Citrix SD-WAN Center 11.4

リンクパフォーマンスレポート

リンクパフォーマンスレポート

Citrix SD-WAN Center は、サイト、サービス、仮想パス、またはWANリンクレベルでパフォーマンス統計を表示できます。

組織ABCに4つの支社があるネットワークを考えます。SITE3で電圧低下が報告されています。つまり、従業員はイントラネットページを表示できないことがあります。根本的なリンクのパフォーマンスが原因であると思われます。

ダッシュボードのネットワークマップでサイトとデータセンター間のパスにマウスカーソルを合わせると、リンク統計の概要が表示されます。

ローカライズされた画像

上記のスクリーンショットは、SITE 3とマスターコントローラーノード(MCN)の間に2つのWANリンク(WL-1とWL-2)があり、最新の10分間の統計を示しています。

仮想パス Master-WL2->SITE3-WL2 およびSITE3-WL2 ->Master-WL2 機能しておらず、代替パス Master-WL1->SITE3-WL1 およびSITE3-WL1 ->Master-WL1 状態が悪く、送信データのかなりの部分が失われています。これが、SITE3での電圧低下問題の推定原因です。

または、[ レポート]>パスに移動して、リンク統計を表示できます。

タイムラインコントロールで期間を選択します。

タイムラインコントロールを使用して、特定の時間枠のレポートを選択して表示できます。詳細については、「タイムラインコントロール」を参照してください。

レポートビューを作成、保存、開くこともできます。詳細については、「ビューを管理する」を参照してください。

ローカライズされた画像

次のメトリックを表示できます。

  • 名前: パス名。
  • (サイトおよびWANリンク)から: ソースサイトとWANリンク。
  • 宛先(サイトおよびWANリンク): 宛先サイトとWANリンク。
  • LANからWAN
    • 仕事の状態:
    • 帯域幅: すべてのパケットタイプによって消費される合計帯域幅。帯域幅=制御帯域幅 + リアルタイムの帯域幅 + インタラクティブな帯域幅 + バルク帯域幅。
    • 帯域幅の制御: ルーティング、スケジューリング、およびリンク統計情報を含む制御パケットの転送に使用される帯域幅。
    • リアルタイムの帯域幅: SD-WAN構成のリアルタイムクラスタイプに属するアプリケーションによって消費される帯域幅。このようなアプリケーションのパフォーマンスは、ネットワーク遅延に大きく依存します。遅延したパケットは、失われたパケットよりも劣ります(たとえば、VoIP、Skype for Business)。
    • インタラクティブな帯域幅: SD-WAN構成のインタラクティブクラスタイプに属するアプリケーションが消費する帯域幅。このようなアプリケーションのパフォーマンスは、ネットワーク遅延とパケット損失に大きく依存します(たとえば、XenDesktop、XenApp)。
    • バルク帯域幅: SD-WAN構成のバルククラスタイプに属するアプリケーションによって消費される帯域幅。これらのアプリケーションは、ほとんど人間の介入を必要とせず、ほとんどがシステム自体(FTP、バックアップ操作など)によって処理されます。
    • 混雑: トラフィックの増加またはWAN内のパケットフローの予期しない遅延による輻輳。
  • WANからLAN:
    • 最悪の状態: 期間中に観測された最悪のWANからLANへの状態。
    • 帯域幅:
    • BOWTレイテンシ(ms): パケットが1つのポイントから別のポイントに移動するのにかかる最適な一方向時間(BOWT)(ミリ秒単位)。
    • ジッター(ms): 受信パケットの遅延の変動(ミリ秒単位)。
    • 損失(%) : 失われたパケットの割合。
    • OOO(%) : 正しい順序または順不同(OOO)ではないパケットのパーセンテージ。
    • 混雑: トラフィックの増加またはWAN内のパケットフローの予期しない遅延による輻輳。

[ 設定] アイコンをクリックし、レポートに表示するパラメーターを選択します。

リンクパフォーマンスレポート

この記事の概要