マイクロアプリ

Citrix Cloud Status Hubの統合

Citrix Cloud Statusと統合して、一部のCitrixサービスに影響を与える可能性のあるインシデントとメンテナンスのスケジュールの更新を取得します。

この統合はCitrix Cloud Status用に構築されていますが、ベースURLを変更し、それぞれのWebhook更新サービスにサブスクライブすることで、他のStatusHubサブスクリプションにも使用できます。

追加設定不要のCitrix Cloud Statusマイクロアプリの一覧については、「Citrix Cloud Statusマイクロアプリの使用」を参照してください。

Citrix Cloud Status統合の追加

次の手順に従って、Citrix Cloud Status統合をセットアップします。認証オプションは事前に選択されています。プロセスの完了時に、これらのオプションが選択されていることを確認してください。

次の手順を実行します:

  1. [マイクロアプリ統合] ページで [新しい統合を追加] および [Citrix提供のテンプレートから新しい統合を追加する] を選択します。
  2. Citrix Cloud Statusタイルを選択します。
  3. 統合の [統合名] を入力します。
  4. コネクタのパラメーターを入力します。
    • インスタンスの [ベースURL] はそのままにします。
    • アイコンライブラリから統合のアイコンを選択するか、デフォルトのCitrix Cloud Statusアイコンのままにしておきます。
  5. [追加] を選択します。

[マイクロアプリ統合] ページが開き、Citrix Cloud Status統合とそのマイクロアプリが表示されています。

Citrix Cloud Statusパラメーター

Webhookリスナーのセットアップ

上記の統合を追加した後、Webhookリスナーをセットアップする必要があります。

次の手順を実行します:

  1. [マイクロアプリ統合] ページから[Citrix Cloud Status統合]に移動し、メニューから [編集] を選択します。
  2. 左側のメニューから [Webhookリスナー] を選択します。
  3. 表示されたURLをコピーします。ショートカットを使用するか、省略記号メニューを選択して、[URLのコピー] を選択します。

    Citrix Cloud Webhook

  4. https://status.cloud.com/subscribers/newに移動し、[Webhook] を選択します。
  5. WebhookリスナーのURLを [Webhook URL] フィールドに貼り付けます。利用規約に同意し、[Next] を選択します。
  6. [All services] を選択します。たとえば、地域ごとに個別にサブスクライブする場合は、[Selected services] を選択し、[Aggregate by groups] を切り替えます。
  7. インシデントのすべての更新を受け取らない場合は、[Only send me the minimum number of notifications per incident] チェックボックスをオンにします。
  8. [保存] を選択して終了します。

同期されたエンティティについて詳しくは、「必要なエンティティの確認」を参照してください。

APIエンドポイントとテーブルエンティティについて詳しくは、「Citrix Cloud Statusコネクタの仕様」を参照してください。

Citrix Cloud Statusマイクロアプリの使用

既存のWeb/SaaS統合には、追加設定不要のマイクロアプリが付属しています。これらのマイクロアプリから開始して、ニーズに合わせてカスタマイズします。

これらのマイクロアプリはWebhookテーブルにマップされ、統合の追加後に発生した新しいインシデントを提供します。

Citrix Cloud Status統合テンプレートには、以下の設定済みで追加設定不要のマイクロアプリが付属しています:

インシデント:新しいインシデントおよびインシデントの更新に関する通知を受け取ります。また、インシデントを検索し、その詳細を表示します。

通知またはページ ユースケースワークフロー
インシデント - 新規(通知) 新しいインシデントが発生すると、サブスクライブされたユーザーは通知を受け取ります。
インシデント - 変更(通知) インシデントが更新されると、サブスクライブされたユーザーは通知を受け取ります。
インシデント(ページ) ユーザーがインシデント通知をクリックしたときに、インシデントの読み取り専用ビューを提供します。
インシデント(アクションページ) サブスクライブされたユーザーがイベントテーブル(Webhook)のインシデントを検索するための、検索およびフィルターオプションを備えたテーブルビュー。
インシデントの詳細(ページ) ユーザーがインシデント(アクションページ)でインシデントをクリックしたときに、インシデントの読み取り専用ビューを提供します。
インシデント更新の詳細(ページ) ユーザーがインシデント/インシデントの詳細ページでインシデントの更新をクリックしたときに、インシデント更新の読み取り専用ビューを提供します。

メンテナンス:カレンダーに追加された新しいメンテナンススケジュールの通知、およびメンテナンス期間の開始時と終了時の通知を受け取ります。また、メンテナンススケジュールを検索し、その詳細を表示します。

通知またはページ ユースケースワークフロー
メンテナンス - 新規(通知) 新しいメンテナンスがスケジュールされてカレンダーに追加されると、サブスクライブされたユーザーは通知を受け取ります。
メンテナンス - 開始(通知) メンテナンス期間が開始すると、サブスクライブされたユーザーは通知を受け取ります。
メンテナンス - 終了(通知) メンテナンス期間が終了すると、サブスクライブされたユーザーは通知を受け取ります。
メンテナンススケジュール(アクションページ) サブスクライブされたユーザーがイベントテーブル(Webhook)のメンテナンススケジュールを検索するための、検索およびフィルターオプションを備えたテーブルビュー。
メンテナンス詳細(ページ) ユーザーがメンテナンススケジュール(アクションページ)でメンテナンス通知またはメンテナンスをクリックしたときに、メンテナンスの読み取り専用ビューを提供します。
Citrix Cloud Status Hubの統合