Citrix SD-WAN Center 11.4

ダッシュボード

ダッシュボード

Citrix SD-WAN Center ダッシュボードには、一般的な統計のサブセットが一目で表示されます。単一リージョン展開の場合、統計はCitrix SD-WAN Center で検出されたMCNから取得されます。マルチリージョン展開の場合、統計情報は、選択された時間間隔ですべてのリージョンCitrix SD-WAN Center コレクターから取得されます。次の統計を表示できます。

  • ネットワークの概要
  • ネットワークQoE
  • トップサイト
  • Inventory
  • イベントとアラーム
  • 上位のアプリ
  • HDX QoE
  • 管理インフラ

単一リージョンのデプロイの場合、デフォルトのリージョン統計がダッシュボードに表示されます。マルチリージョン展開の場合、マルチリージョンダッシュボードまたはリージョナルダッシュボードの表示を選択できます。マルチリージョンダッシュボードを表示するには、[ リージョン ]メニューで[ すべて]を選択します。ただし、300 を超えるサイトが構成されている場合、マルチリージョンの概要ダッシュボードは表示できません。

マルチリージョンダッシュボード

各地域タイルでMCN接続ステータスを表示できます。MCN接続ステータスは、RCNとMCN間の仮想パスのヘルスステータスです。

マルチリージョン展開の場合、デフォルトのリージョン統計には、MCNによって管理されるすべてのサイトの統計が含まれます。RCNにはMCNへの仮想パスがあるため、RCN統計も含まれる場合があります。

[ 地域]ドロップダウンメニューは、Citrix SD-WAN Center コレクターでは使用できません。

MCN接続

Citrix SD-WAN Center ダッシュボードは、設定されたポーリング間隔に基づいて更新されます。デフォルトのポーリング間隔は5分です。詳細については、「 ポーリング間隔」を参照してください。

ネットワークの概要

マルチリージョンのデプロイの場合、 ネットワークの概要 ウィジェットは、さまざまなリージョンすべてのネットワーク状態の概要を提供します。ネットワーク内のすべての地域の地域カードが、次の情報とともに表示されます。

  • リージョン内のサイトの総数。
  • Poor状態のサイトの数。少なくとも1つの仮想パスがダウンしている場合、サイトは貧弱な状態です。
  • Fair状態のサイトの数。サイト内のすべての仮想パスがUPであるが、少なくとも1つのパスに輻輳の問題があるか、メンバーパスがDOWNである場合、サイトはFair状態です。
  • 良好な状態のサイトの数。すべての仮想パスと関連するメンバーパスがUPの場合、サイトは良好な状態です。
  • 不明状態のサイトの数。ポーリングの進行中、サイトは不明な状態です。

マルチリージョンネットワークの概要を表示するには、 ダッシュボード> デフォルトのダッシュボード > 通信網 > [Network Summary ]をクリックし、[ Region ]ドロップダウンメニューで[ All]を選択します。

マルチリージョンネットワークの概要

デフォルトでは、画面は ネットワークビューに表示されます 。地域別ビューをクリックすると、マルチリージョンネットワークの概要の現在のネットワーク状態を確認できます 。各地域タイルでMCN接続のステータスを確認することもできます。

MCN接続ステータス

地域カードをクリックして、地域ダッシュボードにドリルダウンします。

個々のリージョンの場合、 ネットワークの概要 ウィジェットは、選択したリージョンのネットワークヘルスの概要を提供します。

地域ネットワークの概要を表示するには、 ダッシュボード> デフォルトのダッシュボード > 通信網 > ネットワークの概要地域の選択 ドロップダウンメニューで、 地域を選択します。

地域別ネットワークの概要は、タイルビューまたはスケマティックビューで表示できます。

タイムラインコントロールを使用して、選択した期間のネットワークステータスの概要を表示できます。また、時間範囲にわたってネットワークステータスを再生または一時停止することもできます。

モードは、時間を相対的または絶対的な概念として見るのに役立ちます。

タイムラインとモードについて詳しくは、「 タイムラインのコントロール」を参照してください。

タイルビュー

タイルビューは次の情報を提供します。

  • リージョン内のサイトの総数。
  • Poor状態のサイトの数。少なくとも1つの仮想パスがダウンしている場合、サイトは貧弱な状態です。
  • Fair状態のサイトの数。サイト内のすべての仮想パスがUPであるが、少なくとも1つのパスに輻輳の問題があるか、メンバーパスがDOWNである場合、サイトはFair状態です。
  • 良好な状態のサイトの数。すべての仮想パスと関連するメンバーパスがUPの場合、サイトは良好な状態です。
  • 不明状態のサイトの数。ポーリングの進行中、サイトは不明な状態です。

2つのサイト間のパスをグラフィカルに表示するには、パスを選択して[ 視覚化]をクリックします。

SD-WAN Center データベースネットワークの概要地域更新

マウスカーソルをサイトまたはパスの上に置くと、詳細が表示されます。サイトをクリックして、レポートオプションを表示および選択します。

SD-WAN Centerデータベースネットワークの概要タイルビューが更新されました

概略図

概略図は、SD-WANネットワークのグラフィック表示を提供します。このセクションに表示される情報は、選択した構成とルーティングドメインに応じて更新されます。ここでネットワークマップを表示するには、マスターコントローラーノード(MCN)からネットワーク構成とネットワークマップをインポートする必要があります。詳細については、「MCN 構成のインポート」を参照してください。

マウスカーソルをサイトまたはパスの上に置くと、詳細が表示されます。サイトをクリックして、レポートオプションを表示します。

SD-WAN Centerデータベースネットワークの概要概略図が更新されました

ネットワークQoE

ネットワークQoE ウィジェットは、仮想パスの可用性、損失、待ち時間、およびジッターパラメーターをグラフィカルに表示します。オーバーレイ仮想パスとアンダーレイメンバーパスの両方の統計情報を提供します。

マルチリージョンデプロイメントの場合、選択したメトリックに応じて、下位10の仮想パスのリストを表示できます。仮想パスデータは、選択した時間間隔ですべてのリージョナルコレクタから収集されます。最も注意が必要な仮想パスの帯域幅、ジッター、損失、および輻輳の詳細を表示できます。

マルチリージョン仮想パスヘルスを表示するには、 ダッシュボード> デフォルトのダッシュボード > 通信網 > ネットワークQoE に移動し[ 地域 ]ドロップダウンメニューで[ すべて]を選択します。

SD-WAN Centerデータベースの仮想パスの概要が更新されました

個々のリージョンについて、選択したメトリックに応じて、下位10の仮想パスのリストを表示できます。統計は、選択した時間間隔で収集されます。最も注意が必要な仮想パスの帯域幅、ジッター、損失、および輻輳の詳細を表示できます。

選択した時間間隔で、選択したメトリック(可用性、損失、ジッター、待ち時間)のオーバーレイパスとアンダーレイパスを比較できます。また、メトリックのカスタムしきい値を設定し、[ 適用]をクリックして保存することもできます。デフォルトのしきい値を保存するには、[ リセット] をクリックします。

ユーザーは、各行の左側にある ドリルダウン ボタンを使用して、テーブル内の任意の仮想パスにドリルダウンすることもできます。サイトQoE が表示され、コンジットとその基になるメンバーパスの詳細な比較が示されます。

サイトQoEドリルダウン

スライダーでは、クリックした行に応じてサイト名と仮想パスがデフォルトで選択され、無効になります。ただし、ユーザーは別の時間範囲とメトリックを 選択し、[プロット ]オプションをクリックして新しいグラフをプロットできます。

地域の仮想パスヘルス統計を表示するには、 ダッシュボード> デフォルトのダッシュボード > 通信網 > ネットワークのQoE に移動し地域の選択 ドロップダウンメニューでは、地域を選択します。

SD-WAN Centerデータベースの仮想パスの概要が更新されました

サイトQoE

Site QoEをツールとして使用して、仮想パスとその基礎となるメンバーパスを比較できます。このサイトとメトリックからサイトと仮想パスを選択する必要があります。[プロット]をクリックします。

サイトQoE

最初のセクションでは、WANからLANへの 方向とLANからWANへの方向の両方で仮想パスの統計をプロットします。以下のセクションでは、基礎となるすべてのメンバーパスグラフをプロットします。これらは両方とも、リージョンレベルとネットワークレベルの両方に存在します。

トップサイト

マルチリージョン展開の場合、 トップサイト ウィジェットは、選択された時間間隔で帯域幅使用量が最も高い、すべてのリージョンの上位10サイトをリストします。

すべての地域で上位のサイトを表示するには、 ダッシュボード > デフォルトのダッシュボード > 通信網 > トップサイトに移動し、[ 地域 ]ドロップダウンメニューで[ すべて]を選択します。

SD-WAN Centerデータベースのトップサイトがすべて更新されました

詳細なレポートと統計を表示するには、サイトまたはメトリックをクリックします。

個々のリージョンの場合、トップサイトウィジェットには、リージョン内のすべてのサイトの帯域幅使用統計が表示されます。統計は、選択した時間間隔で収集されます。ルーティングドメインに基づいてサイトをフィルタリングできます。

SD-WAN Centerデータベースのトップサイトが地域的に更新されました

Inventory

インベントリマネージャは30分ごとに、Citrix SD-WAN Center で検出されたすべてのCitrix SD-WANアプライアンスからハードウェア情報を収集します。

マルチリージョンのインベントリ統計を表示するには、 ダッシュボード > デフォルトのダッシュボード > 通信網 > インベントリに移動し[ 地域 ]ドロップダウンメニューで選択します。

特定領域の表示の在庫統計に、 地域ドロップ ダウンメニューで地域を選択します。

次のインベントリ統計を表示できます。

  • 地点: MCNで実行されている構成で見つかったサイトの名前。アプライアンスがセカンダリMCNの場合、名前の横に「(セカンダリ)」と表示されます。名前をクリックすると、アプライアンスのWebコンソールにアクセスできます。
  • 接続状態: アプライアンスへの接続状態。接続に到達できない場合、または認証されていない場合は、赤いアイコンが表示されます。
  • 管理IP: アプライアンスの管理IPアドレス。IPアドレスをクリックして、アプライアンスのWebコンソールにアクセスできます。
  • BIOSバージョン: アプライアンスのBIOSバージョン。
  • 型番: アプライアンスのハードウェアモデル。
  • シリアルナンバー: アプライアンスのシリアル番号。
  • ソフトウェア; SD-WANソフトウェアのバージョン番号。
  • メモリダンプからの日数: 最後のシステムエラーメモリダンプからの時間。アプライアンスが過去4日間にメモリをダンプした場合、時間の横にエラーアイコンが表示されます。メモリダンプが5〜10日前に発生した場合、警告アイコンが表示されます。N/A 利用可能なダンプがない場合に表示されます。時間をクリックすると、SD-WANのログページが開きます。
  • アクティブOS: 現在アプライアンスで実行されているOS。
  • RAMサイズ(GB): 現在アプライアンスにインストールされているRAMの容量(GB)。
  • ドライブタイプ: アプライアンスにインストールされているデータストレージドライブのタイプ。値はSSD(ソリッドステートドライブ)またはHDD(ハードディスクドライブ)です。
  • ドライブサイズ(GB): 現在アプライアンスにインストールされているデータストレージドライブのサイズ(GB)。

SD-WAN Centerデータベースインベントリが更新されました

を使用して、在庫統計表の列を配置できます。 Show/Hide オプション。

非表示列を表示

イベントとアラーム

マルチリージョン展開の場合、ネットワーク内のすべてのリージョンのイベントとアラームを表示できます。この情報は、選択した時間間隔で収集されます。マルチリージョンのイベントと統計を表示するには、 ダッシュボード > デフォルトのダッシュボード > 通信網 > イベント& アラームに移動し、[ 地域]ドロップダウンメニューで[ すべて ]を選択します。

個々の地域のすべてのイベントとアラームを表示することもできます。この情報は、選択した時間間隔で収集されます。イベントとアラーム統計を表示するには、 ダッシュボード > デフォルトのダッシュボード > 通信網 > イベント& アラーム に移動し 地域の選択ドロップダウンメニューでは、地域を選択します。

[ イベントの概要]セクションには、イベントのタイプと数の概要がグラフィカルに表示されます。グラフをクリックすると、Fault ページにイベントが表示されます。また、各カテゴリのイベント数も表示されます。アラームトリガーは、個々のSD-WANアプライアンスで設定できます。詳細については、「 イベント通知」を参照してください。  

重大度 の高いイベントセクションには、 重大度の高いイベントのリストが表示されます。ルーティングドメインに基づいてイベントをフィルタリングできます。このセクションに表示される情報は、[ 障害 ]タブから収集されます。詳細については、「 イベント」を参照してください。

SD-WAN Centerデータベースイベントアラームが更新されました

アプリ

上位のアプリ

ディープパケットインスペクション(DPI)により、SD-WANアプライアンスは通過するトラフィックを解析し、アプリケーションとアプリケーションファミリーのタイプを識別できます。マルチリージョンのデプロイでは、ネットワーク内のすべてのリージョンで上位のアプリケーションと上位のアプリケーションファミリーを表示できます。この情報は、選択した時間間隔で収集されます。

ネットワーク内のすべてのリージョンの上位アプリケーション統計を表示するには、 ダッシュボード> デフォルトのダッシュボード > アプリ > 上位のアプリ、 に移動し[ 地域]ドロップダウンメニューで[ すべて ]を選択します。

SD-WAN Centerデータベースのトップアプリがすべて更新されました

トップアプリケーショントップアプリケーションファミリの両方のサイト選択の検索可能なドロップダウンリストを表示できます。

特定の地域の上位アプリケーションと上位アプリケーションファミリを表示することもできます。

地域のアプリケーション統計を表示するには、 ダッシュボード > デフォルトのダッシュボード > アプリ>トップアプリ に移動し 地域ドロップダウンメニューで**地域を選択。**

サイトと時間間隔は、過去24時間、過去1時間、または現在として選択できます。

SD-WAN Centerデータベースのトップアプリが地域で更新されました

HDX QoE

Quality of Experience(QoE)は、ICAのQuality of Experienceを理解するのに役立つ計算されたインデックスです。このインデックスは、WANからサイトに移動するすべてのICAアプリケーショントラフィックに対して計算されます。パケットドロップ、ジッター、および遅延の統計は、QoE計算で使用されます。QoEは、 [0, 100], 数値が大きいほど、ユーザーエクスペリエンスは向上します。ジッタ、遅延、およびパケットドロップの統計情報は、パケット処理中にデータパスで追跡されます。

ネットワーク全体のサイトは、HDXトラフィックのQoEに基づいて、高、中、低、またはHDXトラフィックなしに分類されます。詳しくは、「 HDX QoE」を参照してください。

ネットワーク内のすべてのリージョンのサイトのHDX QoEを表示するには、 ダッシュボード > デフォルトのダッシュボード > アプリ> HDX QoE、 に移動し地域]ドロップダウンメニューで[ すべて ]を選択します。

SD-WAN CenterデータベースHDX QoEがすべて更新されました

個々のリージョンの次のHDX QoEメトリックを表示できます。

  • ネットワークHDX:品質の概要
  • ネットワークHDX:ユーザーとセッション
  • ネットワークHDX:下位5サイト(品質)
  • サイトHDX:ユーザー
  • サイトHDX:セッション
  • サイトHDX:体験の質

HDX QoE統計を表示するには、 ダッシュボード > デフォルトのダッシュボード >アプリ > HDXのQoEに移動し 地域の選択ドロップダウンメニューでは、地域を選択します。

SD-WAN CenterデータベースHDX QoE地域が更新されました

各サイトの統計は個別にポーリングされるため、異なるサイトのHDXダッシュボードデータとHDXレポートが同期していないように見える場合があります。

HDXダッシュボードウィジェットでは、HDXトラフィックのないサイトが表示される場合がありますが、HDXセッションとユーザーの数がゼロ以外である場合があります。これは、そのポーリング期間中、HDXセッションがアイドル状態のままで、オープン状態のままである場合に発生します。

ネットワークHDX:品質の概要

HDXトラフィックは、次の品質カテゴリに分類されます。

品質 QoE範囲
80–100
標準 50–80
0–50
HDXトラフィックなし -

SD-WAN CenterデータベースHDX QoE地域品質の概要

グラフをクリックすると、サイトごとのHDXレポートを表示できます。詳細については、「HDXレポートを表示する方法」を参照してください。

ネットワークHDX:ユーザーとセッション

このウィジェットは、アクティブなHDXユーザーとセッションの数に関する情報を提供します。セッション数は、アクティブなシングルセッションICA(SSI)およびマルチセッションICA(MSI)セッションの総数です。

現在のリリースでは、ユーザー数は明確なユーザー名に基づいていません。つまり、2人の異なるマシンで1人のユーザーが開始した2つのセッションは、2人のユーザーとしてカウントされます。  

SD-WAN CenterデータベースQoE地域ユーザーセッション

ネットワークHDX:下位5サイト(品質)

このウィジェットは、QoEスコアが最も低い上位5つのサイトのリストを提供します。これにより、エンドユーザーエクスペリエンスの取り組みが向上します。

SD-WAN CenterデータベースHDX QoE地域ボトムサイト

サイトHDX:ユーザー

このウィジェットは、選択した時間間隔で特定のサイトでアクティブだったユーザーの数をグラフィカルに表示します。サイトと時間間隔を、過去24時間、過去1時間、または過去5分間から選択できます。

SD-WAN CenterデータベースHDX QoE地域HDXユーザー

サイトHDX:セッション

このウィジェットは、選択した時間間隔で特定のサイトでアクティブになっているMSIおよびSSIセッションの数をグラフィカルに表示します。サイトと時間間隔を、過去24時間、過去1時間、または過去5分間から選択できます。

SD-WAN CenterデータベースHDX QoE地域HDXセッション

Site HDX:体験の質

このウィジェットは、選択された時間間隔における特定のサイトでの全体的なQoEのグラフィカル表現を提供します。サイトと時間間隔を、過去24時間、過去1時間、または過去5分間から選択できます。

SD-WAN CenterデータベースHDX QoEリージョナルHDXQoE

アプリケーションQoE

アプリケーションQoE は、アプリケーションのエクスペリエンス品質の尺度です。Application QoEスコアの範囲は0〜10です。10は優れた品質を表し、0は低品質を表します。詳細については、「 アプリケーション QoE」を参照してください。リアルタイムおよびインタラクティブトラフィックのアプリケーションQoEスコアを表示できます。

アプリケーションQoEダッシュボード

アプリケーションのQoE統計は、サイト、アプリケーション、またはQoEタイプでフィルタリングできます。

インフラ管理

[管理インフラ]ページでは、Citrix SD-WAN Center データベースの使用状況とストレージ統計を表示できます。

マルチリージョン展開の場合、ネットワーク内のすべてのコレクターのデータベース使用状況を表示できます。マルチリージョンデータベースの統計情報を表示するには、 ダッシュボード > デフォルトのダッシュボード > [管理インフラ ]に移動し[ 地域 ]ドロップダウンメニューで[ すべて]を選択します。

SD-WAN Centerデータベース管理インフラ

特定の地域のCitrix SD-WAN Center データベース統計を表示するには、 ダッシュボード > デフォルトのダッシュボード > 管理インフラ、 に移動し地域] ドロップダウンメニューでは、地域を選択します。

[ データベースの使用状況] セクションには、データベースリソースの使用状況のグラフィカルな概要と、通知の送信またはデータの収集の停止に関するしきい値が表示されます。グラフをクリックすると、[データベースのメンテナンス]ページに詳細が表示されます。  

  • 使用法: 現在使用されているデータベース容量(GB)。
  • 通知: データベース使用通知を生成するためのしきい値。しきい値は、データベースの最大サイズの割合です。電子メールアラートが設定されている場合、データベースのサイズがこのしきい値を超えると、電子メール通知が送信されます。詳しくは、「 イベント通知」を参照してください。
  • ポーリングを停止: 統計ポーリングを停止するためのしきい値。しきい値は、データベースの最大サイズの割合です。データベースのサイズがこのしきい値を超えると、ポーリングが停止します。詳細については、「 データベースの管理」を参照してください。

SD-WAN Centerデータベースの使用

カスタムダッシュボード

Citrix SD-WAN Center のダッシュボードをカスタマイズして、分析のニーズに基づいてダッシュボードに表示する統計を選択できます。地域の詳細または全体的な概要のカスタムダッシュボードを作成します。既存のレポートをカスタマイズすることもできます。

[レポート]ページの[ ダッシュボードに追加 ]オプションを使用して、レポートをウィジェットとしてカスタムダッシュボードに固定できるようになりました。

ダッシュボードに追加

レポート名を入力し、カスタムダッシュボードを選択します。

カスタムダッシュボードに追加

地域の詳細のカスタムダッシュボードでは、次の地域レベルのウィジェットから選択できます。

  • サイト概要
  • 仮想パス
  • 地域イベント
  • リージョンアラームの概要
  • 在庫マネージャー(地域ごと)
  • 地域ごとの上位サイト
  • パス
  • MPLSキュー
  • イーサネット
  • LAN GREトンネル
  • IPsecトンネル
  • サービス概要
  • クラス
  • サイトイベント
  • 地域ごとの上位アプリケーション
  • 地域ごとの上位アプリケーションファミリ
  • サイトHDX:ユーザー
  • サイトHDX:セッション
  • サイトHDX:QoE
  • MOSアプリケーション
  • データベースの使用

グローバルサマリーカスタムダッシュボードの場合、次のネットワークレベルのウィジェットから選択できます。

  • マルチリージョンの概要
  • ネットワークの仮想パスヘルス
  • イベント
  • アラームの概要
  • 在庫マネージャー
  • ネットワークのトップサイト
  • ネットワークHDX
  • コレクターでのデータベースの使用
  • 上位のアプリケーション
  • トップアプリケーションファミリ

カスタムダッシュボードを作成するには:

  1. ダッシュボードに移動 > カスタムダッシュボード をクリックし、[ ダッシュボードの作成]をクリックします。

    SD-WAN Centerデータベースカスタムデータベースが更新されました

    [ ダッシュボードのインポート]をクリックして、JSON形式で既存のダッシュボードをインポートすることもできます 。

  2. [ 名前] フィールドに、カスタムダッシュボードの名前を入力します。

  3. ウィジェットのタイプを選択します。グローバル レベルを選択してネットワークレベルのウィジェットを表示し、 地域の詳細 を選択して地域レベルのウィジェットを表示します。

    地域レベルのウィジェット

  4. 追加」 をクリックして、必要なウィジェットを選択します。

    ウィジェットは、ネットワーク、アプリ、管理インフラストラクチャの3つのレベルに分類されます。

    SD-WAN Centerデータベースは、更新されたカスタムデータベースを作成します

    単一リージョンのデプロイメントでは、 リージョンレベルのウィジェット のみを使用できます。

    カスタムデータベースマルチユーザー

    カスタムダッシュボードを複数のユーザーと共有することもできます。ユーザーについて詳しくは、「 ユーザーアカウント」を参照してください。

  5. [Create] をクリックします。新しく作成されたカスタムダッシュボードが[カスタムダッシュボード]に表示され ます

    ヒント

    カスタムダッシュボードを編集または削除できます。

    SD-WAN Centerデータベースは、更新されたカスタムデータベース2を作成します

ダッシュボード