Citrix SD-WAN Center 11.4

Citrix SD-WAN Center からAzureにCitrix SD-WANをデプロイする

Citrix SD-WAN Center からAzureにCitrix SD-WANをデプロイする

Citrix SD-WAN for Azureを使用すると、組織は各ブランチからAzureでホストされているアプリケーションに直接安全に接続でき、クラウドにバインドされたトラフィックをデータセンター経由でバックホールする必要がなくなります。

前提条件

SD-WAN Center からAzureにCitrix SD-WANをデプロイするには、 構成> クラウド接続 > Azure> Azureの自動展開に移動します 。

ローカライズされた画像

Citrix Cloud資格情報でログインします。

ローカライズされた画像

Azureの自動展開

ローカライズされた画像

[ 設定] オプションをクリックして、Azureサブスクリプションの詳細を入力します。MCNからアクティブな実行構成を取得するには、[アクティブ構成のプル]オプションをクリックします。

ローカライズされた画像

AzureにCitrix SD-WANをデプロイする

Microsoft AzureにCitrix SD-WANをデプロイするには:

  1. [ サイトの追加]を クリックして、新しいSD-WANインスタンスを追加します。現在のサブスクリプションでAzure上のSD-WAN仮想マシンの作成を開始します。

    この展開の一部として、次のことも行います。

    • 新しく追加されたサイトのSD-WAN構成をMCNの現在アクティブな構成に自動的に追加します。
    • 変更管理を実行します。
    • MCNのソフトウェアバージョンと構成をこの新しいサイトに適用します。

    基本設定、仮想マシン、 および 仮想ネットワーク 設定を完了します。

    ローカライズされた画像

    [基本設定]で、ドロップダウンリストからリージョンとリソースグループを選択します。リージョンを選択すると、リソースグループのドロップダウンリストに、このサブスクリプションのこのリージョンにあるすべての既存のリソースグループが表示されます。

    注:

    サイトを追加するには、リソースグループが空である必要があります。

    既存の空のリソースグループを選択するか、[ 新規作成 ]オプションをクリックして新しいリソースグループを作成できます。

    ローカライズされた画像

  2. サイト名は地域名で自動生成されます。サイト名は必要に応じて編集できます。

    注:

    サイト名がSD-WANサイト名の要件を維持し、SD-WANネットワーク内で一意であることを確認してください。

    Azure VM名は、 AZ-regionname-sitename 形式のサイト名から生成されます。

  3. [ 次へ] をクリックして、仮想マシンを構成します。

    ローカライズされた画像

    ユーザー名、パスワード、パスワードの確認を入力します。デフォルトでは、VMサイズは標準サイズで自動入力されます。必要に応じて、[ サイズの変更]を クリックして別のVM サイズを選択します。

    注:

    展開中に提供されるこのユーザー資格情報には、Azure SD-WANへの読み取り専用アクセス権があります。管理者権限については、管理者資格情報を使用してください。

    ローカライズされた画像

  4. [ 次へ] をクリックして、仮想ネットワーク設定を実行します。
  5. ドロップダウンリストから仮想ネットワークを選択します。リストには、選択したAzureリージョンのすべての仮想ネットワークが含まれています。

    ローカライズされた画像

    サイトを既存の仮想ネットワークに展開するか、新しい仮想ネットワークを作成できます。[ 新規作成]を クリックして、新しい仮想ネットワークを作成します。仮想ネットワーク名、アドレススペース(カスタムプライベートIPアドレススペースを指定)、サブネット名、およびサブネットアドレススペースを指定します。

    ローカライズされた画像

  6. 管理するサブネットを選択します。

    ローカライズされた画像

  7. (右上隅から)[ サブネット の作成 ]オプションを使用してサブネットを作成することもできます。

    ローカライズされた画像

  8. ドロップダウンリストから、LANとWANに異なるサブネットを選択し、 ルーティングテーブル名ルーティングテーブルアドレスプレフィックスを入力します。ルーティングテーブルアドレスプレフィックス は、このSD-WANアプライアンスにリダイレクトされる宛先アドレススペースです。他のターゲットアドレスはAzureルーティングによってリダイレクトされます。

    注:

    ルーティングテーブルはLANサブネットに関連付けられています。選択したLANサブネットにすでに関連付けられたルートテーブルがある場合、そのルートテーブルが表示され、変更できません。それ以外の場合は、ルーティングテーブル名を指定できます。

  9. [ へ]をクリックして設定の詳細を確認し、[ 作成]をクリックします 。

    ローカライズされた画像

    デプロイメントが正常に開始されたことを示すステータスメッセージが上部に表示されます。

    ローカライズされた画像

展開の完了には時間がかかる場合があるため、 [ステータスの表示 ]をクリックして、展開ステータスに関する最新の更新を取得することをお勧めします。

展開の一部として:

  • 選択したAzureリージョンに仮想マシンが作成されます。
  • サイトは、SD-WANのアクティブなSD-WAN構成に自動的に追加されます。
  • 変更管理は、新しくプロビジョニングされたAzure VMで実行されます。

デプロイが成功すると、MCNとAzureサイトの間に仮想パスが形成されます。デプロイメントでエラーが発生した場合、プロセスはロールバックされ、自動作成されたすべてのリソースが元に戻ります。

デフォルトでは、サイトはデフォルトのルーティングドメインの一部として配置されます。デフォルトの自動パスグループを使用して、デフォルトのリージョンに属しています。

ローカライズされた画像

  • サイト名: Citrix SD-WANサイトの名前。このサイト名は、Citrix SD-WAN構成で使用されます。
  • VM名: Azureでプロビジョニングされる仮想マシン(VM)の名前。
  • VMサイズ: サイトの作成中に選択されたVMサイズ。
  • 管理IP: 新しく作成されたSD-WAN VMに割り当てられた管理IPアドレス。
  • リソースグループ: リソースグループは論理的な構造であり、リソースグループ間のデータ交換は常に可能です。Azure仮想マシンはこのリソースグループに属しています。Citrix SD-WANの展開中に作成された新しいリソースは、このリソースグループの下にグループ化されます。デプロイメント中にエラーが発生した場合、このリソースグループで作成されたリソースは削除されます。

  • Azureリージョン: リソースグループとそのリソースの場所を表します。
  • VNet: サイトで使用されている仮想ネットワーク。
  • 状態: VMのステータスを提供します。

最新のサイトステータスを取得するには、[ 更新 ]ボタンをクリックします。選択したサイトのVMはいつでも 開始 または 停止 できます。一度に選択できるサイトは1つだけです。

展開が完了したら、MCNまたはCitrix SD-WAN Center にログインして、仮想パスのステータスを表示します。

Citrix SD-WAN Center からAzureにCitrix SD-WANをデプロイする