Citrix SD-WAN Center

HDXレポート

HDXレポート

ドロップダウンリストから次のレポートタイプのいずれかを選択します。

  • HDXサイト統計
  • HDXサマリー(利用可能なセッションと利用できないHDX情報チャネルの両方に適用可能)
  • HDXユーザーセッション(HDX情報チャネルで利用可能なセッションのみに適用)
  • HDXアプリ(HDX情報チャネルで利用可能なセッションのみに適用)

HDXサイト統計

HDXレポートは、サイトごとの詳細なHDXデータを提供します。各サイトのデータは2つのビューで表示されます。

[Summary]ビュー

概要ビューには、サイトの次のデータが表示されます。

  • QoEインデックス -エクスペリエンスの品質(QoE)は0〜100の数値です。値が高いほど、ユーザーエクスペリエンスは向上します。
  • ユーザー –サイトのアクティブユーザーの数。
  • TCPフロー -TCPプロトコルを使用するサイト上のアクティブなHDXセッションの数。
  • UDP フロー — UDP プロトコルを使用するサイト上のアクティブな HDX セッションの数。
  • セッション –小規模統合(SSI)と中規模統合(MSI)の両方のセッションを含む、サイト上のアクティブなHDXセッションの総数。

詳細図

個々のサイトをクリックして、QoEに影響するすべての変数の詳細を表示できます。行の各ペアは、特定の仮想パスのローカル側とリモート側で計算されたデータのQoE係数を示します。

QoEに影響する遅延、ジッター、およびパケットドロップ変数は、Citrix SD-WANアプライアンスが測定している有効な数値です。たとえば、ネットワーク内のパケットドロップの割合が大きくなる可能性があります。CitrixSD-WANが独自のプロトコルを介してパケットドロップを修正するため、アプリケーションで見られる効果的なパケット損失ははるかに少なくなり、HDXアプリケーションのQoEが向上します。

同様に、パケットの複製による遅延の改善により、HDXアプリケーションのQoEも改善されます。つまり、Citrix SD-WANは、QoEに影響する要素を改善することにより、HDXトラフィックのQoEを改善します。詳しくは、「HDX QoE」を参照してください。

HDXレポートを表示するには:

Citrix SD-WAN Center で、 レポート> HDX に移動し、およびタイムラインコントロールで期間を選択します。

タイムラインコントロールを使用して、特定の時間枠のレポートを選択して表示できます。詳細については、「タイムラインコントロール」を参照してください。

レポートビューを作成、保存、および開くこともできます。詳細については、「ビューを管理する」を参照してください。

HDXレポート

HDXの概要

ドロップダウンリストから HDXサマリー レポートとサイトを選択します。HDXサマリーレポートには、選択した期間中にログインした各ユーザーのレポートが表示されます。

HDXの概要

HDX要約レポートでは、以下のパラメーターを表示できます。

  • ユーザー: ユーザーの名前。
  • クライアントIP: クライアントのIPアドレス。
  • SSIセッション: アクティブなシングルストリームICA(SSI)セッションの数。
  • MSIセッション: アクティブなマルチストリームICA(MSI)セッションの数。
  • クライアントからのバイト: クライアントからのバイト単位のサイズ。
  • サーバーからのバイト数: サーバーからのバイト単位のサイズ。
  • HDXチャネルの可用性 : HDX情報チャネルの可用性ステータスを提供します Yes/No 。**チャネルが利用できない場合、ユーザー名はハイフン(-)として表示されます。

HDXユーザーセッション

HDXユーザーセッションレポートでは、各ユーザーが使用するすべてのセッションの詳細を確認できます。ドロップダウンリストからサイト、ユーザー、SSIまたはMSIを選択します。デフォルトでは、 ユーザー の選択と 選択 SSI/MSI フィールドには ALLと表示されます。

HDXユーザーセッション

検索を使用するか、 Filter:+ 要件に応じて必要なセッション情報を見つけるオプション。**

  • セッションキー: セッションキーは、ICAセッションの一意のIDを表します。
  • クライアントIP: 各セッションのクライアントIPアドレス。
  • サーバーIP: 各セッションのサーバーIPアドレス。
  • セッションタイプ: セッションのタイプ(デスクトップ、アプリ)。
  • SSI/MSI : SSIセッションかMSIセッションかを示します。**
  • サーバー名: サーバーの名前を表示します。
  • サーバーのバージョン: サーバーのバージョンを表示します。
  • ICA RTT(ミリ秒): ICAラウンドトリップ時間(RTT)をミリ秒単位で表示します。これは、クライアントとサーバー間のエンドツーエンドの往復時間です。
  • WANレイテンシ: WANを介した遅延、つまり仮想パスを介した2つのSD-WAN間の遅延。この待ち時間には、クライアント側またはサーバー側のネットワーク待ち時間は含まれません。
  • ACR: 自動クライアント再接続カウントを表示します。
  • クライアントからのバイト: クライアントからのバイト単位のサイズ。
  • サーバーからのバイト数: サーバーからのバイト単位のサイズ。
  • 接続状態: マウスをポイントすると、接続状態が表示されます。
    • MSIの場合、4つの接続があります。これらの接続はL4レベルです (TCP/UDP 状態)。
    • SSIの場合、接続は1つだけです。

      SSI

  • クライアントからのパケット: クライアントからのパケット数。
  • サーバーからのパケット: サーバーからのパケット数。

HDXアプリ

特定のユーザーまたはすべてのユーザーが使用しているすべてのアプリケーションを表示できます。サイトユーザー を選択して、アプリケーションの詳細を表示します。

HDXアプリ

  • アプリケーション名: HDXアプリケーションの名前を提供します。
  • セッションキー: 特定のアプリケーションに使用される一意のセッションキーを提供します。
  • SSI/MSI : SSIセッションかMSIセッションかを示します。**
  • アプリケーションの起動時間: アプリケーションの起動時間と日付を提供します。
  • アプリケーション終了時間: アプリケーションの終了時刻と日付を提供します。アプリケーションがアクティブな場合、終了時間の代わりにアクティブと表示されます。
  • アプリケーション期間(分): アプリケーションの継続時間を分単位で提供します。

  • アプライアンスでHDXセッション情報が利用できない場合など、意図しないエラーが発生した場合、 HDXユーザーレポート が有効になっていても、 HDXユーザーベースのレポートは表示されません。レポートのユーザー名、サーバー名、サーバーバージョン、ICA RTTなどの一部のフィールドは NAと表示される場合があります。
  • HDXアプリ レポートのアプリケーション終了時間は、SD-WANがXenから アプリケーション終了時間 を受信した場合にのみ表示されます Application/Xen デスクトップサーバー。それ以外の場合、一部のアプリケーションは閉じられていてもアクティブであると報告されます。
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(以前のXenAppおよびXenDesktop)の制限により、 HDXアプリレポートに表示されるアプリケーション名は19文字に制限されています
HDXレポート