マイクロアプリ

Google Meetの統合

Google Meet統合を展開して、Google Meetミーティングをスケジュールし、任意のデバイスまたはイントラネットからのレコーディングを一覧表示します。この統合は、次の2つのユースケースに対応します:

  • 「ミーティングの作成」マイクロアプリを使用すると、ユーザーは、1回限りの/定期的なミーティングをホストしたり、招待者を追加したり、異なるタイムゾーンを選択したりできます。また、カレンダーとの統合を容易にするために、対応するミーティングオブジェクトを持つすべての招待者にフォローアップメールを送信することもできます。
  • 「ミーティングのレコーディング」マイクロアプリを使用すると、ユーザーはアクセスできるすべてのミーティングのレコーディングを表示できます。

注:

ご意見・ご要望をお待ちしています。この統合テンプレートに関するフィードバックをお送りください。また、問題についてはサポートチームが専用フォーラムを毎日確認いたします。

すぐに利用可能なGoogle Meet用のマイクロアプリの包括的な詳細については、「 Google Meetマイクロアプリの使用」 を参照してください。

必須条件の確認

これらの前提条件は、管理者が組織のGoogle Meet統合セットアップの一部であることを前提としています。このGoogle Meet管理者アカウントには、ユーザー情報の完全な読み取り権限が必要です。Google Meetでこの統合をセットアップした後、Citrix Workspaceマイクロアプリに統合を追加するには、以下のアーティファクトが必要になります:

  • ベースURL:https://www.googleapis.com/
  • トークンURL:https://oauth2.googleapis.com/token
  • 認証URL:https://accounts.google.com/o/oauth2/v2/auth?access_type=offline&prompt=consent
  • クライアントID:クライアントIDは、承認サーバーに固有のクライアント登録情報を表す文字列です。
  • シークレット:クライアントシークレットは、ターゲットアプリケーション統合のセットアップ時に発行される一意の文字列です。

注:

利用可能な場合は、サービス認証方法として常にOAuth 2.0を使用することをお勧めします。OAuth 2.0は、統合が、構成済みのマイクロアプリとの最大限のセキュリティコンプライアンスを満たすことを保証します。

Citrix GatewayがGoogle Meetのシングルサインオンに対応するように構成して、ユーザーがログインすると、再度資格情報を入力しなくても自動的に再ログインできるようにします。SSOの構成について詳しくは、「Citrix Gatewayサービスhttps://docs.citrix.com/en-us/citrix-gateway-service/」を参照してください。

統合ではGoogle Meetインスタンスへの定期的なアクセスが必要なので、Google Meetで専用のユーザーアカウントを作成することをお勧めします。このアカウントには、次の権限が必要です:

  • サービスアカウントに必要な権限:完全な管理者特権

  • サービスアカウントに必要なスコープ:

    https://www.googleapis.com/auth/calendar https://www.googleapis.com/auth/calendar.events https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.user

特定のリソースに対して実行できるAPI要求の数は限られているため、以下をお勧めします:

新しいサービスアカウントの作成

次にサインインします: https://workspace.google.co.in/intl/en_in/pricing.html

APIの有効化

Google MeetのAPIは、デフォルトで有料アカウントのWebサービスを介したアクセスが有効になっています。

OAuthの構成

  1. 次の場所にサービスアカウントでログインします:https://console.cloud.google.com
  2. 左側のメニューで [APIs and Services] を選択します。
  3. ナビゲーションメニューのプロジェクトリストから適切なプロジェクトを選択します。
  4. [ENABLE APIS AND SERVICES] を選択し、G-Suiteから必要なすべてのAPIを有効にします。推奨API:Google Calendar APIおよびAdmin SDK
  5. [APIs and Services] ページに戻り、左側の画面で [OAuth consent screen] を選択します。
  6. 要件に応じてユーザーの種類を選択し(推奨:[Internal])、[Create] を選択します。
  7. [Scopes required for Service Account] などの必須フィールドに入力し、詳細情報を保存します。必要なスコープ:

コールバックURLサーバーの構成

Google Meet統合を介してデータを読み取るようにOAuthサーバーを構成します。

  1. 次の場所にサービスアカウントでログインします:https://console.cloud.google.com
  2. 左側のメニューで [APIs and Services] を選択します。
  3. ナビゲーションメニューのプロジェクトリストから適切なプロジェクトを選択します。
  4. 左側の画面で [Google Meet] を選択します。
  5. [CREATE CREDENTIALS] を選択し、リストから [OAuth client ID] を選択します。
  6. [Application type] リストから [Web Application] を選択し、名前を入力します。
  7. [Authorized redirect URIs][ADD URI] を選択します。
  8. [URIs] フィールドに、この統合用の以下の承認済みリダイレクトURLを入力します:

    • https://{yourmicroappserverurl}/admin/api/gwsc/auth/serverContext
  9. [Create] を選択します。
  10. 画面に表示されているClientIdSecretをコピーして保存します。統合を構成するときに、これらの詳細をサービス認証に使用します。

コールバックURLクライアントの構成

Google Meet統合を通じてデータをライトバックするようにOAuthクライアントを構成します。

  1. 次の場所にサービスアカウントでログインします:https://console.cloud.google.com
  2. 左側のメニューで [APIs and Services] を選択します。
  3. ナビゲーションメニューのプロジェクトリストから適切なプロジェクトを選択します。
  4. 左側の画面で [Google Meet] を選択します。
  5. [CREATE CREDENTIALS] を選択し、リストから [OAuth client ID] を選択します。
  6. [Application type] リストから [Web Application] を選択し、名前を入力します。
  7. [Authorized redirect URIs][ADD URI] を選択します。
  8. [URIs] フィールドに、この統合用の以下の承認済みリダイレクトURLを入力します:

    • https://{yourmicroappserverurl}/app/api/auth/serviceAction/callback
  9. [Create] を選択します。
  10. 画面に表示されているClientIdSecretをコピーして保存します。統合を構成するときに、これらの詳細をサービスアクション認証に使用します。

Citrix Workspaceマイクロアプリへの統合の追加

Google Meet統合をCitrix Workspaceマイクロアプリに追加して、アプリケーションに接続します。これにより、通知とアクションが設定済みとなっている追加設定不要のマイクロアプリを、Workspace内で使用できるようになります。

次の手順を実行します:

  1. [マイクロアプリ統合] ページで [新しい統合を追加] および [Citrix提供のテンプレートから新しい統合を追加する] を選択します。
  2. Google Meetタイルを選択します。
  3. 統合の名前を入力します。
    • インスタンスの [ベースURL] を入力します:https://www.googleapis.com/
    • アイコンライブラリから統合のアイコンを選択するか、デフォルトのアイコンのままにしておきます。

    名前とベースURL

  4. [サービス認証][認証方法] メニューから [OAuth 2.0] を選択して認証の詳細を完了します。認証オプションは事前に選択されています。プロセスの完了時に、これらのオプションが選択されていることを確認してください。OAuth 2.0セキュリティプロトコルを使用して、委任されたアクセスの要求/承認トークンを生成します。利用可能な場合は、サービス認証方法として常にOAuth 2.0を使用することをお勧めします。OAuth 2.0は、統合が、構成済みのマイクロアプリとの最大限のセキュリティコンプライアンスを満たすことを保証します。

    1. [許可の種類] メニューで [認証コード] を選択します。これによって、クライアントが交換するアクセストークン用の一時コードが付与されます。コードは認証サーバーから取得され、そこでクライアントが要求している情報を確認できます。この許可の種類のみが、安全なユーザーの偽装を有効にします。これにより、アプリケーションの登録時に使用する [コールバックURL] が表示されます
    2. [トークン認証] メニューから [要求の本文] を選択します。
    3. [認証URL] は事前に入力されています: https://accounts.google.com/o/oauth2/v2/auth?access_type=offline&prompt=consent
    4. [トークンURL] は事前に入力されています: https://oauth2.googleapis.com/token
    5. スコープに次のように入力されていることを確認します:https://www.googleapis.com/auth/calendar https://www.googleapis.com/auth/calendar.events https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.user
    6. [クライアントID] を入力します。クライアントIDは、承認サーバーに固有のクライアント登録情報を表す文字列です。OAuthサーバーを構成したときに、クライアントIDとシークレットを収集します。統合構成ページに表示される [コールバックURL] を追加する必要があります。
    7. [クライアントシークレット] を入力します。クライアントシークレットは、ターゲットアプリケーション統合のセットアップ時に発行される一意の文字列です。

    サービス認証

  5. [サービスアクション認証][[アクション]で個別のユーザー認証を使用する] トグルを有効にします。サービスアクション認証は、サービスアクションレベルで認証します。認証オプションは事前に選択されています。プロセスの完了時に、これらのオプションが選択されていることを確認してください。

    1. [認証方法] メニューから [OAuth 2.0] を選択して認証の詳細を完了します。
    2. [許可の種類] メニューで [認証コード] を選択します。これによって、クライアントが交換するアクセストークン用の一時コードが付与されます。コードは認証サーバーから取得され、そこでクライアントが要求している情報を確認できます。この許可の種類のみが、安全なユーザーの偽装を有効にします。これにより、アプリケーションの登録時に使用する [コールバックURL] が表示されます
    3. [トークン認証] メニューから [要求の本文] を選択します。
    4. [認証URL] は事前に入力されています: https://accounts.google.com/o/oauth2/v2/auth?access_type=offline&prompt=consent
    5. [トークンURL] は事前に入力されています: https://oauth2.googleapis.com/token
    6. スコープに次のように入力されていることを確認します:https://www.googleapis.com/auth/calendar https://www.googleapis.com/auth/calendar.events
    7. [クライアントID] を入力します。クライアントIDは、承認サーバーに固有のクライアント登録情報を表す文字列です。OAuthクライアントを構成したときに、クライアントIDとシークレットを収集します。統合構成ページに表示される [コールバックURL] を追加する必要があります。
    8. [クライアントシークレット] を入力します。クライアントシークレットは、ターゲットアプリケーション統合のセットアップ時に発行される一意の文字列です。

    サービスアクション認証

  6. [要求レート制限を有効にする] トグルを有効にします。[要求数]「100」 と入力し、[時間間隔]「1分」と入力します。
  7. (オプション)サポートのために24時間のログを保持するには、[ログ] を有効にします。

    レート制限とログの切り替え

  8. [保存] を選択して続行します。
  9. [OAuth認証][承認] を選択して、サービスアカウントにログインします。Googleのログイン画面がポップアップで表示されます。
    1. サービスアカウントのユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン] を選択します。
    2. [同意] を選択します。

    承認

[マイクロアプリ統合] ページが開き、追加した統合とそのマイクロアプリが表示されています。ここから別の統合を追加したり、追加設定不要のマイクロアプリのセットアップを続行したり、この統合用の新しいマイクロアプリを作成したりできます。

これで、最初のデータ同期を設定して実行する準備ができました。統合アプリケーションからマイクロアプリプラットフォームに大量のデータをプルできるので、[テーブル] ページを使用して、最初のデータ同期のエンティティをフィルタリングし、同期を高速化することをお勧めします。詳しくは、「必要なエンティティの確認」を参照してください。同期ルール、スケジュールを満たさない同期、および拒否ルールの詳細については、「データの同期」を参照してください。

注:

Citrix Google Meet統合では、[アクション後のデータ更新] を使用して、ミーティングのレコーディングサービスアクションの [表の更新] ボタンからログインユーザーの最新データをプルします。このアプローチをそのまま使用することをお勧めします。ユーザーに最適な量のデータを保持するよう、2か月に1回手動による完全同期を使用してください。また、統合では増分同期をサポートしておらず、最新データの取得は [アクション後のデータ更新] のみで行います。

APIエンドポイントとテーブルエンティティについて詳しくは、「Google Meetコネクタの仕様」を参照してください。

Google Meetマイクロアプリの使用

既存のアプリケーション統合には、追加設定不要のマイクロアプリが付属しています。これらのマイクロアプリから開始して、ニーズに合わせてカスタマイズします。

ミーティングの作成: ユーザー設定に従ってミーティングをスケジュールします。

通知またはページ ユースケースワークフロー
ミーティングの作成ページ ミーティングのタイトル、開始時間と終了時間、タイムゾーン、繰り返し(1回、毎日、毎週、毎月)、パスワード、ミーティングの参加者などの詳細を含む、ミーティングをスケジュールするためのフォームを提供します。

ミーティングのレコーディング: ユーザーが利用できるすべてのミーティングのレコーディング一覧を表示し、記録されたビデオを視聴できます。

通知またはページ ユースケースワークフロー
Recordingsページ ユーザーが利用できるミーティングのレコーディング一覧と、一覧を更新するための [一覧の更新] ボタンを提供します。一覧から使用可能なレコーディングをクリックして、レコーディングの詳細を表示します。
RecordingDetailsページ ミーティングのレコーディングの詳細ページと、記録されたビデオを視聴するための [録画の再生] オプション。ボタンをクリックすると、レコーディングを視聴できます