Citrix SD-WAN Center 11.4

GREトンネルレポート

GREトンネルレポート

トンネリングメカニズムを使用して、あるプロトコルのパケットを別のプロトコル内で転送できます。他のプロトコルを伝送するプロトコルはトランスポートプロトコルと呼ばれ、伝送されたプロトコルはパッセンジャープロトコルと呼ばれます。Generic Routing Encapsulation(GRE)は、トランスポートプロトコルとしてIPを使用し、さまざまなパッセンジャープロトコルを伝送できるトンネリングメカニズムです。

トンネルの送信元アドレスと宛先アドレスは、トンネル内の仮想ポイントツーポイントリンクの2つのエンドポイントを識別するために使用されます。

Citrix SD-WAN アプライアンスでのGREトンネルの構成の詳細については、「GREトンネル」を参照してください。

Citrix SD-WAN Center では、Citrix SD-WANネットワークで構成されているすべてのGREトンネルの状態を表示できます。

GREトンネル統計を表示するには:

Citrix SD-WAN Center で、 レポート > GRE に移動し、およびタイムラインコントロールで期間を選択します。

タイムラインコントロールを使用して、特定の時間枠のレポートを選択して表示できます。詳細については、「タイムラインコントロール」を参照してください。

レポートビューを作成、保存、開くこともできます。詳細については、「ビューを管理する」を参照してください。

ローカライズされた画像

次のメトリックを表示できます。

  • 最悪の状態: 選択した期間中に観測された最悪の状態。
  • MTU: 最大転送単位—特定のリンクを介して転送できる最大のIPデータグラムのサイズ。
  • TX帯域幅: 送信される帯域幅。
  • RX帯域幅: 受信した帯域幅。
  • TXパケット: 送信されたパケットの数。
  • RXパケット: 受信したパケットの数。
  • ドロップされたパケット: ネットワークの輻輳のためにドロップされたパケットの数。
  • 断片化されたパケット: フラグメント化されたパケットの数。パケットはフラグメント化されて、元のデータグラムよりも小さいMTUを持つリンクを通過できる小さなパケットを作成します。フラグメントは受信ホストによって再構成されます。
  • データカバレッジ: データが利用可能な、選択した期間の割合。

設定アイコンをクリックして、表示するメトリックを選択します。

GREトンネルレポート

この記事の概要