Citrix SD-WAN Center 11.4

MPLSキューレポート

MPLSキューレポート

MPLSキューは、標準のDiffServコードポイント(DSCP)タグによって制御されるサービスキューを提供します。タグは、仮想WAN上の2つのサイト間のサービス品質を制御します。

MPLSキューを使用すると、MPLSプロバイダーはDSCPマーキングに基づいてトラフィックを識別できるため、プロバイダーはサービスクラスを適用できます。

Citrix SD-WANアプライアンスでのプライベートMPLS WANリンクの構成の詳細については、 「MPLSキュー」を参照してください。

MPLSキュー統計を表示するには:

Citrix SD-WAN Center で、 レポート > MPLSキュー に移動、およびタイムラインコントロールで期間を選択します。

タイムラインコントロールを使用して、特定の時間枠のレポートを選択して表示できます。詳細については、「タイムラインコントロール」を参照してください。

レポートビューを作成、保存、開くこともできます。詳細については、「ビューを管理する」を参照してください。

ローカライズされた画像

次のメトリックを表示できます。

  • MPLS WANリンク: MPLSキューがメンバーであるMPLS WANリンクの名前。
  • 名前: DSCPタグ名。
  • 帯域幅: すべてのパケットタイプによって消費される合計帯域幅。帯域幅 = 帯域幅の制御 + リアルタイム帯域幅 + インタラクティブな帯域幅 + バルク帯域幅。
  • 帯域幅の制御: ルーティング、スケジューリング、およびリンク統計情報を含む制御パケットの転送に使用される帯域幅。
  • リアルタイム帯域幅: Citrix SD-WAN構成のリアルタイムクラスタイプに属するアプリケーションによって消費される帯域幅。このようなアプリケーションのパフォーマンスは、ネットワーク遅延に大きく依存します。遅延したパケットは、失われたパケットよりも悪いものです(たとえば、VoIP、Skype for Business)。
  • インタラクティブな帯域幅: Citrix SD-WAN構成のインタラクティブクラスタイプに属するアプリケーションによって消費される帯域幅。このようなアプリケーションのパフォーマンスは、ネットワーク遅延とパケット損失に大きく依存します(たとえば、XenDesktop、XenApp)。
  • バルク帯域幅: Citrix SD-WAN構成のバルククラスタイプに属するアプリケーションによって消費される帯域幅。これらのアプリケーションは、ほとんど人間の介入を必要とせず、ほとんどがシステム自体(FTP、バックアップ操作など)によって処理されます。
  • 帯域幅の不一致: Frames 定義されたDSCPタグと一致しないものは、不一致の帯域幅用に指定されたデフォルトのキューにマッピングされます。  
  • 利用可能な帯域幅: サイトのすべてのWANリンクに割り当てられた帯域幅の合計。
  • 許容帯域幅: 情報の送信に使用できる帯域幅。
  • BOWTレイテンシ: パケットがあるポイントから別のポイントに移動するのにかかる最適な一方向時間(ミリ秒単位)。
  • ジッタ: 受信パケットの遅延の変動(ミリ秒単位)。
  • 失われたパケット: 失われたパケットの数。
  • 損失: 失われたパケットの割合。
  • OOO: 正しい順序になっていないパケットの割合。
  • 混雑: トラフィックの増加またはWAN内のパケットフローの予期しない遅延による輻輳。

設定アイコンをクリックして、表示するメトリックを選択します。

MPLSキューレポート

この記事の概要