Citrix SD-WAN Center

タイムラインコントロール

[Fault、Reporting、Network Map and Statistics]ページの上部にあるタイムラインには、現在のビューの時間枠を制限するためのコントロールがあります。現在のデータベースから最大30日間のデータの時間枠を表示できます。

選択した期間に基づいて、現在のCitrix SD-WANネットワーク構成に関係なく、履歴データを表示できます。

Time

次の要素を使用して、現在のビューの時間枠を指定できます。

  • 時間 - 時間 フィールドに日付と時刻を入力して、グラフの結果を特定の日付と時刻に絞り込みます。形式は次のいずれかです。
    • Month Day, Year Hour:Minutes [am / pm ] For example: September 7, 2015 2:00pm.
    • MM/DD/YYYY HH:MM [am / pm ] For example: 09/07/2015 8:36am.
    • M/D/YY H:MM [am / pm ] For example: 9/7/15 10:14pm
  • カレンダー -(カレンダーアイコン)[時間]フィールドの右側にあるカレンダーアイコンをクリックし、日付を選択して、表示結果をその日付に制限します。

    ローカライズされた画像

  • タイムライン - タイムライン上の別のポイントをクリックしてドラッグし、少なくとも30分のタイムフレームを選択します。

    ローカライズされた画像

  • 最後の時間 / 日 / 週間 / 月 -オプション(時間、または )をクリックして、表示結果をその時間枠に制限します。

    ローカライズされた画像

モード

タイムラインモードは、タイムラインがタイムフレームの選択を解釈する方法と、自動更新が現在のビューとダッシュボードに反映される方法を決定します。Relative選択された時間フレーム)と Absolute選択された時間フレーム)の2つのモードオプションがあり、選択された時間フレームは Time フィールドで指定された時間フレームです。

タイムラインモードを変更するには、タイムラインの右上隅にある[ モード ]ドロップダウンメニューから[ 相対] または[ 絶対 ]を選択します。

相対モード

相対 モードを選択した場合、時間ラインは、時間に指定された時間フレームを現在を基準とした 時間 として扱います。ビューを保存して後で開く場合、ビューに表示される情報は、ビューが開かれた時間に関連しています。自動更新を有効にしており、統計の更新が検出された場合、データベースに記録されている最新の時刻を基準にしてビューが更新されます。

現在指定されている時間枠は、[ 相対 ]メニューオプションの一部として括弧内に表示されます。たとえば、時間枠として[ 最終:日] を選択した場合、[ 相対 ]オプションは[相対(1日前-今から1分)]として表示されます。

絶対モード

あなたは 絶対モード を選択した場合は、タイムラインの扱い時間枠は 時間のために指定しました : 絶対(静的)時点として。ビューを保存して後で開いた場合や、自動更新を有効にした場合でも、ビューは常に選択した時間を表します。現在指定されている時間枠は、次の形式を使用して、[ 絶対 ]メニューオプションの一部として括弧内に表示されます。

絶対 ( start_date start_time - end_date end_time )**

たとえば、時間枠として「 Last:Day 」を選択した場合、現在の日付と時刻は 9/7 4:43 PM、 絶対 オプションは 絶対として表示されます (9/6 4:43 PM- 9/7 4:43 PM) 。

タイムラインコントロール

この記事の概要