Citrix SD-WAN Center 11.4

イベント通知

イベント通知

さまざまなイベントタイプのイベント通知を電子メール、SNMPトラップ、またはsyslogメッセージとして送信するようにCitrix SD-WAN Center を構成できます。電子メール、SNMP、およびsyslog通知設定を構成したら、さまざまなイベントタイプの重大度を選択し、イベント通知を送信するモード(電子メール、SNMP、syslog)を選択できます。通知は、イベントタイプに指定された重大度レベル以上のイベントに対して生成されます。

使用可能な重大度レベルは、重大度の降順で次のとおりです。

  • 緊急
  • アラート
  • 重大
  • エラー
  • 警告
  • 通知
  • 情報
  • デバッグ

ヒント

通知設定を構成して、ネットワーク内のCitrix SD-WAN Center と個々のCitrix SD-WANアプライアンスの両方で、電子メール、SNMPトラップ、またはSyslogメッセージでイベントアラートを受信できます。

ただし、Citrix SD-WAN Center で通知を有効にすると、Citrix SD-WANネットワーク全体(つまり、MCNとすべてのサイト)のイベント通知を受信できます。一方、Citrix SD-WANアプライアンスで通知を有効にすると、個々のアプライアンスからのみ通知を受信できます。

ネットワーク内の他のCitrix SD-WANアプライアンスからの冗長な通知を回避するために、Citrix SD-WAN Center でのみ通知を有効にすることをお勧めします。

メール通知設定の構成

電子メール通知設定を構成するには:

  1. Citrix SD-WAN Center のWeb管理インターフェイスで、[ 障害]>通知設定>メールアラートに移動します。

    ローカライズされた画像

  2. [ イベントメールを有効にする]を選択します。

  3. Destination Email Address(es)] フィールドに、アラート通知の送信先の電子メールアドレスを入力します。

    セミコロンで区切って複数のメールアドレスを入力できます。

  4. [ ホスト] フィールドに、外部SMTPサーバーのIPアドレスまたはホスト名を入力して、電子メールメッセージをインターネットにリレーします。

  5. [ ポート] フィールドに、SMTP接続に使用するポート番号を入力します。The default port is 25.

  6. [送信 元メールアドレス] フィールドに、メールアラートの送信元のメールアドレスを入力します。

  7. [ SMTP認証を有効にする]を選択します。

  8. ユーザー名」 フィールドに、認証に使用するSMTPサーバーのユーザー名を入力します。

  9. パスワード」 フィールドに、認証に使用されるSMTPサーバーのユーザー名に関連付けられているパスワードを入力します。

    [ テストメッセージの送信]を クリックして、サンプルの電子メールアラートを構成済みの受信者に送信します。

  10. [Apply] をクリックします。

SNMPトラップ通知設定の構成

SNMPトラップ通知設定を構成するには:

  1. Citrix SD-WAN Center のWeb管理インターフェイスで、[ 障害]>通知設定>SNMPトラップに移動します。

  2. 「イベントSNMPトラップを有効にする」を選択します。

    ローカライズされた画像

  3. [ Host(s)] フィールドに、外部SNMPシステムのIPアドレスまたはホスト名を入力します。このホストはイベントをSNMPトラップとして受信します。

    複数のIPアドレスまたはホスト名をセミコロンで区切って入力できます。

  4. [ UDPポート] フィールドに、SNMPトラップの送信に使用するUDPポートを入力します。デフォルトでは、UDPポートは162に設定されています。  

  5. [ 適用] をクリックして、SNMPトラップ通知設定を適用します。

    または、[ テストトラップの送信 ]をクリックして、システムが構成済みの宛先にSNMPトラップを送信できるかどうかを確認します。

Syslog通知設定の構成

Syslog通知設定を構成するには:

  1. Citrix SD-WAN Center のWeb管理インターフェイスで、[ 障害]>通知設定>Syslog に移動します 。

  2. [ イベントSyslogメッセージを有効にする]を選択します。

    ローカライズされた画像

  3. [ ホスト] フィールドに、イベントをsyslogメッセージとして受信するために使用される外部syslogサーバーのIPアドレスまたはホスト名を入力します。

  4. [ 適用] をクリックして、syslog通知設定を適用します。

    または、 「テストメッセージの送信」 をクリックして、システムが構成済みのホストにsyslogメッセージを送信できるかどうかを確認します。

イベント通知の構成

イベント通知を構成するには:

  1. Citrix SD-WAN Center のWeb管理インターフェイスで、[ 障害]に移動します >重要度の設定

  2. [状態が持続する 場合 のアラート]フィールドで、イベントがまだ持続する場合に通知が送信されるまでの期間を選択します。

    ローカライズされた画像

  3. イベントタイプごとに通知オプションを選択し、重大度を選択します。

    電子メール、Syslog、SNMP通知オプションは、それぞれの通知設定を構成した後にのみ有効になります。

  4. [Apply] をクリックします。

アラームの設定

Citrix SD-WAN Center でアラームを設定して、個別のアプライアンスにプッシュすることもできます。

Citrix SD-WAN Center でアラームを設定するには、 設定 > アプライアンスの設定 > 通知設定 > アラーム設定に移動し+をクリック 。

ローカライズされた画像

次のフィールドの値を選択または入力します。

  • イベントタイプ: Citrix SD-WANアプライアンスは、ネットワーク内の特定のサブシステムまたはオブジェクトのアラームをトリガーできます。これらはイベントタイプと呼ばれます。使用可能なイベントタイプは、SERVICE、VIRTUAL_PATH、WANLINK、PATH、DYNAMIC_VIRTUAL_PATH、WAN_LINK_CONGESTION、USAGE_CONGESTION、FAN、POWER_SUPPLY、PROXY_ARP、ETHERNET、DISCOVERED_MTU、GRE_TUNNEL、IPSEC_TUNNELです。
  • トリガー状態: イベントタイプのアラームをトリガーするイベント状態。使用可能なトリガー状態オプションは、選択したイベントタイプによって異なります。
  • トリガー期間: 秒単位の期間。これにより、アプライアンスがアラームをトリガーする速度が決まります。即時アラートを受信するには「0」を入力するか、15〜7200秒の値を入力します。トリガー期間中に同じオブジェクトで追加のイベントが発生した場合、アラームはトリガーされません。追加のアラームは、イベントがトリガー期間よりも長く持続する場合にのみトリガーされます。
  • Clear State:アラームがトリガーされた後に、イベントタイプのアラームをクリアするイベント状態。使用可能なClear Stateオプションは、選択したトリガー状態によって異なります。
  • クリア期間: 秒単位の期間。これは、アラームをクリアするまでの待機時間を決定します。アラームをすぐにクリアするには「0」を入力するか、15〜7200秒の値を入力します。指定された時間内に同じオブジェクトで別のクリア状態イベントが発生した場合、アラームはクリアされません。
  • 重症度: アラームの緊急度を決定するユーザー定義フィールド。重大度は、アラームがトリガーまたはクリアされたときに送信されるアラートと、トリガーされたアラームの概要に表示されます。
  • Eメール: イベントタイプのアラームトリガーとクリアアラートは電子メールで送信されます。
  • Syslog: イベントタイプのアラームトリガーとクリアアラートは、Syslogを介して送信されます。
  • SNMP: イベントタイプのアラームトリガーとクリアアラートは、SNMPトラップ経由で送信されます。
イベント通知