マイクロアプリ

Slackの統合

Slack統合を展開することで、トラフィックを大量に消費しないが、メンバーの注意を必要とする重要なチャンネルに、追加の監視機能が提供されます。特定のグループまたは部門で使用可能なチャネルを調整するには、複数の統合を使用します。

注:

ご意見・ご要望をお待ちしています。この統合テンプレートに関するフィードバックをお送りください。また、問題についてはサポートチームが専用フォーラムを毎日確認いたします。

すぐに利用可能なSlack用のマイクロアプリの包括的な詳細については、「Slackの使用」 を参照してください。

必須条件の確認

Citrix Workspaceマイクロアプリに入力する値は、次のとおりです:

  • ベースURLhttps://slack.com/api
  • 認証URLhttps://slack.com/oauth/authorize
  • トークンURLhttps://slack.com/api/oauth.access
  • チャネルID:Slackで新しくお気に入りのチャネルを作成するときに収集します。これは、エンドポイントとサービスアクションを変更する際に必要となります。「お気に入りのチャネルの作成とチャネルIDの収集」を参照してください。
  • OAuthアクセストークン:統合テンプレートを設定するときに、トークン値として入力します。ボットの作成時に、このトークン、クライアントID、およびクライアントシークレットを収集します。
  • クライアントID:クライアントIDは、承認サーバーに固有のクライアント登録情報を表す文字列です。
  • クライアントシークレット:クライアントシークレットは、ターゲットアプリケーション統合のセットアップ時に発行される一意の文字列です。

注:

利用可能な場合は、サービス認証方法として常にOAuth 2.0を使用することをお勧めします。OAuth 2.0は、統合が、構成済みのマイクロアプリとの最大限のセキュリティコンプライアンスを満たすことを保証します。

新しいサービスアカウントの作成

統合には、Slackインスタンスへの定期的なアクセスが必要です。完全な管理者権限を持つ専用ユーザーアカウントを作成することをお勧めします。ここから登録します: https://slack.com/get-started#/create

APIの有効化

特定のリソースに対して実行できるAPI要求の数は限られているため、以下をお勧めします:

ボットの作成

ボットは、ユーザーと対話するSlackアプリで、メッセージの投稿や、ユーザーからのメッセージの受信および返信の機能を備えています。Slackアプリを作成し、スコープを選択してアプリに追加します。

  1. Slack管理UIに移動し、アプリを作成していない場合は、アプリを作成します:https://api.slack.com/apps
  2. [App Name] にアプリ名を入力し、[Development Slack Workspace]にアプリをインストールするSlackワークスペースを選択します。
  3. [Create App] を選択します。
  4. [Basic Information][App Credentials] で、次のアプリ認証情報をコピーします:
    • クライアントID
    • クライアントシークレット
  5. 左側のサイドバーの [Features][OAuth & Permissions] に移動します。
  6. [Scopes/Bot Token Scopes] で、[Scopes] セクションの [Add an OAuth Scope] タイルを選択し、ユーザートークンではなくボットトークンにスコープを追加していることを確認します。次のスコープを追加します:channels:history channels:join channels:read groups:history groups:read mpim:history mpim:read team:read users.profile:read users:read users:read.email
  7. [Redirect URLs] で、次の各コールバックに対して [Add New Redirect URL] を選択し、値の入力が完了したら [Save URLs] をクリックします。
    • https://{yourmicroappserverurl}/admin/api/gwsc/auth/serverContext
    • https://{yourmicroappserverurl}/app/api/auth/serviceAction/callback

Slackアプリのインストール

アプリをSlackワークスペースにインストールして、アプリをテストし、Slack APIとの通信に必要なトークンを生成します。

  1. 左側のサイドバーの [Settings][Install App] に移動します。
  2. [Install App to Workspace] を選択し、[Perform acitons in channels & conversations]が許可されていることを確認して、[Allow]を選択します。
  3. [Bot User OAuth Access Token] をコピーします。

お気に入りのチャネルの作成とチャネルIDの収集

お気に入りを追跡するためのチャネルを作成します。統合を変更するには、このチャネルのURLからチャネルIDを収集する必要があります。

注:

複数のSlack統合を使用している場合は、統合ごとに別々の(専用の)お気に入りチャネルを使用します。

  1. favoritesという名前の新しいチャネルをSlackに作成します。
  2. Add all members of {SlackWorkspaceName}を選択します
  3. チャネルのリンクをコピーします。URLの末尾にあるIDを保管しておきます。このIDは、エンドポイントとサービスアクションを変更するために必要なチャネルIDです。「エンドポイントとサービスアクションの変更」を参照してください。

フォーカスチャネルとお気に入りのチャネルにボットを追加

次に、Slackアプリにサブスクライブしているチームに公開するチャネル、および上記で作成したお気に入りのチャネルにボット(Slackアプリ)を追加します。以下に注意してください:

  • 頻繁に投稿されるチャネルにはボットを追加しないでください。ボットは、営業グループの緊急性の高い営業の問題や、一般従業員に向けたITセキュリティに関する内容など、一部のグループでの、投稿頻度が低く急を要するコミュニケーションに使用されるチャネルに追加されるのが望ましいです。
  • 複数の統合で同じSlackアプリを使用することができます。
  • チャネルリストは特定のグループに焦点を当てたままにします。
  • ボットはパブリックチャネルにのみ追加することをお勧めします。プライベートチャネルにボットを追加すると、他のユーザーがプライベートチャネルのメンバーシップを表示できてしまう場合があります。

Citrix Workspaceマイクロアプリへの統合の追加

Slack統合をCitrix Workspaceマイクロアプリに追加して、アプリケーションに接続します。認証オプションは事前に選択されています。プロセスの完了時に、これらのオプションが選択されていることを確認してください。これにより、通知とアクションが設定済みとなっている追加設定不要のマイクロアプリを、Workspace内で使用できるようになります。

次の手順を実行します:

  1. [マイクロアプリ統合] ページで [新しい統合を追加] および [Citrix提供のテンプレートから新しい統合を追加する] を選択します。
  2. Slackタイルを選択します。
  3. 統合の [統合名] を入力します。
  4. コネクタのパラメーターを入力します。
    • インスタンスの [ベースURL] を入力します:https://slack.com/api
    • アイコンライブラリから統合のアイコンを選択するか、デフォルトのアイコンのままにしておきます。

    接続パラメーター

  5. [サービス認証][認証方法] メニューから [ベアラートークン] を選択して認証の詳細を完了します。認証オプションは事前に選択されています。プロセスの完了時に、これらのオプションが選択されていることを確認してください。
  6. [トークン] に入力します。ここで入力する値は、ボットを作成したときに収集した「Bot User OAuth Access Token」です。「ボットの作成」を参照してください。

    認証

  7. [サービスアクション認証][[アクション]で個別のユーザー認証を使用する] トグルを有効にします。これにより、サービスアクションレベルで認証されます。認証オプションは事前に選択されています。プロセスの完了時に、これらのオプションが選択されていることを確認してください。

    1. [認証方法] メニューから [OAuth 2.0] を選択して認証の詳細を完了します。
    2. [許可の種類]のフローメニューで [認証コード] を選択します。
    3. [許可の種類]の値に「authorization_code」と入力します。 [コールバックURL] は事前に入力されています。
    4. [トークン認証] メニューから [要求の本文] を選択します。
    5. [トークンコンテンツの種類] メニューから [URLエンコード形式] を選択します。 [認証URL] は事前に入力されています: https://slack.com/oauth/authorize[トークンURL] は事前に入力されています: https://slack.com/api/oauth.access
    6. スコープに次のように入力されていることを確認します:channels:history channels:join channels:read groups:history groups:read mpim:history mpim:read team:read users.profile:read users:read users:read.email
    7. ボットの作成」で取得したクライアントIDを入力します。
    8. ボットの作成」で取得したクライアントシークレットを入力します。

    サービスアクション

  8. [要求レート制限] を有効にし、1秒あたりの [要求数 ] に「1」を入力します。
  9. [要求タイムアウト] フィールドに「120」と入力します。
  10. (オプション)サポートのために24時間のログを保持するには、[ログ] を有効にします。
  11. [保存] を選択します。

    要求レート

[マイクロアプリ統合] ページが開き、追加した統合とそのマイクロアプリが表示されています。次の手順で説明するように、channel値を追加して統合を変更します。

エンドポイントとサービスアクションの変更

この設定を完了するには、「お気に入りのチャネルの作成とチャネルIDの収集」で収集したチャネルIDでchannel値を追加する必要があります。[Favorite Channels] エンドポイントと、[Favorite channel] および [Unfavorite] の両方のサービスアクションを変更します。

データ読み込みエンドポイントの置換

[Favorite Channels] エンドポイントのchannel値について、自分のチャネルIDを使用して手動で追加します。

  1. [マイクロアプリ統合] ページから、Slack統合の横にあるメニューを選択し、[編集] を選択します。[データの読み込み] 画面が開きます。設定画面が表示されている場合は、左側のナビゲーション列から [データの読み込み] を選択します。
  2. [Favorite Channels] エンドポイントの隣にあるメニューを選択し、[編集]を選択するか、エンドポイントの名前:[お気に入りチャンネル]を選択します。

    お気に入りのチャネル

  3. [データエンドポイントの編集] 画面の [完全同期] で、channelの[値]フィールドにチャネルIDを入力します。
  4. 画面下部の [適用] を選択し、確定します。

    チャネル値

サービスアクション変数の置換

[Favorite channel][Unfavorite] のサービスアクションの場合は、両方のサービスアクションでチャネルIDを使用してchannel値を2回手動で追加する必要があります。1回は [Action execution]、もう1回は [Post action data update (optional)] で行います。

  1. 統合構成の編集中に、左側のナビゲーション列から [サービスアクション] を選択します。
  2. 編集するサービスアクションの横にあるメニューを選択して [編集] を選択するか、編集するサービスアクションの名前を選択します。[Favorite channel] から始めましょう。

    チャネル

  3. [サービスアクションの編集] 画面の [Action sequence][Action execution][BODY] を選択します。
  4. channelの[値]フィールドにチャネルIDを入力します。
  5. [Post action data update (optional)] で、channelの[値]フィールドにチャネルIDを再度入力します。

    チャネル値

  6. [保存] を選択して終了します。
  7. もう1つのサービスアクション:[お気に入り解除]についても繰り返します。channel値でチャネルIDを2回追加します。1回は [Action execution]、もう1回は [Post action data update (optional)] で行います。

APIエンドポイントとテーブルエンティティについて詳しくは、「Slackコネクタの仕様」を参照してください。

Slackマイクロアプリの使用

既存のアプリケーション統合には、追加設定不要のマイクロアプリが付属しています。これらのマイクロアプリから開始して、ニーズに合わせてカスタマイズします。

My Favorite Channels:お気に入り登録したチャネルでのアクティビティの通知を受信します。

通知またはページ ユースケースワークフロー
チャネル一覧ページ お気に入りのチャネルのリストと、[Add Channels]オプションが表示されます。
Channel Detailページ 過去の投稿を含む、お気に入りのチャネルの詳細が表示されます。[Post Message][Unfavorite Channel] のボタンも含まれています。
Message Detailページ お気に入りのチャネルからのメッセージの詳細と、送信者の詳細が表示されます。[Thumbs Up][View Replies In Slack] のボタンも含まれています。
Post a Messageページ 作成するためのフォームと、お気に入りのチャネルへのメッセージの [Post] ボタンが表示されます。
Add Channels Detailページ メンバーを含むチャネルの詳細が表示されます。[Add To Favorites] のボタンも含まれています。
Add Channels Listページ チャネルの検索可能な一覧と、[Channel Detail]ページで詳細を表示するオプションが表示されます。

Post to Slack:Slackで選択した優先チャネルにメッセージを投稿します。

通知またはページ ユースケースワークフロー
Post New Messageページ メッセージを作成および投稿するフォームが表示されます。

Set My Slack Status:Slackのステータス設定、リマインダーの作成、[Do Not Disturb]の一時有効化を行えます。

通知またはページ ユースケースワークフロー
Create a reminderページ リマインダーを設定するフォームが表示されます。
Pause Notificationsページ 一定時間通知を一時停止するフォームが表示されます。
Set My Slack Statusページ ステータスを設定するフォームと、[Set Reminder]および [Do Not Disturb] のオプションが表示されます。