マイクロアプリ

Ivantiの統合

Ivanti統合を展開して、インシデント、サービス要求を送信および監視し、Citrix Workspaceを通じてアクションを実行します。また、インシデントを確認する機能を備えた、上位レベルのエージェント向けのマイクロアプリも提供します。この統合では、ユーザーの代わりにインシデントのアクションを実行する委任モデルを使用して要求が作成されます。サービス要求はIvantiへのディープリンクを介して実装され、ユーザーは独自の要求を作成できます。

注:

ご意見・ご要望をお待ちしています。この統合テンプレートに関するフィードバックをお送りください。また、問題についてはサポートチームが専用フォーラムを毎日確認いたします。

必須条件の確認

グローバル管理者権限を持つユーザーアカウントを作成するには、「tenant」という姓と、Ivanti環境のTenantIDとして定義される名で作成する必要があります。「サービスアカウントの作成」を参照してください。

Citrix Workspaceマイクロアプリに統合を追加するには、次のアーティファクトが必要です:

  • ベースURLhttps://{TenantID}.trysaasit.com/api/odata/businessobject/
  • TenantIDTenantIDは次の形式から見つけます:https://{TenantID}.trysaasit.com
  • トークン:このトークンはAPIアクセスを許可します。「アクセストークンの収集」を参照してください。

ユーザーアカウントの作成

このアカウントは以下の手順で作成する必要があります:

  1. フィールド:[名]にIvanti環境のTenantIDを入力します。TenantIDは次の形式から見つけます:https://{TenantID}.trysaasit.com
  2. フィールド:[姓]に「tenant」という文字列を入力します。

アクセストークンの収集

アクセストークンを取得するには、このプロセスに従います。このアクセストークンは、その有効期間中または新しいアクセストークンが要求されるまで有効です。

  1. Ivantiインスタンスに管理者としてログインしている状態で、画面の右上隅にある設定アイコン(レンチのマーク)を選択します。
  2. 左側のナビゲーションメニューで [セキュリティコントロール] を選択し、[APIキー]を選択します。
  3. [キーグループを追加] を選択します。
  4. グループの名前説明を入力し、[キーグループを保存]を選択します。このグループを「WSi Citrix」とします。
  5. 新しく作成した [WSi Citrixキーグループ] を選択し、[APIキーを追加]を選択します。
  6. 管理者の役割[代表者] を設定します。管理者[役割] 設定します。[キーを保存] を選択します。
  7. このキーは、この統合を設定するときにトークンとして使用するため、コピーしておきます。

Citrix Workspaceマイクロアプリへの統合の追加

Ivanti統合をCitrix Workspaceマイクロアプリに追加して、アプリケーションに接続します。認証オプションは事前に選択されています。プロセスの完了時に、これらのオプションが選択されていることを確認してください。これにより、通知とアクションが設定済みとなっている追加設定不要のマイクロアプリを、Workspace内で使用できるようになります。

次の手順を実行します:

  1. [マイクロアプリ統合] ページで [新しい統合を追加] および [Citrix提供のテンプレートから新しい統合を追加する] を選択します。
  2. Ivantiタイルを選択します。
  3. 統合の [統合名] を入力します。
  4. コネクタのパラメーターを入力します。
    • インスタンスの [ベースURL] を入力します:
    • アイコンライブラリから統合のアイコンを選択するか、デフォルトのアイコンのままにしておきます。

    コネクタのパラメーター

  5. [サービス認証] で、[認証方法]メニューから [APIキー] を選択し、収集したトークン値を [値] フィールドに入力します。APIキーにより、統合が最大限のセキュリティコンプライアンスを満たすことが保証されます。

    コネクタのパラメーター

  6. [要求レート制限を有効にする] トグルをオフのままにします。
  7. (オプション)サポートのために24時間のログを保持するには、[ログ] を有効にします。
  8. [保存] を選択して続行します。

    コネクタのパラメーター

[マイクロアプリ統合] ページが開き、追加した統合とそのマイクロアプリが表示されています。これで、最初のデータ同期を設定して実行する準備ができました。同期ルール、スケジュールを満たさない同期、および拒否ルールの詳細については、「データの同期」を参照してください。

APIエンドポイントとテーブルエンティティについて詳しくは、「Ivantiコネクタの仕様」を参照してください。

Ivantiマイクロアプリの使用

シトリックスのIvanti統合テンプレートには、すぐに使えるマイクロアプリが付属しています。これらのマイクロアプリから開始して、ニーズに合わせてカスタマイズします。

エージェントインシデント: エージェントがインシデントを管理するためのセルフサービス。購読者はIvantiへのエージェントアクセス権を持っている必要があります。持っていない場合、解決が失敗します。

通知またはページ ユースケースワークフロー
インシデントステータスの変更通知 インシデントのステータスが変更されると、所有者はインシデントの詳細へのリンクを含む通知を受け取ります。
新規インシデント通知 新しいインシデントが作成されると、所有者はインシデントの詳細へのリンクを含む通知を受け取ります。
解決目標違反通知 インシデントが解決目標に違反すると、所有者はインシデントの詳細へのリンクを含む通知を受け取ります。
応答目標違反通知 インシデントが応答目標に違反すると、所有者はインシデントの詳細へのリンクを含む通知を受け取ります。
インシデントの詳細ページ メモの追加とインシデントの解決を行うオプションとともにインシデントの詳細を表示します。
マイインシデントページ インシデントの詳細へのリンクとともに、ユーザーに割り当てられたインシデントの一覧が表示されます。

サービスカタログから作成: Ivantiのセルフサービスモジュールに戻るディープリンクを使用して、マイクロアプリのタイトルに基づいてサービス要求作成します。

通知またはページ ユースケースワークフロー
サービス要求の作成ページ 新しいサービス要求を作成するためのフォームと、サービスカタログにおいて検索可能なサービスのリストが表示されます。

インシデントの作成: Ivantiで新しいインシデントを報告します。これは、所有者なしで送信できるクイック作成です。

通知またはページ ユースケースワークフロー
インシデントの作成ページ インシデントを作成するフォームが表示されます。

マイインシデント: 自分のインシデントのセルフサービス。

通知またはページ ユースケースワークフロー
「マイインシデントが解決目標に違反しました」という通知 ユーザーのインシデントが解決目標に違反すると、インシデントの詳細へのリンクを含む通知を受け取ります。
「マイインシデントが応答目標に違反しました」という通知 ユーザーのインシデントが応答目標に違反すると、インシデントの詳細へのリンクを含む通知を受け取ります。
「マイインシデントステータスが変更されました」という通知 ユーザーのインシデントのステータスが変更されると、インシデントの詳細へのリンクを含む通知を受け取ります。
新規インシデント通知 ユーザーの新しいインシデントが記録されると、インシデントの詳細へのリンクを含む通知を受け取ります。
インシデントの詳細ページ インシデントの解決を行うオプションとともにインシデントの詳細を表示します。
アクティブなインシデントページ インシデントの詳細へのリンクとともに、ユーザーに割り当てられたインシデントの一覧が表示されます。

マイサービス要求: ディープリンクを含む既存のサービス要求を表示し、リクエストに関連付けられた動的テンプレートを表示します。

通知またはページ ユースケースワークフロー
新規サービス要求通知 新しいサービス要求が送信されると、ユーザーはサービス要求の詳細へのリンクを含む通知を受け取ります。
サービス要求ステータス変更通知 サービス要求のステータスが変更されると、所有者はサービス要求の詳細へのリンクを含む通知を受け取ります。
マイサービス要求ページ インシデントの詳細へのリンクとともに、ユーザーに割り当てられたサービス要求の一覧が表示されます。
サービス要求の詳細ページ オプションを含むサービス要求の詳細が表示され、メモおよび未解決のサービス要求を追加できます。

クイックサービス要求: 共通のサービス要求をすばやく作成します。

通知またはページ ユースケースワークフロー
クイックサービス要求の一覧ページ 機器の要求コンピューターの要求パスワードのリセットアクセスの要求など、一般的なサービス要求を送信するためのフォームを提供します。
Ivantiの統合