Citrix SD-WAN Center 11.4

イーサネットインターフェイスレポート

イーサネットインターフェイスレポート

Citrix SD-WAN Center は、SD-WANネットワーク上のさまざまなCitrix SD-WANアプライアンス上のすべてのイーサネットインターフェイスを一元的に表示します。これは、トラブルシューティング中に、ポートがダウンしているかどうかをすばやく確認するのに役立ちます。また、各ポートで送受信された帯域幅、またはパケットの詳細を表示することもできます。特定の期間中にこれらのインターフェースで発生したエラーの数を表示することもできます。

イーサネットインターフェイスは、SD-WANネットワークのセットアップ中に各Citrix SD-WANアプライアンスで設定されます。

MCNサイトのインターフェイスグループの構成については、「MCNを構成する」を参照してください。

Web Interfaceサイトの構成については、「ブランチノードの構成」を参照してください。

イーサネットインターフェイスの統計情報を表示するには:

Citrix SD-WAN Center で、 レポート > イーサネットに移動し、およびタイムラインコントロールで期間を選択します。

タイムラインコントロールを使用して、特定の時間枠のレポートを選択して表示できます。詳細については、「タイムラインコントロール」を参照してください。

レポートビューを作成、保存、開くこともできます。詳細については、「ビューを管理する」を参照してください。

ローカライズされた画像

次のメトリックを表示できます。

  • 名前: イーサネットインターフェイスの名前。
  • 最悪の状態: 選択した期間中に観測された最悪の状態。
  • TX帯域幅: 送信される帯域幅。
  • RX帯域幅: 受信した帯域幅。
  • TXパケット: 送信されたパケットの数。
  • RXパケット: 受信したパケットの数。
  • エラー:選択した期間中に観察されたエラーの数。
  • データカバレッジ: データが利用可能な、選択した期間の割合。

設定アイコンをクリックして、表示するメトリックを選択します。

イーサネットインターフェイスレポート

この記事の概要