Citrix SD-WAN Center 11.4

クラスレポート

クラスレポート

仮想サービスは特定のQoSクラスに割り当てることができ、さまざまな帯域幅制限をさまざまなクラスに適用できます。クラスは、次の3つの基本タイプのいずれかになります。

  • リアルタイムクラス: 特定の帯域幅制限までの迅速なサービスを要求するトラフィックフローを処理します。総スループットよりも低レイテンシが推奨されます。
  • インタラクティブなクラス: 損失と遅延の影響を受けやすいトラフィックフローを提供します。インタラクティブクラスは、リアルタイムよりも優先度は低くなりますが、バルクトラフィックよりも絶対的に優先されます。
  • 一括クラス: 高帯域幅を必要とし、損失の影響を受けやすいトラフィックフローを提供します。バルククラスの優先度は最も低くなります。

クラスごとに異なる帯域幅要件を指定すると、仮想パススケジューラが、同じタイプの複数のクラスからの競合する帯域幅要求を調停できます。スケジューラーは、階層的公平サービス曲線(HFSC)アルゴリズムを使用して、クラス間の公平性を実現します。

カスタムモニタの作成の詳細については、「クラスのカスタマイズ」を参照してください。

クラス統計を表示するには:

Citrix SD-WAN Center で、 レポート> クラス に移動し、およびタイムラインコントロールで期間を選択します。

タイムラインコントロールを使用して、特定の期間のレポートを選択して表示できます。詳細については、「タイムラインコントロール」を参照してください。

過去30日間のクラスデータを表示できます。この期間を過ぎたデータは、SD-WAN Center コレクターとそれぞれのリージョナルコレクターから自動的に削除されます。

レポートビューを作成、保存、開くこともできます。詳細については、「ビューを管理する」を参照してください。

ローカライズされた画像

次のメトリックを表示できます。

  • 名前: クラス名
  • タイプ: クラスタイプ。Releatime、インタラクティブ、または一括。
  • 待ち時間: パケットの送信間隔(ミリ秒)。
  • 送信された帯域幅: 送信帯域幅
  • 送信されたデータ: 送信されたデータ(Kbps)。
  • 送信されたパケット: 送信されたパケットの数。
  • データ保留中: 送信するデータ(Kbps)。
  • 保留中のパケット: 送信するパケットの数。
  • ドロップ: 削除されたデータの割合。
  • ドロップされたデータ: ドロップされたデータ(Kbps)。
  • ドロップされたパケット: ネットワークの輻輳のためにドロップされたパケットの数。
  • データカバレッジ: データが利用可能な選択された期間の割合。

設定アイコンをクリックして、表示するメトリックを選択します。

クラスレポート

この記事の概要