Citrix SD-WAN Center

ソリューションテンプレートを使用したAzure Marketplace上のCitrix SD-WAN Center

Citrix SD-WAN Center がAzure Marketplaceで利用可能になりました。ソリューションテンプレートを使用して、Azure Cloudの仮想マシン(VM)としてCitrix SD-WAN Center をデプロイできます。

Microsoft AzureにCitrix SD-WAN Center 仮想マシン(VM)をインストールする前に、「システム要件とインストール」の説明に従って必要な情報を収集します。

Microsoft Azureにアクセスできることを確認します。

Microsoft AzureにCitrix SD-WAN Center VPXをデプロイするには:

  1. Microsoft Azureで、 ホーム > マーケットプレイスに移動します。Citrix SD-WAN Center を検索して選択します。
  2. Citrix SD-WAN Center ページで[ 作成] をクリックします 。[ Citrix SD-WAN Center の作成]ページが表示されます。
  3. [ 基本] セクションで、サブスクリプションの種類、リソースグループ、および場所を選択します。[OK] をクリックします。

    ローカライズされた画像

    注:

    リソースグループは、Azureソリューションの関連リソースを保持するコンテナーです。リソースグループには、ソリューションのすべてのリソースを含めることも、グループとして管理するリソースのみを含めることもできます。デプロイメントに基づいて、リソースをリソースグループに割り当てる方法を決定できます。

  4. [全般設定] セクションで、Citrix SD-WAN Center 仮想マシンに管理者レベルのアクセスまたは権限を提供する名前と認証情報を入力します。

    この手順4で提供される資格情報は、 管理 ユーザーのログインアカウントのパスワードを設定するためにも使用されます(この管理者アカウントのパスワードは、このパスワード資格情報で変更できます)。[OK] をクリックします。

    ローカライズされた画像

    注:

    現在、2つのサイズのインスタンスタイプが利用可能です– Standard_D3_v2 そして Standard_F16 。****D3_v2 インスタンスを使用して、最大64サイトのネットワークを監視できます。F16インスタンスは、最大128サイトのネットワークを監視するのに役立ちます。使用可能な仮想マシンのサイズを検索して選択することもできます。

    ローカライズされた画像

  5. [ 詳細設定] セクションで、監視するサイトの数に基づいて、 Citrix SD-WAN Center VPXネットワークおよびストレージアカウント 設定を構成します。

    ローカライズされた画像

    利用可能なリストから仮想ネットワークを選択するか、 名前アドレススペースを指定して新しい仮想ネットワークを作成できます。

    ローカライズされた画像

    ドロップダウンリストから[ サブネット] を選択します。ストレージアカウント を作成し、[ OK]をクリックします。

  6. 前の手順で指定した構成が検証され、適用されます。正しく構成した場合、検証に合格したメッセージが表示されます。[OK] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  7. デプロイが成功すると、[ 作成] ページが表示されます。利用規約とプライバシーポリシーを よく読み、[ 作成]をクリックします 。

    ローカライズされた画像

VMのプロビジョニングが完了するのを待ってから、そのVMに割り当てられているIPでログインし(ネットワークセクションを確認し、手順4で設定した管理者の資格情報を使用)、SD-WAN Center の一般的な展開ガイドラインに従います。 。

データディスクを追加

このセクションでは、 Azureポータルを使用して、新しい管理対象データディスクを仮想マシン(VM)に接続する方法について説明します。VMサイズによって、接続できるデータディスクの数が決まります。

Azureポータルで、左側のメニューから[ 仮想マシン] を選択し、リストから仮想マシンを選択します。

Azure SD-WAN Center に追加のデータディスクを追加するには、次の操作を実行します。

  1. 仮想マシンをシャットダウンします。
  2. VMダッシュボードで、[ 設定] セクションの[ ディスク ]を選択します。

    ローカライズされた画像

  3. クリック + データディスク を追加し、読み取りおよび書き込み権限を持つ新しいデータディスクを作成します。

    ローカライズされた画像

    次の必須の詳細を入力して、ディスクを接続します。

    • ディスク名 – SD-WAN Center データディスクの名前を入力します。
    • リソースグループ –ドロップダウンリストからリソースグループを選択します。
    • アカウントの種類 –ドロップダウンリストからアカウントの種類を選択します。
    • サイズ(GIB) –サイズをギビバイトで指定します。
    • ストレージタイプ -ドロップダウンリストからソースタイプを選択します。
  4. 完了したら、[ OK]をクリックします。

VMをオンにするには、「アクティブなストレージを新しいデータストレージに切り替える」トピックを参照してください。

ソリューションテンプレートを使用したAzure Marketplace上のCitrix SD-WAN Center

この記事の概要