Citrix SD-WAN Center

リモートLTEサイト管理

Citrix SD-WAN Center を使用すると、ネットワーク内のすべてのLTEサイトをリモートで表示および管理できます。これには、内部LTEモデムまたは外部USB LTEモデムを介して接続されたアプライアンスが含まれます。

Citrix SD-WAN 210 SE LTEや110LTE Wi-FiアプライアンスなどのCitrix SD-WANアプライアンスには、LTEモデムが内蔵されています。外部3G/4G USBモデムは、以下のCitrix SD-WANアプライアンスでも接続できます。

  • Citrix SD-WAN 210 SE
  • Citrix SD-WAN 210 SE LTE
  • Citrix SD-WAN 110 SE
  • Citrix SD-WAN 110 LTE Wi-Fi SE

サポートされている外部 USB モデムは、CDC イーサネット、MBIM、および NCM の 3 種類です。 新しいCitrix SD-WAN GUIおよびCitrix SD-WANCitrix SD-WAN Center を使用して、APN設定とモデムの有効化/無効化を構成できます。モバイルブロードバンド操作は、CDC イーサネット USB モデムではサポートされていません。

外部LTEモデムの関連事項:

  • サポートされているUSB LTEドングルを使用してください。対応ドングルのハードウェアモデルはVerizon USB730LとAT&T USB800である。
  • SIM カードがUSB LTE ドングルに挿入されていることを確認します。CDC イーサネット LTE ドングルには静的 IP アドレスがあらかじめ設定されているため、SIM カードが挿入されていないと、設定が妨げられ、接続障害や断続的な接続が発生します。
  • CDC イーサネット LTE ドングルをSD-WAN アプライアンスに挿入する前に、外部 USB スティックを Windows/Linux マシンに接続し、適切な APN およびモバイルデータローミング構成でインターネットが正常に動作していることを確認します。USBドングルの接続モードがデフォルト値の手動から自動に変更されていることを確認します。

  • Citrix SD-WANアプライアンスは、一度に1つのUSB LTEドングルしかサポートしません。複数のUSBドングルが接続されている場合は、すべてのドングルを外し、1つのドングルだけを接続します。
  • Citrix SD-WANアプライアンスは、USBモデムのユーザー名とパスワードをサポートしていません。セットアップ中に、モデムでユーザー名とパスワードの機能が無効になっていることを確認してください。
  • 外部MBIMドングルのプラグを抜いたり再起動したりすると、内部LTEモデムのデータセッションに影響します。これは予想される動作です。
  • 外部 LTE モデムを接続すると、SD-WAN アプライアンスで認識されるまでに約 3 分かかります。

内部モデムと外部モデムでサポートされる操作:

操作 内蔵モデム 外部モデム-CDCイーサネット 外部モデム-MBIMおよびNCM
SIM プリファレンス はい-デュアルSIMをサポートするアプライアンスの場合 いいえ いいえ
SIMピン はい いいえ いいえ
APN 設定 はい いいえ はい
ネットワーク設定 はい いいえ いいえ
ローミング はい いいえ いいえ
ファームウェアを管理する はい いいえ いいえ
モデムの有効化/無効化 はい いいえ はい
モデムの再起動 はい いいえ いいえ
SIM をリフレッシュ はい いいえ いいえ

ネットワーク内のLTEサイトをリモート管理するには、SD-WAN Center UIで、 構成> モバイルブロードバンド に移動します。ここには、SD-WAN Center によって管理される、サイト全体のすべてのLTEアプライアンスがリストされます。

マルチリージョン展開では、LTEサイトを管理するリージョンを選択できます。Default_Regionが デフォルトで選択されています。

LTEアプライアンスモデルとモデムタイプを選択することもできます。

外部モデムを使用してアプライアンスを一覧表示するには、 構成 > モバイルブロードバンドに移動します。モデムの種類として [ 外部モデム ] を選択します。

外付けモデム

SIM PINおよびその他のLTEモデム構成は、現在、外部モデムではサポートされていません。

内蔵モデムを使用してアプライアンスを一覧表示するには、 設定 > モバイルブロードバンドに移動します。モデムの種類として[ 内蔵モデム] を選択します。

LTEの操作は、LTEモデルによって異なります。

内蔵モデム

単一のアプライアンスまたは複数のアプライアンスを選択して、次のLTEモデム操作を実行できます。

  • 有効にする: 選択したサイトでモデムを有効にします。
  • 無効にする: 選択したサイトでモデムを無効にします。
  • リブート: 選択したサイトでモデムを再起動します。
  • APN: 選択したサイトのAPN設定を構成します。詳細については、「 APN 設定の構成」を参照してください。
  • ファームウェア: このオプションは、210 LTEアプライアンスにのみ適用されます。必要なファームウェアを参照して選択します。アップロードのみを選択するか、選択したサイトにファームウェアファイルをアップロードして適用するかを選択できます。利用可能なファームウェアのリストから、それを適用するか削除するかを選択できます。

    マルチリージョン展開では、デフォルト以外のリージョンサイトのファームウェア操作をSD-WAN Center ヘッドエンドから実行することはできません。特定のリージョンのコレクターSD-WAN Center からファームウェア操作を実行できます。

  • SIMカードを更新: 選択したサイトでSIMカードをオフにしてからオンに戻し、SIMカードを更新します。この操作は、210 SE LTEモデムに挿入された新しいSIMカードを検出するために実行されます。
  • SIM設定: このオプションは、110 LTEアプライアンスにのみ適用されます。110 LTEアプライアンスはデュアルSIMをサポートし、SIM設定を設定できます。
  • ネットワークモード: 内部LTEモデムをサポートするCitrix SD-WANアプライアンスでモバイルネットワークを選択できます。サポートされるネットワークは、3G、4G、またはその両方です。110 LTEアプライアンスの場合、変更を適用するSIMを選択します。
  • ローミング: ローミングオプションは、LTEアプライアンスでデフォルトで有効になっています。無効にすることを選択できます。110 LTEアプライアンスの場合、変更を適用するSIMを選択します。

個々のLTEアプライアンスでLTE機能を構成することもできます。詳細については、「 210 SE LTE で LTE 機能を構成する」を参照してください。

110-LTE-WIFI アプライアンスの設定について詳しくは、 110 LTE Wi-Fi での LTE 機能の構成を参照してください

APN 設定

APNは、キャリアのセルラーネットワークと公衆インターネット間のゲートウェイへの接続をセットアップするためにアプライアンスが読み取る設定の名前です。キャリアからAPN情報を取得し、1つ以上のLTEアプライアンスで APN 設定をリモートで構成できます。

APN設定は、キャリアごとに異なります。

APN設定を構成するには:

  1. SD-WAN Center UIで、 構成> モバイルブロードバンドに移動します。APN設定を構成するLTEサイトを選択し、[ APN]をクリックします。

    APN設定

  2. 110 LTEアプライアンスの場合、APN設定が適用されるSIMを選択します。

  3. 携帯通信会社から提供された APN名ユーザー名 、 パスワード認証を 入力します。PAP、CHAP、PAPCHAP認証プロトコルから選択できます。通信事業者が認証タイプを提供していない場合は、[ なし]に設定します。
  4. [ 選択したサイトに設定を適用]をクリックします 。
リモートLTEサイト管理

この記事の概要