(Universal Resource Identifier)は、エンドポイントとも呼ばれます。 これは前述のURLに似ていますが、重要な部分が1つ追加されています。やり取りを行うリソースの名前です。この文字列により、ネットワーク上の特定のリソースを一意に識別します。 URIは、ベースURL全体(プロトコルからディレクトリまで)と、末尾に追加した実際のリソースとの組み合わせです。

最初のHTTP統合を設定するときは、ターゲットアプリケーションのURLURIが必要です。

詳しくは、「HTTP統合」を参照してください。

HTTPメソッド

HTTPメソッドは、クライアントがサーバー上のデータまたはリソースに対して呼び出すことができるアクションを表す動詞です。メソッドは、サーバーリソースに対してアクションを実行するために使用されます。HTTP統合がこれらのメソッドをどのように使用するかについては、「API要求メソッド」を参照してください。

必要なマイクロアプリ統合のために、データの読み込みサービスアクションを設定してデータを読み込んで変更する場合、HTTPメソッドが関係してきます。

HTTP要求および応答の構築

HTTPメソッドには、GET、PUT、POST、DELETEなどがあります。HTTP要求は、リソースに接続した後に、クライアントが何をしたいのかをサーバーに伝えます。たとえば、クライアントは、データの表示(GET)、データの作成(PUT)、データの更新(POST)、またはデータの削除(DELETE)を行うことができます。

パスには、要求されたリソースの場所またはURIが含まれています。これは、要求された特定のリソース(別名URI)のサーバーホスト名とサーバー上のリソースの場所で構成されています。

プロトコル(たとえばHTTP/1.1)は、2つのシステムがやり取りするための通信の言語を定義します。

HTTP要求は、次の基本構造で構成されています:

  • ヘッダー

    要求ヘッダーフィールドにより、クライアントはその要求に関する追加情報と、クライアント自身に関する追加情報をサーバーに渡すことができます。

  • 本文

    要求の最後の部分は本文です。これには、サーバーに送信されるすべてのデータが含まれます。すべての要求に本文が必要なわけではありません。サーバーにデータを送信する場合にのみ、POSTメソッドやPUTメソッドのようにこの属性が必要になります。

  • 応答

    サーバーは、要求メッセージを受信して解釈した後、HTTP応答メッセージで応答します。HTTP応答は、サーバーからクライアントに送り返されるデータです。要求されたリソースを表現したものをクライアントに提供します。

必要なマイクロアプリ統合のために、HTTP統合データの読み込みサービスアクション、およびWebhookリスナーを設定してデータを読み込んで変更する場合、HTTP要求および応答が関係してきます。

ページネーション

ページネーションメソッドは、データの読み込み、Webhookリスナー、およびサービスアクションを設定するときに構成します。必要な各ページネーションメソッドは、ターゲットアプリケーション統合によって異なります。

HTTP統合で使用されるページネーションの種類について詳しくは、データの読み込みに関する説明のページネーションセクションを参照してください。

APIの検証

優れたサンドボックス環境でAPIを試せるようにする、さまざまなサードパーティプラットフォーム(Postmanなど)があります。これらのツールの使用に関する情報の多くは、特定のプログラムのプラットフォームとドキュメントから入手できます。

HTTP統合とデータベース

このセクションでは、ターゲットアプリケーション統合のレコードシステム(System of Record:SoR)とのHTTP統合を構成するときに使用される、基本的なデータベースの概念について説明します。

基本的なデータベース構造

データベーステーブルは、名前付きの垂直のと水平ののモデルを使用した、データ要素のセットで構成されています。列と行が交差する各箇所は、セルまたはエンティティと呼ばれます。データベーステーブルは、定義された数の列があり、任意の数の行を持つことができます。各行はレコードであり、エンティティの1つのインスタンスを表します。行を一意に識別する列を特に選択したものを、プライマリキーと呼びます。

プライマリキー

プライマリキーは、テーブル内の各行または各レコードを特定する一意の識別子を含んだ、テーブル内の属性または列です。 すべてのプライマリキーの値は、列内でグローバルに一意である必要があり、NULL値を含めることはできません。 プライマリキーは、データの冗長性を減らし、プライマリテーブルと外部テーブルのデータ間の関係を構築するのに役立ちます。

プライマリキーは、データの読み込みサービスアクションを設定するときに構成されます。

外部キー

外部キーは、別の(外部)テーブルのプライマリキーを指し示すテーブルの列です。 外部キーは、テーブル間の相互参照リンクとして機能し、統合データ構造で関係を構築する方法の基礎となります。外部キーは、別のテーブルのプライマリキーと一致するか、NULL値である必要があります。

データの読み込みおよびサービスアクションを実行します。

関係

データベース関係は、ターゲットアプリケーション統合からデータを取得するために、JOINステートメントを使用して作成したテーブル間の関連付けです。

  • 1対1(1:1 ) 1対1のテーブル関係は、子テーブルのプライマリキーが、親テーブルのプライマリキーを参照する外部キーでもあるという2つのテーブルの結び付きです。基本的にこれは、子テーブルが親のプライマリキーを共有していることを意味します。
  • 1対多(1:N) HTTP統合の1対多の関係は、それぞれの子テーブルにある外部キーが、親テーブルのプライマリキーにリンクしているという2つのテーブルの結び付きです。

    関係

関係は、テーブルを編集してマイクロアプリを作成する際の中心的な概念であり、カスタム関係を作成するときに使用されます。 また、HTTP統合を使用して複雑な関係を確立する方法に関する詳細を「深い統合データ構造の作成」で読むことができます。

データ型

データ型は、サービスアクションを構成するときにデータ構造を構築する際、使用されます。

  • 文字列: 文字と数字の英数字シーケンス。
  • 整数: 整数は正または負の場合があります。
  • ブール値: trueまたはfalseの値。
  • オブジェクト: JSON形式のキーと値のペア。
  • 配列: 値のリスト。

サービスアクションを設定するときに、データ型が定義および構成されます。

SQLクエリ

クエリはマイクロアプリのデータキャッシュに送信され、マイクロアプリページに値を返して表示します。Workspaceユーザーは、フィードとページにデータを表示します。データは、SQLクエリを使用してマイクロアプリのデータキャッシュから取得されます。

マイクロアプリでSQLを表示および監視する方法について詳しくは、「ページの詳細」を参照してください。

追加学習

マイクロアプリとWorkspaceについて学習するためのその他のリソースは、Citrixトレーニングポータルにあります。Citrixトレーニングポータルにアクセスするには、Citrixへのログインが必要です。

HTTP統合の概念