Citrix SD-WAN Center 11.4

イベント

イベント

Citrix SD-WAN Center は、ネットワークで検出されたすべてのアプライアンスからイベント情報を収集します。このイベント情報は、 イベントビューア ページでフィルタリングおよび表示できます。

イベントの詳細には、次の情報が含まれます。

  • 時間: イベントが生成された時間。
  • サイト: イベントが発生したサイトの名前。
  • アプライアンスID: イベントの発生元のアプライアンスがプライマリ(0)かセカンダリ(1)のアプライアンスかを示します。

    アプライアンスID列はデフォルトで非表示になっています。列を表示するには、 Show/Hide (歯車のアイコン)をクリックし、ドロップダウンメニューから[ アプライアンスID]チェックボックスを選択します**

  • オブジェクト名: イベントを生成するオブジェクトの名前。
  • オブジェクトタイプ: イベントを生成するオブジェクトのタイプ 。
  • 重大度: イベントの重大度レベル。
  • 以前の状態: イベント発生前のオブジェクトの状態。該当しない場合、状態は 不明 としてリストされます。
  • 現在の状態: イベント発生時のオブジェクトの状態。
  • 説明: イベントの説明テキスト。

イベントを表示する

イベントビューアページからイベントを表示し、フィルタリングしてダウンロードできます。

イベントビューアページにアクセスします。

Citrix SD-WAN Center のWebインターフェイスで、[ 障害 ]タブをクリックします。

デフォルトでイベントビューアページが表示されます。

ローカライズされた画像

タイムラインコントロールを使用して、特定の期間のレポートを選択して表示できます。詳細については、「タイムラインコントロール」を参照してください。

過去30日間のイベントデータを表示できます。この期間を過ぎたデータは、SD-WAN Center コレクターとそれぞれのリージョナルコレクターから自動的に削除されます。

レポートビューを作成、保存、開くこともできます。詳細については、「ビューを管理する」を参照してください。

フィルターの使用

イベントテーブルの結果を絞り込むためのカスタムフィルターを作成できます。

フィルターを作成して適用するには:

  1. クリック + [ フィルター]セクションのラベルの右側にあるアイコン。**

  2. ドロップダウンメニューからカテゴリを選択します。

    使用可能なオプションは次のとおりです。

    • サイズ
    • オブジェクト名
    • オブジェクトの種類
    • 重大度
    • 以前の状態
    • 現在の状態
  3. 中央のドロップダウンメニューから演算子を選択します。

    使用できるオプションは、次のとおりです。

    • is
    • の一つであります
    • 以下を含む
    • 以下を含まない
    • 未満
    • 以下
    • 上回る
    • 次のもの以上
  4. フィルターを区切る文字列または値を入力します。

このフィールドでは大文字と小文字が区別されます。

ローカライズされた画像

複数のフィルターを作成して適用できます。 マルチリージョンネットワークの場合、特定のリージョンを選択してイベントを表示できます。

イベントデータは、それぞれのリージョンのコレクターからフェッチされます。

ローカライズされた画像

単一リージョンネットワーク展開では、[ リージョン] ドロップダウンリストは使用できません。

イベントテーブルをCSVファイルとしてダウンロードするには:

イベントテーブルの右上隅にある[ダウンロード]アイコンをクリックします。

イベント統計の詳細については、「イベントレポート」を参照してください。

さまざまなイベントタイプの外部イベント通知を電子メール、SNMPトラップ、またはsyslogメッセージとして送信するようにCitrix SD-WAN Center を構成できます。詳しくは、「イベント通知」を参照してください。

イベント