マイクロアプリ

リストページの構築

レコードシステムで使用可能なすべてのレコードを表示するリストページを構築します。これは、たとえば、特定のユーザーに属するすべての課題(パーソナライズ)、または特定のプロジェクトのすべての課題として定義できます。ここでは、このワークフロー用のマイクロアプリが既に作成されていることを前提とします。手順については、「新しいマイクロアプリの追加」を参照してください。

マイクロアプリのリストページを追加するには、開始テンプレートから選択し、ビルダーでページをカスタマイズします。このリストページのの場合は、テーブルビルダーコンポーネントが既に利用可能になっているテーブルテンプレートで開始します。次に、テキスト入力コンポーネントを追加して、テーブルを検索します。このページでは、次のビルダーコンポーネントを使用します:

  • テーブル - テーブルのソース、フィルターを定義し、列を定義して、テーブルを追加します。ページリンクアクションを追加できます。データの露出を制限するには、個人設定クエリを設定する必要があります。
  • テキスト入力 - このコンポーネントは検索入力として使用します。これは、テキストソースまたはデフォルトを定義しないことを意味します。

次の画像は、上記のコンポーネントを使用して構築した詳細ページへのリンクとチケットの詳細を示すリストページの例です。

リストページの例

重要:

個人用のクエリのないテーブルは、利用者に対するデータリレーションとは関係なく、テーブルフィルターに一致するすべてのレコードを公開します。データ公開を制限しない限り、潜在的に機密性の高いデータがすべてのマイクロアプリユーザーに公開される可能性があります。データフィルター機能を使用して、ページへのデータアクセスを制御します。

ページ内のコンポーネントビルダーペインで、テーブルを選択します。[テーブルのプロパティ] を選択し、[データフィルター]を選択します。次に [+条件を追加] を選択して、必要に応じて制約を追加します。

次の手順を実行します:

  1. ページを追加するマイクロアプリを選択します。[ページ] を選択し、[新しいページを追加]を選択します。
  2. ページに名前を付け、テーブルテンプレートを選択します。
  3. [データソース] を確認し、テーブルのレコードの取得元となる [データテーブル] を選択します。[フィールドの選択] を選択して、ページに追加するフィールドを選択します。[追加] を選択します。

    新しいページが [ページ] リストに追加され、カスタマイズする準備ができました。ビルダーページに、選択したフィールドが入力されます。それでは、ページをカスタマイズしましょう。

  4. 検索ボックスを追加するには、テキスト入力コンポーネントをビルダーにドラッグし、テーブルコンポーネントの上に配置します。
    • [Text Input Properties] タブを選択します。[ラベル] フィールドに「Search」と入力します。
    • [データ列にマップ] を無効にします。
    • [デフォルト値] は設定しないでください。
    • このフィールドでは、[必須] をアクティブにしないでください。
  5. ビルダーで使用可能になっているテーブル コンポーネントを選択します。
    • [Table Properties] タブを選択します。[ラベル] フィールドに、「Tickets」と入力します。
    • テーブルに表示する [データテーブル] を選択します。このテーブルに表示する列を追加する必要があります。追加するモデルについては、上のスクリーンショットを参照してください。
    • [データフィルター][フィルターを設定] を選択して検索が実行される列にマッピングします。
      1. [追加] を選択します。
      2. [列を選択] の値を選択します。
      3. [アクション]containsを選択します。これにより、部分的な入力や完了していない文字列入力で、結果を取得できます。
      4. [値の種類]コンポーネント値を選択します。
      5. [コンポーネント]検索テキスト入力を選択します。
      6. [Only with value] を有効にします。
      7. (オプション)その他のフィルターを追加することもできます。たとえば、アクティブなレコードのフィルターです。また、[すべて][1回限り] を選択したり、論理式を記述したりして、フィルターのルールを組み合わせることもできます。
      8. [保存] を選択します。
    • [列] を選択し、表示されている最初の項目を選択します。[列のタイトル] で列に名前を付けます。たとえば、列にTicket Numberという名前を付けますが、マップするデータ列はissue_keyという名前です。事前に入力されているデータテーブルの値を選択し、データ列を選択して正しい列にマッピングします。
    • [+] を選択して、説明問題の種類優先度というラベルの列でも繰り返します。
    • [アクション] タブで既に作成した [詳細] ページを選択します。これによって、右側に [詳細の表示] リンクが表示され、対象となる課題の詳細が入力されたページへのリンクが構築されます。

    リストページの構築が完了しました。最後の手順では、このページをマイクロアプリのアクションページとして選択し、この統合のアクションのリストに表示します。

  6. [プロパティ] を選択します。これは、ビルダーの左側に表示される歯車です。
  7. [アクション][アクションとして有効化] をオンにし、[アクションページ] メニューでこのページを選択します。

    これでリストページの準備が完了しました。

リストページの構築