Citrix SD-WAN Center 11.4

マルチリージョンネットワークの導入

マルチリージョンネットワークの導入

組織に複数の管理(または地理的)境界にまたがる大規模なネットワークがある場合、Citrix SD-WAN Center をマルチリージョンモードで使用できます。各リージョンは最大550サイトをサポートします。

マルチリージョンネットワークは、複数のリージョナルコントロールノード(RCN)を制御するマスターコントロールノード(MCN)による階層アーキテクチャをサポートします。各RCNは、複数のクライアントサイトを制御します。MCNをオプションで使用して、「デフォルトの地域」の一部として一部のクライアントサイトを直接制御することもできます。この階層型の分散型アーキテクチャにより、地域管理のより大規模で効果的な委任が可能になります。

ローカライズされた画像

Citrix SD-WAN Center は、MCN、RCN、および関連するすべてのブランチアプライアンスをポーリングします。

マルチリージョンのCitrix SD-WAN Center アーキテクチャでは、リージョンレベルのデータと統計を収集して保存するために、リージョンごとにコレクターを追加する必要があります。この分散型アーキテクチャにより、ネットワーク全体を管理するための「単一の窓ガラス」ビューを維持しながら、複数のリージョンにまたがる大規模化が可能になります。

ローカライズされた画像

マルチリージョン展開の場合、デフォルトのリージョン統計には、MCNとRCNによって管理されるすべてのサイトの統計が含まれます。ただし、RCNデータはSD-WAN Center コレクターに保存されません。SD-WAN Center コレクターは、各地域コレクターからRCNサイトデータを取得します。

マルチリージョン用のCitrix SD-WAN Center を展開するには:

  1. Citrix SD-WAN Centerソフトウェアをダウンロードします。詳しくは、[システム要件とインストール。]を参照してください。(/en-us/citrix-sd-wan-center/current-release/system-requirements-and-installation.html)

  2. ESXiサーバーXenServerHyper-VまたはAzureにCitrix SD-WAN Center をインストールします。

  3. 管理インターフェース設定の構成。詳しくは、「管理インターフェース設定を構成する」を参照してください。

  4. SD-WAN Center でSD-WAN MCN SSL証明書を生成、ダウンロード、インストールします。詳しくは、「Citrix SD-WAN SSL証明書をインストールする」を参照してください。

  5. MCNアプライアンスでSD-WAN Center SSL証明書を生成、ダウンロード、インストールします。詳しくは、「Citrix SD-WAN Center SSL 証明書をインストールする」を参照してください。

  6. Citrix SD-WAN Center GUIで、 構成> ネットワーク発見 > 設定を確認に移動します。

  7. [ Master Controller Node MGT IP Address] フィールドにMCN IPアドレスを入力し、[ Test]をクリックします。これにより、MCNとCitrix SD-WAN Center 間の接続が確立されます。

  8. [検出] をクリックします。MCNに接続されているすべてのRCNのリストが[ コレクタの構成] セクションに表示されます。デフォルト以外の地域サイトを検出するには、MCNへのアクティブなパスを持つアクティブなRCNが必要です。

    Citrix SD-WAN Center は、デフォルトリージョンのコレクタとして機能します。

    ローカライズされた画像

  9. 編集アイコンをクリックし、[ コレクターIP] フィールドに、リージョンのコレクターとして構成するCitrix SD-WAN Center のIPアドレスを入力します。

    コレクターをセットアップするには、Citrix SD-WAN Center VMをインストールし、管理IPアドレスを構成します。そのCitrix SD-WAN Center の管理IPアドレスがコレクターIPアドレスです。

  10. 「保存」アイコンをクリックしてコレクターのIPアドレスを保存し、証明書とキーのペアをRCNにプッシュします。

    ローカライズされた画像

  11. RCNの資格情報を入力し、[ 証明書のプッシュ]をクリックします。

    ローカライズされた画像

  12. 同様に、すべてのRCNのコレクターIPアドレスを構成します。

    アプライアンスは30分ごとに自動的に検出されます。新しいRCNがネットワークに追加され、変更管理が行われた場合、アプライアンスを選択して[ アプライアンスの検出 ]をクリックすると、アプライアンスがすぐに検出されます。

    ローカライズされた画像

    検出ステータス が[ 完了]に変わったら、検出されたサイトを[ インベントリとステータス] ページで表示できます。

    ローカライズされた画像

    ヒント

    地域名に基づいてサイトをフィルタリングできます。[地域 の選択]フィールドで、地域を選択します。

  13. [ インベントリとステータス] ページで、ポーリングを開始するサイトを選択し、[ 適用]をクリックします。

ヒント

仮想マシン上にデータストアを作成することにより、コレクターのストレージサイズを増やすことができます。詳しくは、「アクティブストレージを新しいデータストレージに切り替える」を参照してください。

特定の地域を選択して、イベントおよび統計レポートを表示できます。

イベントと統計レポートのデータは、それぞれのリージョンのコレクターからフェッチされます。

ローカライズされた画像

マルチリージョンネットワークの導入

この記事の概要