Citrix SD-WAN Center 11.4

データベースを管理する

データベースを管理する

データベースを監視および管理して、ネットワーク上で検出されたすべてのアプライアンスからのポーリングデータを格納するのに十分なディスク領域があることを確認できます。

データベース統計の表示

統計 テーブルには、使用可能なデータベース統計が表示され、通知とポーリングのデータベースディスク使用量しきい値を指定するための入力フィールドが含まれています。

データベース統計を表示するには:

  1. Citrix SD-WAN Center Web UIで、[ 管理 ]タブをクリックします。

  2. [ データベースのメンテナンス]をクリックします 。[ 統計] セクションに次の情報が表示されます。

    • レコード時間: データベース内の最も古いレコードと最新のレコードの日付とタイムスタンプを表示します。この列には、次の情報が含まれています。

      • 開始: データベース内の最も古いレコードの日付とタイムスタンプを表示します。

      • 終わり: データベース内の最新のレコードの日付とタイムスタンプを表示します。

    • アクティブストレージサイズ(MB): 現在アクティブなストレージのディスク容量を表示します。

    • データベースサイズ(MB): 現在のデータベースサイズと使用情報を表示します。この列には、次の情報が含まれています。

      • 合計(MB): データベースの合計サイズをMBで表示します。

      • 使用法(%) :  現在アクティブなストレージのディスク領域におけるデータベースのディスク使用率を表示します。

    Database1

通知とポーリングのしきい値を設定するには:

  1. 通知」 フィールドに、データベース使用通知を生成するためのしきい値として使用するデータベースサイズまたはアクティブストレージサイズの割合を入力します。データベースの使用がこのしきい値を超えると、電子メール通知が送信されます。

  2. [ ポーリング の停止]フィールドに、統計のポーリングを停止するデータベースのディスク使用量のしきい値(パーセント)を入力します。ドロップダウンメニューから 10%〜50%の値を選択します。デフォルトは50%です。

  3. [Apply] をクリックします。

自動クリーンアップの構成

データベースのディスク使用量を管理するために、しきい値を指定できます。しきい値を超えると、古いレコードがデータベースから削除されます。

データベースのクリーンアップを有効にし、しきい値を構成するには:

  1. Citrix SD-WAN Center Web UIで、[ 管理 ]タブをクリックします。

  2. [ データベースのメンテナンス]をクリックします 。

  3. [ 自動クリーンアップ]セクションで、[次の ときに最も古いレコードを削除…] チェックボックスをオンにして、データベースのクリーンアップを有効にします。

    Database2

    有効にすると、データベースが自動的にチェックされます 2:00 毎日午前。このチェックは、指定されたしきい値に達したか超えた場合に、データベースのクリーンアップを開始します。デフォルトでは、これは有効になっていません。

    以前は、SD-WAN Center データベースの自動クリーンアップのデフォルト設定は次のとおりでした。

    • 次の場合、最も古いレコードを日ごとに削除します。

      • …データベースの使用量がアクティブストレージサイズの50%を超えています
      • 演算子はANDとして選択する必要があります
      • …データベースには6か月以上のデータがあります

    11.1.1リリース以降では、SD-WAN Center データベースの自動クリーンアップのデフォルト設定が次のように変更されました。

    • 次の場合、最も古いレコードを日ごとに削除します。

      • …データベースの使用量がアクティブストレージサイズの50%を超えています
      • 演算子はORとして選択する必要があります
      • …データベースには1か月以上のデータがあります

    注意

    設定の変更は、11.1.1リリースにアップグレードされた、すでにプロビジョニングされているSD-WAN Center システムには影響しません。新たにプロビジョニングされた11.1.1リリース以降のSD-WAN Center システムにのみ適用されます。

  4. 選択 …データベース使用量が超過 (%) アクティブなストレージサイズのドロップダウンメニューからパーセンテージを選択して、データベースのクリーンアップのしきい値を指定します。オプションは、 10%〜50%の増分で 5% 。**

  5. AND またはORを選択し、ドロップダウンメニューから[…データベースの使用率が次を超えています…]と[…データベースが次を超えています…]の間の演算子を選択して、このルールの適用方法を演算子に指定します。11.1.1リリース以降のデフォルトは OR です。

  6. 選択 …データベースには [# [months] データの 月]をクリックし、ドロップダウンメニューから月数を選択して、データベースにデータを保持するデータベースクリーンアップの期間のしきい値を指定します。オプションは、 1か月 ごとに1か月から 12か 月です。

  7. [Apply] をクリックします。

手動クリーンアップの構成

指定した基準に基づいて、統計およびイベントレコードをデータベースから手動で削除できます。

手動でデータベースをクリーンアップするには:

  1. Citrix SD-WAN Center のWebインターフェイスで、[ 管理 ]タブをクリックします。

  2. [ データベースのメンテナンス]をクリックします 。

  3. [ 手動クリーンアップ]セクションで、 [ レコード の削除 ]ドロップダウンメニューからフィルターを選択します。フィルタオプションは次のとおりです。

    • 古い: 指定した日付より前に収集されたレコードを削除します。このフィルターを選択すると、日付フィールドとカレンダー選択ボタンが表示されます。カレンダーボタンをクリックして日付を選択します。指定した日付より古いすべてのレコードが削除されます。

      Database3

    • サイトの場合: 指定した日付より前に収集されたレコードを削除します。このフィルターを選択すると、日付フィールドとカレンダー選択ボタンが表示されます。カレンダーボタンをクリックして日付を選択します。指定した日付より古いすべてのレコードが削除されます。

      database4

  4. [削除] をクリックします。

データベースを管理する