Citrix SD-WAN Center 11.4

帯域幅レポート

帯域幅レポート

Citrix SD-WAN Center は、SD-WANネットワークのさまざまなサイトからポーリングされた帯域幅統計データの中央ビューを提供します。

Citrix SD-WAN構成では、仮想パスを通過するトラフィックは、リアルタイム、インタラクティブ、またはバルククラスタイプに属するものとして分類されます。クラスは事前定義されていますが、これらのクラスをカスタマイズしてルールを適用できます。詳しくは、「Classeのカスタマイズ」および「IPアドレスとポート番号によるルール」を参照してください。

Citrix SD-WAN Center を使用すると、基本的な帯域幅統計とともに、各サイト、パス、またはWANリンクレベルでこれらのクラスタイプに属するアプリケーションによって消費される帯域幅を表示できます。

帯域幅統計を表示するには:

Citrix SD-WAN Center で、 レポート に移動します > サイト、およびタイムラインコントロールで期間を選択します。

タイムラインコントロールを使用して、特定の時間枠のレポートを選択して表示できます。詳細については、「タイムラインコントロール」を参照してください。

レポートビューを作成、保存、開くこともできます。詳細については、「ビューを管理する」を参照してください。

ローカライズされた画像

次のメトリックを表示できます。

  • 帯域幅: すべてのパケットタイプによって消費される合計帯域幅。帯域幅 = 帯域幅の制御 + リアルタイム帯域幅 + インタラクティブな帯域幅 + バルク帯域幅。たとえば、上記のスクリーンショットのSITE2の帯域幅 = 1120.99+166.61+117.21+810.78+26.40
  • 利用可能な帯域幅: サイトのすべてのWANリンクに割り当てられる合計帯域幅。
  • 帯域幅の制御: ルーティング、スケジューリング、およびリンク統計情報を含む制御パケットの転送に使用される帯域幅。
  • 許容帯域幅: 情報の送信に使用できる帯域幅。
  • リアルタイム帯域幅: Citrix SD-WAN構成のリアルタイムクラスタイプに属するアプリケーションによって消費される帯域幅。このようなアプリケーションのパフォーマンスは、ネットワーク遅延に大きく依存します。遅延したパケットは、失われたパケットよりも劣ります(たとえば、VoIP、Skype for Business)。
  • インタラクティブな帯域幅: Citrix SD-WAN構成のインタラクティブクラスタイプに属するアプリケーションによって消費される帯域幅。このようなアプリケーションのパフォーマンスは、ネットワーク遅延とパケット損失に大きく依存します(たとえば、XenDesktop、XenApp)。
  • バルク帯域幅: Citrix SD-WAN構成のバルククラスタイプに属するアプリケーションによって消費される帯域幅。これらのアプリケーションは、ほとんど人間の介入を必要とせず、ほとんどがシステム自体(FTP、バックアップ操作など)によって処理されます。
帯域幅レポート

この記事の概要